「ラップパート」とは?

関連ニュース

水曜日のカンパネラ・詩羽「悩んだ時期があっていまがある」新星が放つ光 - 写真・北尾渉 取材、文・かわむらあみり | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(木)19:30 

【音楽通信】第110回目に登場するのは、オリジナリティあふれる世界観で魅了する、新体制となった音楽ユニット・水曜日のカンパネラから、20歳の二代目ボーカリスト、詩羽(うたは)さん!母や軽音楽部の影響でさまざまな音楽を聴く二代目主演・歌唱担当の詩羽。2001年8月9日、東京都生まれ。【音楽通信】vol.1102013 年より始動した音楽ユニット、水曜日のカンパネラ。昔話や偉人などをテーマにしたウィットに富んだ楽曲が持つ世界観は、オリジナリティ抜群で聴き手を虜にしてしまうものばかり。2021年9月に初代主演・歌唱担当のコムアイさんが脱退し、高校卒業後フリーモデルとして活動していた大学生の詩羽さんが、二代目主演・歌唱担当として加入しました。そんな水曜日のカンパネラが、2022年5月25日に、新体制後初となるEP『ネオン』を配信リリースされるということで、詩羽さんにお話をうかがいました。――小さい頃に音楽に触れたきっかけから教えてください。母は音楽が好きで、以前CDショップで働いていたこともあって、ショップでたくさんのCDを借りてきたり、ポップスを聴いたりしていました。小さい頃は、家でYUKIさん、椎名林檎さん、東京事変などの女性ボーカルの曲や、くるり、キリンジといった男性ボーカルの曲が日常的に流れていました。昔から母は自分で歌を作って歌っていて(笑)、いまでもときどき自己流の“ママソング...more
カテゴリー:

【インタビュー】K-POP色が増量! 本田仁美のAKB48初センターで「根も葉も」超えを目指す - 05月14日(土)18:00 

─「元カレです」は、本田さんがセンターです。 本田仁美(以下、本田) ● 12歳でAKB48に入って、韓国に行ったりもしたけど、8年かけてずっと目標としていたセンターにやっと立つことができてすごくうれしいです。今回の曲はラップパートがあるのですが、そういった韓国のガールズグループやアイドルの要素が入る...
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる