「ラストシーン」とは?

関連ニュース

田中圭演じる“義経”の復讐劇が開始!深夜の学校で“バトルロワイアル”勃発『先生を消す方程式。』第6話 - 12月04日(金)18:31 

田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~※この日は23:40~)の第6話が、12月5日に放送される。本作は、鈴木おさむ脚本のオリジナルストーリー。都内にある進学校・帝千学園の3年D組は成績優秀者が集まるクラスだが、担任になった教師はみな退職に追い込まれていた。この闇深きクラスに赴任した義澤経男(通称:義経/田中)は、あるきっかけで生徒たちから命を狙われることとなる。他にも、義経に媚を売りながら、一部の生徒の前ではサイコパスな一面を見せる3年D組の副担任・頼田朝日(山田裕貴)、義経の恋人であり、同じく高校教師の前野静(松本まりか)らが登場する。先週放送された第5話では、朝日の狂気的な一面がクローズアップ。朝日は、藤原刀矢(高橋文哉)らに協力させて義経を生き埋めにした。そして、3年D組の生徒たちには、義経と連絡がつかず、このまま教師を辞めるだろうと伝え、自分がクラス担任になると公言する。その後、朝日は義経の恋人であり、高校時代の担任だった静の元へ。朝日は、病室で眠る静の隣に横たわり、奇妙な笑い声を発しながら「大好きだったんだよ?」と囁き、キスをする。インターネット上では、朝日のこの行動に、「勝手にキスするとか狂ってて怖すぎる」「イケメンのする最高に気色悪いキスシーン」などのコメントが寄せられた。また、ドラマのラストシーンでは、殺され...more
カテゴリー:

B93W58H90、むちむちボディのJカップグラドルがデビュー - 12月03日(木)21:33  news

迫力満点のボディーと大人の色気を持つ柊木里音(ひいらぎ・りおん)さんが、1st DVD 「あなた、ごめんなさい。」(発売元:竹書房、収録時間:177分 価格:4400円)の発売 イベントを11月22日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。  いま28歳の柊木さんは、2019年5月の撮影会から芸能活動をスタート。デビューは遅 いが、むちむちボディーはグラビア映え必至! 触れ込みとしてはHカップだが、最近、 胸はJカップに「昇進した」という。7月に都内で撮られた、1st DVDについて聞いてこう。 ――お勧めは?...
»続きを読む
カテゴリー:

強心臓 5645人の頂点に13歳美少女 - 11月30日(月)14:21 

 13歳から17歳を対象にしたミスコンテスト「ミス・ティーン・ジャパン」が行われ、応募総数5645人の中から、13歳の鈴木爽(あきら)さんがグランプリに輝きました! 「ドラマ『半沢直樹』の半沢のラストシーンを演じたいと思います!」(鈴木さん)  あの名ゼリフが飛び出るか!と思いきや・・・  「政治家の仕事とは人々がより豊か、より幸せになるよう政策を考えることだ!」(鈴木さん)  半沢が大物政治家を論破するシーンを完全再現!長ゼリフをおよそ1分、淀みなく披露!  「心の底から詫びてください!・・・以上です」(鈴木さん)
カテゴリー:

<「共演NG」リレー連載>小野花梨「テレビ東洋チームのシーンを見た時は、”裏でこんな風に言われているの?”とゾッとしました(笑)」。プロデューサーに聞いた! 終盤にかけての見どころも! - 11月30日(月)12:09 

秋元康が企画・原作、大根仁が演出を担当。キャスティング、記者会見、本読み、スタッフルームや前室での様子など..."THE芸能界"の裏側をリアルに描くドラマ「共演NG」(毎週月曜よる10時)。「25年前に恋人同士だった大物俳優・遠山英二(中井貴一)VS大物女優・大園瞳(鈴木京香)」をはじめ、「かつては師弟関係にあった時代劇スター・出島徹太郎(里見浩太朗)VS NY帰りの個性派俳優・小松慎吾(堀部圭亮)」、「同じアイドルグループに所属していた篠塚美里(若月佑美)VS内田梢(小野花梨)」、「イケメンキャラが被る戦隊俳優・佐久間純(細田善彦)VS 2.5次元俳優・加地佑介(小澤廉)」と、テレビ東洋が社運を賭けて臨む恋愛ドラマ「殺したいほど愛してる」は、"共演NGアベンジャーズ"が勢揃い! 毎回波乱の展開を巻き起こす。 だが、物語も終盤に入るとそれぞれの関係性に大きな変化が...。果たして終盤に向けてどうなるのか? 残すところ特別編を入れてあと3話! 英二と瞳のラブラインにも注目が集まる。 そこで「テレ東プラス」は、ドラマの舞台裏を探るべく「共演NG」リレー連載(※次回は12月6日(日)よる9時30分公開)をお届け。VOL.1はこちら!VOL.2はこちら!VOL.3はこちら!連載4回目に登場するのは、売れっ子アイドル・内田梢役を演じる小野花梨。「共演NG」の元アイドル女優・篠塚美里(若月佑美...more
カテゴリー:

「ミス・ティーン・ジャパン」、グランプリに中学2年の鈴木爽さん - 11月29日(日)17:30  mnewsplus

 女性ファッション誌「CanCam」の専属モデル、トラウデン直美(21)らを輩出したコンテスト「ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が29日、東京・WITH HARAJUKU HALLで行われ、愛知県出身の中学2年、鈴木爽(あきら)さん(13)が10代目グランプリに輝いた。  芸能リポーターの井上公造氏(63)ら5人の審査員が選考して決定。5645人の頂点に立った鈴木さんは「グランプリを取りに来たので本当にうれしい」と感激。会場に駆け付けた母親に、「いつも協力してくれてありがとう」と感謝を伝え...
»続きを読む
カテゴリー:

目が笑っていない山口紗弥加“雪菜”、夫と元彼女の抱擁を目撃し…『共演NG』最終話 - 12月04日(金)17:20 

中井貴一と鈴木京香が出演する連続ドラマ『共演NG』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の最終話が、12月7日に放送。最終話では、大園瞳(鈴木)が、遠山英二(中井)に抱きつく様子を遠巻きに見ていた遠山の妻・雪菜(山口紗弥加)が……。本作は長く芸能界の第⼀線で活躍してきた秋元康だからこそ描ける「業界の裏側」にスポットを当てた原作を、主演・中井、ヒロイン・鈴木の最強タッグ、そして大根仁の演出でドラマ化したもので、共演NGの役者ばかりが集められたドラマの制作現場の舞台にしたコメディと、胸がときめくラブストーリーが描かれていく。前回の第5話では、瞳(鈴木)の元カレで医者の間宮礼司(青木崇高)が、英二(中井)の前で「まだ瞳を愛している」と宣戦布告し……。<最終話 あらすじ>大園瞳(鈴木)が、遠山英二(中井)に抱きつく様子を遠巻きに見ていた遠山雪菜(山口)は、2人の目の前に姿を現わす……。一方、ドラマの現場でも最終回を前に新たな問題が。内田梢(小野花梨)のストーカー被害に、ラストシーンだけ白紙のままの台本、そして疑惑の写真がプロデューサーの元に届く――。25年ぶりの共演となった2人のドラマは、無事クランクアップを迎えられるのか? 市原龍(斎藤工)が最後に仕掛ける企みとは!? 関連リンク 【無料動画】TVerで『共演NG』期間限定で配信中! ...more
カテゴリー:

ボトムズの「キリコ・キュービィー」がプラモ化。レッドショルダー隊の制服姿で価格は3,630円 - 11月30日(月)18:43  poverty

装甲騎兵ボトムズ 1/20 キリコ・キュービィー[レッドショルダー隊制服Ver.] プラモデル[アワートレジャー]《02月予約》 キリコ・キュービィーがレッドショルダー隊制服Ver.でプラモ化! 『装甲騎兵ボトムズ』より主人公キリコ・キュービィーがレッドショルダー隊制服Ver.で登場。 2018年リリース時、大人気を博したレジンキットをもとに、プラスチックモデルとして新たに製品化しました。 製品はフェイスパーツを2種類付属・選択式とし、OVA「ザ・ラストレッドショルダー」冒頭時と 「野望のルーツ」ラストシーン時のどちらに...
»続きを読む
カテゴリー:

ミスを謝らない、プライドが高い、知ったかぶりをする...20~50代に聞いた! 職場で「共演NG」と感じる同僚、上司、後輩ランキング<ベスト10> - 11月30日(月)12:43 

新型コロナの収束が見えない中、リモートワークに切り換える企業が急増。IT業界では、地方でのワーケションを選ぶビジネスマンも多く、バブル期に建てられた安値のリゾートマンションが飛ぶように売れているという現状も。日本での働き方が大きく変わろうとしている中、テレビ東京が20~50代の働く男女804人にアンケート調査を実施。リモートワークの導入により、社員同士のコミュニケーションに変化が訪れた企業も多いが、「職場で『共演NG』と感じる同僚、上司、後輩」をテーマに、本音で回答してもらった。画像素材:PIXTA男性よりも女性の方がコロナ予防意識が高いことが判明【20~50代女性に聞いた! 職場で「共演NG」と感じる同僚、上司、後輩ランキング】1位:仕事でミスをした際、自分に非があることを認めない、絶対に謝らない2位:人に仕事を押し付けて責任を取らない3位:職場でマスクをしない4位:メモを取らず何度も同じことを聞いてくる5位:わからないことを人に聞けない、プライドが高い、知ったかぶりをする6位:仕事の愚痴をみんなに聞こえるように言う7位:話す時の距離が近い8位:自分はレスが遅いのに人には即レスを求めてくる9位:業務時間外にメールしてくる10位:リモート会議で「顔出しをしましょう!」と無理やり提案してくる【20~50代男性に聞いた! 職場で「共演NG」と感じる同僚、上司、後輩ランキング】1位:仕事...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ“勇磨”が風呂上がりの吉高由里子“楓”と!?罵り言葉に「私も吐き捨てられたい」の声『危険なビーナス』第8話 - 11月30日(月)10:23 

妻夫木聡が主演を務める日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第8話が、11月29日に放送。インターネット上では、まさかの裏切りが発覚する中、あるシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。東野圭吾の同名小説が原作のミステリードラマ。主人公の伯朗(妻夫木)が、異父弟・明人(染谷将太)の失踪をきっかけに、謎の美女・楓(吉高由里子)とともに名家・矢神家の遺産をめぐる争いに巻き込まれていく。伯朗の自宅に現当主・康治(栗原英雄)の弟・牧雄(池内万作)が押しかけてくる。脳の研究をしていた康治の資料を見つけてほしいと依頼を受けた。牧雄曰く、正式に認可されていたわけではないが、脳腫瘍だった伯朗の父・一清(Creepy Nuts・R-指定)にある実験を施し、一定の結果は得られたという。ところが、思わぬ副作用が。頭の中に奇妙な図形(フラクタル図形)が浮かぶと本人が訴え始めたのだ。これは、サヴァン症候群と同じ症状であり、この実験が成功すれば、意図的ににサヴァン症候群(天才能)を引き起こせられる。人類の歴史を覆す画期的な発見だったが、一清が亡くなってしまった。その後、動物実験を経て、康治は研究を重ねたものの、突然、後天性サヴァン症候群の研究を凍結すると言い始めた。牧雄は「忘れろ」と言われたが、康治の死が近づいている以上、自分が研究の続きをしたいという。康治はその記録を妻の...more
カテゴリー:

田中圭“義経”のぶっとんだ衝撃ラストに驚愕「考察不可能な域」 - 11月29日(日)10:49 

田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第5話が11月28日に放送。インターネット上では、山田裕貴の狂気的な演技とラストシーンについてコメントが殺到した(以下、ネタバレが含まれます)。東大進学率も高く、都内の進学校・帝千学園の3年D組は成績優秀者が集まるクラス。しかし、担任になった教師はみな退職に追い込まれていた。この闇深きクラスに田中演じる新たな担任・義澤経男(通称:義経)がやって来た。頼田朝日(山田)は、藤原刀矢(高橋文哉)らに協力させて義経を生き埋めにした。長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、剣力(高橋侃)、そして義経に助けられた伊吹命(秋谷郁甫)に向かって「義経先生は天国へ旅立ちました。さぁ皆さん。歌うんですよ? Happy “Death” day to You~」と煽る。狂気的な朝日を前に、義経を殺してしまった事実を受け入れられない生徒たち。そんな彼ら彼女らを尻目に、朝日は「気持ちいいからうずかなぁい~!」と大喜び。命に向かっては、誰かに口外すると、家族もここに埋めると脅した。翌朝、朝日が教壇に立つ。義経と連絡がつかず、このまま教師を辞めるだろうという。義経は、自分より頭のいい生徒を教えるからと、気合いが入りすぎていたとし、だからこそ逃げたんだと語る。続けて間違った授業をしていた義経を「否定できずに申し訳ない!...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ラストシーン」の画像

もっと見る

「ラストシーン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる