「ライセンス」とは?

関連ニュース

【サッカー/ゲーム】「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルもゲームも新シーズン開幕へ - 08月18日(日)12:08  mnewsplus

8/18(日) 12:08配信 「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルサッカーもサッカーゲームも新シーズン開幕へ 「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルサッカーもサッカーゲームも新シーズン開幕へ - Part 1 イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラなど続々と新シーズンが開幕するヨーロッパのサッカーシーン。それはサッカーゲームの新シーズン到来でもある。この記事では、2大サッカーゲームと言っても過言ではな...
»続きを読む
カテゴリー:

- 08月18日(日)10:16  livejupiter

ノーライセンス松田はキレない馬で、引っ張って直線伸びないとか、何がしたかったの? ...
»続きを読む
カテゴリー:

JBS、オーストラリア rhipe Limited とジョイントベンチャー設立に合意、日本の SMB 市場へのマイクロソフトクラウド製品拡販を目指す - 08月16日(金)15:00 

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、rhipe Limited(本社:オーストラリアシドニー CEO:Dominic O’Hanlon 以下、rhipe)と共同出資し、ジョイントベンチャー「rhipe Japan株式会社」(以下、rhipe Japan)」を設立することに合意しました。アジアパシフィックを代表するマイクロソフト製品のディストリビューターである rhipe は、マイクロソフト製品のシェアが高い日本において、今後の SMB 市場へのクラウドソリューション展開をチャンスと捉えています。JBS とのジョイントベンチャーである「rhipe Japan」がマイクロソフトの CSP(※)パートナーとして、日本の SMB 市場へマイクロソフトクラウド製品を拡販していくこと目指します。JBS は Microsoft 365や Microsoft Azure といったクラウドソリューションに精通するマイクロソフトの強力なパートナーであり、日本におけるマイクロソフトビジネスを熟知する企業として、rhipe Japan へ人材、技術及び、日本国内のマーケティングに対する支援を行います。引き続き JBS は、rhipe、rhipe Japan と協力し、日本企業のデジタルトランスフォーメーションを一層支援してまいります。なお、rhip...more
カテゴリー:

3万人を施術したエステティシャンが盲点だった筋肉に着目し、編み出した「筋肉からの美容術」を実例つきで分かりやすく解説。美肌、美脚、脱トラブルを実現『BMT最上のゆるふわ筋肉』2019年8月23日刊行。 - 08月16日(金)12:00 

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は「BMT最上のゆるふわ筋肉」を2019年8月23日に刊行します。 著者:小島千明  本体 1000円+税 160ページ ISBN:978-4434264641 書籍詳細 :https://www.amazon.co.jp/dp/4434264648美肌美脚身体のトラブル…盲点は「筋肉」だった!?美脚を目指してウォーキング柔軟な身体を目指してストレッチ美肌を目指してサプリメント…なかなか効果が出ないという人には、原因があります。美しくなるには、順番が大事!筋肉をゆるめて、柔らかい土台をつくってからじゃないと、むしろ逆効果のことも!なぜ筋肉が美しさの鍵を握っているのかたとえば肌。表皮の最下層、細胞が生まれる基底層は、血液から栄養をもらっているのです。血流が悪ければ、お肌に栄養を送ることができません。そして、こり固まった筋肉には縮む力が働いているので、血流が悪くなります。BMTでは、まず、全身の血流をあげるための手技を使い、全身の大きな筋肉を緩め、最後にトラブル箇所へアプローチしていきます。ポイントはこの「土台」のケア。肩こりや慢性的な頭痛、花粉症などのアレルギー症状まで緩和されたり、ウェディングドレス姿が映えるきれいな鎖骨の出る上半身をつくるために、ジムでの走り込みを中止することで効果が出たり…、目からうろこの実...more
カテゴリー:

アニメ制作会社カラー、Blenderへの移行を推進。理由はコスト的な問題 - 08月15日(木)17:40 

先日、「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られるアニメ制作会社のカラーがオープンソースで開発されている3DCGソフトウェア「Blender」に資金提供をすることが明かされたが(過去記事)、同スタジオはメインの3DCGソフトウェアを商用ソフトウェアである「3ds MAX」からBlenderへと移行させようとしているという(Engadget日本版)。背景にはコストの問題があるそうだ。 3ds MAXはいわゆるサブスクリプション形式で提供されており、その費用は1ライセンス当たり年間で25万円ほどと比較的高価だという。カラーは外部のスタジオと協力して制作作業を進めているが、コスト面の問題から十分な数の3ds MAXのライセンスを導入できる会社は限られており、そのため必要な人数を確保しようとすると複数の会社に依頼せざるを得ず、管理コストが高くなってしまうという。 カラーによると、Blenderはほかのソフトウェアと比べて「引けを取らない機能を実装している」といい、さらに無料で提供されているためコスト面で導入のハードルが低いという。そのため、同社や協力スタジオでの導入を推進しているそうだ。 また、カラーやその子会社であるスタジオQ内には元々Blenderに詳しい人材がいたことも導入を後押ししたという。そのほか、Blenderはオープンソースで開発されているため、機能改善などの要望に対し迅速に対...more
カテゴリー:

「FIFA」と「ウイニングイレブン」2大サッカーゲーム最新作を発売前情報で比較!リアルサッカーもサッカーゲームも新シーズン開幕へ - 08月18日(日)11:06 

ライセンス獲得競争も熾烈 2大サッカーゲームと言っても過言ではない「FIFA」、「ウイニングイレブン」シリーズ最新作の事前情報をまとめる。
カテゴリー:

オプティム売上高11億7000万円 4-6月連結決算 純損失1億5000万円 - 08月17日(土)06:45 

ソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)が14日発表した2019年4~6月の第1四半期連結決算は、売上高11億7100万円、戦略的な開発投資などで経常損失が1億9千万円、純損失が1億5千万円だった。今期から連結での発表で、前期と比較はしていない。 主力の法人向けパソコンやスマートフォン、タブレット端末を管理する「Optimal Biz(オプティマル・ビズ)」が順調にライセンス数を伸ばしている。
カテゴリー:

AppleがバーチャルiPhoneのCorelliumを提訴 - 08月16日(金)14:30 

Apple(アップル)がバーチャル化ソフトウェア会社のCorellium(コアリウム))を提訴したことが、米国フロリダ州に提出された訴訟書類からわかった。 Corelliumは、バーチャルiOSデバイスを作って動作させることのできるツールで、ユーザーは「ソフトウェアiPhone」上で実際のiOSファームウェアを動かすことが、すべてブラウザーの中で可能になる。Appleはこれを著作権侵害であると主張しており、CorelliumにiOSバーチャル化製品の「使用をすべて」中止し、Appleに金額未定の「損害および損失益の賠償」を支払うことを要求している。 Corelliumは、例えばセキュリティー研究者がシミュレートされたiPhoneを素早く立ち上げ、バグを探すために利用できる。もしバグが見つかれば、iOSの以前のバージョンを立ち上げて、そのバグがいつから存在していたかをすぐに確認できる。仮にバグがバーチャルiOSを「文鎮化」したとしても、ブートし直すだけでいいので、新しいiPhoneを入手する必要はない。バーチャル化デバイスは一時停止させることができるため、研究者は任意の瞬間に正確な状態を観察することが可能になる。 昨年Forbesは、同社の詳しい調査記事を書いた。記事によると、会社のふたりの共同創業者はiPhoneジェイルブレイク黎明期に活躍したメンバーの一員で、iPhone、iPa...more
カテゴリー:

自作PCを組み立てるゲームがPS4で発売。実在のパーツを組み合わせて客の要望に合わせたスペックのマシンを作れればクリア - 08月15日(木)20:26  poverty

自作PC組み立てシミュレータ「PC Building Simulator」、家庭用ゲーム版が発売。実在パーツを使用可能 CPUにグリスを塗らないと叱られます 2018年にPC版がSteamでリリースされた自作PC組み立てシミュレータ「PC Building Simulator」の家庭用ゲーム版が、海外にて発売されました。 Nintendo SwitchとPS4、Xbox One向けが用意され、うちXbox One版は国内でも購入できます。 本作ではPCパーツが1000種類以上も用意され、プレイヤーはそれらを使ってPCを自作できるというもの。 ストーリーモードでは突如街から消えたおじさんの代わ...
»続きを読む
カテゴリー:

TransferWiseのデビットカードがオーストラリアとニュージーランドでスタート - 08月15日(木)17:30 

国際送金のスタートアップTransferWiseのデビットカードが、オーストラリアとニュージーランドで利用可能になった。同社のアジア太平洋地域での拡大に伴い、今年末までにはシンガポールも利用可能になることが計画されている。安くて透明性の高い手数料と為替レートを特徴とするTransferWiseデビットカードは、まず昨年英国と欧州で開始されたあと、今年6月には米国でも開始された。同社は、そのデビットカードが導入以来1500万回の取引に利用されてきたと主張している。 オーストラリアおよびニュージーランドの顧客は、TransferWise PlatinumデビットMastercardが利用できるようになる(ビジネスデビットカードも利用可能)。カードは複数の国の銀行口座に対応するTransferWiseのアカウントにリンクされるため、所有者は複数の通貨を簡単に安くやり取りすることができる。同社によれば、過去1年間で、顧客は100億ドル以上を口座に預けているということだ。 TransferWiseのデビットカードを使用することで、利用者は40以上の通貨を実際の為替レートで利用できる。共同創業者でCEOのKristo Käärmann(クリスト・ケルマン)氏は、TechCrunchに送ってきた電子メールの中で、TransferWiseがオーストラリアとニュージーランドでデビットカードを開始する...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ライセンス」の画像

もっと見る

「ライセンス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる