「ユダヤ人入植」とは?

関連ニュース

国際交渉人が解説。イランとイラクのデモが中東の混乱を招く理由 - 12月11日(水)20:22 

大規模なデモが半年以上にわたり続く香港。ガソリンの値上げに端を発したイランの反政府デモ。イランの在外公館の放火という事態も招いたイラクのデモと、国際情勢に大きな影響を与えかねないデモが各地で続いています。メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で国際交渉人の島田久仁彦さんが、これらのデモの背景や、特にイラン、イラクのデモが中東地域に与える影響を考察し、その混乱に乗じるトルコの動きについて解説しています。 広がるデモの嵐─再び中東諸国に訪れる混乱の時代 世界中でデモの波が止まりません。世界中で報じられている最たるデモの例は、香港で行われている民主化デモで、11月24日の区議会選挙での民意が表明されたにもかかわらず、香港行政府や、北京の中国政府は、デモへの厳格な対応を緩める兆しはありません。 それを受けてか、一旦は沈静化したデモも、再び激化し、一部では暴徒化して警官隊と衝突するなど、非常に危険な状態に陥っています。結果、香港経済を著しく傷つける恐れが現実化しようとしています。 アメリカ政府が香港人権法を成立させ、中国政府に対して人権を尊重する対応を求めたのに対し、北京政府は“内政干渉だ”と真っ向から対立し、その対立は、快方に向かっているように思われた両国の貿易戦争にまで飛び火し、再び世界経済を不安に陥れています。 しかし、このような危ないデモは、...more
カテゴリー:

【主張】米「入植容認」 中東和平に展望あるのか - 11月25日(月)05:00 

 またもトランプ大統領による米中東政策の極端な転換である。イスラエルの占領地ヨルダン川西岸地区のユダヤ人入植活動について、事実上容認する立場が示された。
カテゴリー:

イスラエル、入植拡大承認 トランプ政権の容認転換後初 - 12月02日(月)19:55 

 イスラエルのベネット国防相は1日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ヘブロンの内側にあるユダヤ人入植地を拡大する計画を承認した。地元メディアが伝えた。トランプ米政権が11月、西岸での入植活動を事実上容認する政策転換をした後、入植拡大が承認されるのは初めて。
カテゴリー:

「ユダヤ人入植」の画像

もっと見る

「ユダヤ人入植」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる