「モーニングスター」とは?

関連ニュース

【LINE・ヤフー】統合経営の検討で両社株価急騰!「現代の薩長同盟」ZOZOの田端氏 - 11月14日(木)16:52  newsplus

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-14/Q0XUGYT1UM0W01 「現代の薩長同盟」と田端氏、ZHD・LINE統合検討-株価急騰 日向貴彦、古川有希 2019年11月14日 13:14 JST 更新日時 2019年11月14日 15:14 JST →「中で争ってる場合じゃない。外に出るべき」とZOZOの田端氏 →世界の巨大IT企業とは全く戦えないとモーニングスターの伊藤氏 ソフトバンクグループ傘下で「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)とLINE(ライン)が経営統合を検討していることが明らかになった。発表を受け、両社...
»続きを読む
カテゴリー:

預かり資産・運用者数No.1「WealthNavi」、約41億円を調達 - 11月07日(木)19:00 

預かり資産・運用者数No.1(モーニングスター社調べ、2019年6月時点)のロボアドバイザー「WealthNavi」を運営するウェルスナビ株式会社が、SFV・GB投資事業有限責任組合らより約41億円の資金調達を実施。 累計調達金額約148億円 2015年4月に創業した同社は、ノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づき、資産運用の王道「長期・積立・分散」による資産形成をサポートする「WealthNavi」を2016年より運営中である。 このたび、SFV・GB投資事業有限責任組合(ソニーフィナンシャルベンチャーズとグローバルブレインの共同設立)、東京大学協創プラットフォーム開発、ジャパン・コインベスト、DBJキャピタル、オプトベンチャーズ、千葉道場ファンド、SMBCベンチャーキャピタル、りそなキャピタル、価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合(NECキャピタルソリューションらが運営)、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資にて、約41億円の資金調達を完了。これにより、累計調達金額は約148億円となった。 今回の資金は、開発体制の強化や経営基盤の拡充、マーケティングの推進に充てられるようだ。 安心の全自動システムと信頼できる透明性 同サービスは、働く世代の資産形成ニーズにマッチし、リリースから約3年3ヶ月で申込件数24万口座、預かり資産1,800億円を突破した(2019年10月16日時...more
カテゴリー:

価格変動の激しいビットコイン、量子コンピュータと中国の動向に振り回される? - 10月31日(木)07:00 

taraiok曰く、 2019年7月をピークに再び下落傾向にあったビットコイン(BTC)価格だが、10月26日に突然の価格上昇が発生していたという。 今年になってからBTC価格は上昇傾向だったものの、7月に1BTCあたり140万円前後でピークを迎え、その後は下落傾向にあった。特に9月末にはそれまで1BTCあたり110万円ほどで推移ししてたものが一気に80万円台後半にまで下落。ところが、10月26日にBTC価格は急上昇、現在は100万円前後の水準となっている(ビットコイン/日本円のチャート)。 最近のBTC価格下落については、量子コンピュータ技術の発展により暗号通貨の安全性が担保されなくなるのでは無いかという懸念が影響していたとも見られている(日経新聞)。一方、今回の上昇の原因とされているのは、中国の習近平国家主席が「ブロックチェーン(BC)技術が担う重要性を鑑み、同技術の促進を進めるように」と述べたことにあるようだ。この影響でイーサリアムなどのその他のコインも7~31%上昇している(Newsweek、モーニングスター、Slashdot)。 ただし、習近平国家主席の発言自体は、中国が独自に開発を進めている暗号資産(暗号通貨)を示しているものとみられる。8月に開催されたChina Finance 40 Forum主催のイベントで、中国人民銀行副局長のMu Changchun氏が、独自...more
カテゴリー:

SBIネオモバイル証券「ネオモバ」の評判は?メリット・デメリットも解説 - 11月13日(水)20:01 

SBIネオモバイル証券が始めた「ネオモバ」では、メジャーな共通ポイントであるTポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができます。ネオモバは2019年4月10日の開業から5ヵ月弱で10万口座を達成し、すでに8,000万ポイントが投資に使われているなど、非常に注目されているサービスです。 この記事では、ネオモバのメリットやデメリット、実際の評判や口コミについてご紹介します。各社が提供しているポイント投資でどれを選べばいいかと悩んでいる方は、参考にしてみてください。 目次 ネオモバの「Tポイント投資」とは 1-1.Tポイント投資とは ネオモバのメリット 2-1.Tポイントを使って株式投資ができる 2-2.スマホで簡単に始められる!アプリも利用可能 2-3.少額で株式投資を始めることができる 2-4.毎月ポイントが貰える 2-5.現金を使わずに投資体験できる ネオモバのデメリット 3-1.毎月200円(税抜)の利用料金がかかる 3-2.NISA・iDeCoには対応していない 3-3.外国株は取り扱っていない ネオモバの評判・口コミ ネオモバを利用する際の注意点 5-1.金融商品の運用益には課税される 5-2.利用するにはクレジットカードの登録が必要 5-3.毎月貰えるポイントの使途が限定されている ネオモバのキャンペーン情報(XRPプレゼント) ...more
カテゴリー:

【インタビュー】「長期・分散・積立」どう実現?ウェルスナビが取り組む資産運用の形 - 10月31日(木)10:26 

預かり資産1800億円を突破(2019年10月16日現在)し、続々と新サービスがローンチするなど勢いが増しているロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」を提供するウェルスナビ株式会社。預かり資産・運用者数No.1を誇るウェルスナビ(一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年6月時点))。 ウェルスナビは20代~50代の忙しく働く世代にも、資産運用経験がある方にも選ばれているサービスを展開しています。 今回はウェルスナビ株式会社リサーチ&クオンツグループのシニア・クオンツ・リサーチャーの吉江雅史さんに、ウェルスナビならではの魅力と10月にリリースがあった新サービスについて伺いました。 話し手:ウェルスナビ株式会社 吉江雅史氏 DIAM(現:アセットマネジメントOne、資産運用会社)で約10年間ファンド・マネジャー業務に従事。その後、UBS(世界最大手のスイス系プライベートバンク)で、富裕層向けの投資一任勘定の運用を担当。一貫して資産運用を専門とするキャリアを歩むなかで、世界水準の資産運用を「働く世代」にという理念に共感し、2018年11月にウェルスナビに入社。 記事目次 ウェルスナビが掲げる「ものづくりする金融機関」とは? 1-1.ノーベル賞受賞者のアルゴリズムを採用 1-2.ホームバイア...more
カテゴリー:

「モーニングスター」の画像

もっと見る

「モーニングスター」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる