「メンタル心理カウンセラー」とは?

関連ニュース

夜の生活にも口出しされました…アラフォー女性が絶句した義父母との同居の日々【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 03月01日(金)20:30 

順調だった結婚生活が、義父母との“同居”によって音を立てて崩れることもあるようです。今回はメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな体験をした女性のエピソードをご紹介します。夫から義父母との同居を提案され… 不安を抱えながらも了承涼香さん(仮名・39歳女性)は、結婚2年目の頃、穏やかで優しい4歳年上の夫から義父母との同居を提案されました。提案があった当初は、“同居”という暮らし方に不安があったものの、その頃の夫はマザコンでもなく義父母も涼香さんに丁寧に接してくれていたことから「あの義父母となら大丈夫かも」と、同居を了承したそうです。「でも、私の考えは甘かったのです。同居を始めて1か月が過ぎた頃から、夫のマザコンっぷりと義母の意地悪さが際立つようになり…。これまでの夫婦関係や親族関係からはまったく想像できない、壮絶な生活が始まりました。マザコンではないと思っていた夫は、義母と暮らし始めてから、母親の言いなりになっているだけでなく、何かにつけて『ママ』と義母に甘えるように。正直、そんな夫の本性を知ったときには血の気が引きましたね。さらに、夫は私への不満を義母に告げ口するようになりました」「息子からの話を鵜呑みにする義母は、『あなたが悪いのよ』『息子を幸せにできていない自覚はあるの?』などと、毎日のように私を責め立てるようになってしまい、朝から晩まで義母の小言を聞いて生活を送ることに。...more
カテゴリー:

フリースクール「フレスク」(能代市) 子どもの心の支えに、親子間の課題解決も支援 - 02月29日(木)13:00 

 能代市にあるフリースクール「フレスク」は、子どもたちの心の支えとなる場所として2018年に開設されました。代表の澤田敦子さんはメンタル心理カウンセラーやひきこもり支援相談士などの資格を持ち、スクール…
カテゴリー:

もう、やめられないんです… 不倫経験のある女性が「不倫を繰り返してしまう理由」 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月26日(月)21:15 

不倫経験のある人は、何度でも繰り返すパターンが少なくありません。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、何度も不倫をしている女性たちにありがちな理由に迫ります。経済力と自由な時間が魅力的で抜け出せない「私は20代の頃から、ずっと不倫を重ねています。独身の男性と付き合ったこともあるけれど、なかなかうまくいきませんでした。既婚者の彼氏は、経済的に余裕がある人が多いのでチープなデートはしないし、家庭があるからベタベタと一緒にいる必要もなく、恋愛のいいところだけを味わえるので、どうしても抜け出せなくなってしまうんです。恋愛や結婚のためにキャリアを犠牲にしたくない私にとっては、不倫のほうが合っているのかもしれないなって…。もう30代後半なので、そろそろ独身男性と結婚を見据えたお付き合いをしないとダメなのかなと焦りも出てきましたが、そこまでの魅力を感じず、結局は不倫を続けてしまっています」(39歳女性/自営業)自分の時間を大切にしたいポリシーが強く、恋愛では豪華なお付き合いを望む女性ほど、不倫にハマりがちな傾向も。男性に都合のいい関係を求めると、既婚者のほうがしっくりきてしまうという人もいるのでしょう。自分のモチベーション維持のために「結婚3年目から夫以外の男性と関係をもつようになり、今の不倫相手で10人目くらいです。深入りする付き合いはせず、あくまでも都合の良い関係というスタイルを貫いています...more
カテゴリー:

職場の後輩男性とズブズブの不倫関係に… アラフィフ妻が「社内不倫に足を踏み入れた瞬間」【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月25日(日)20:45 

不倫とは無縁な生活を送っていた女性でも、夫婦仲が単調だと魔が差してしまうこともあるようです。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、不倫に足を踏み入れて人生を狂わせた40代後半女性のエピソードをお届けします。単調な夫婦仲に不満だったとき、職場の後輩男性と急接近有紗さん(仮名)は、家事と仕事に追われている既婚の40代後半女性。子どもはおらず、結婚して20年ほどになる夫との関係は悪くはなかったそう。ですが、若い頃のように愛されている実感はなく「歳を重ねると、誰でもこんなものなのかな…」と一抹の虚しさを抱えて生活をしていました。「あるとき、職場に30代の木村さん(仮名)という男性が中途入社してきたんです。私が木村さんの業務のフォローをしているうちに仲良くなって、他の同僚を含めて食事に行く機会もだんだんと増えていきました。でも、そのときはまだ恋愛感情はなくて、普通に『話しやすいし、いい人だな』という程度だったんですよね」ところがある日、有紗さんは木村さんから「相談があるので二人で飲みに行きませんか?」と誘われたそう。断る理由も見当たらなかった有紗さんは木村さんの誘いに応じ、楽しい時間を過ごしたと当時を振り返ります。「プライベートな話をしている中で、木村さんが少し前に離婚したばかりであることを聞きました。夫婦関係が上手くいかなくて、いろいろな努力をしたけれど、結局妻とは関係修復ができなかったそ...more
カテゴリー:

第一子妊娠中に父親が亡くなり…30代女性が生まれて初めて知った衝撃的な事実【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月20日(火)20:00 

相続をきっかけとして、親族間でトラブルになるケースもあります。「そんな話はまだまだ先」と思っていた30代の真奈さん(仮名)は、父親の死をきっかけに予想外のトラブルへと発展していったそうです。メンタル心理カウンセラーの並木まきが真奈さんの壮絶な体験エピソードをご紹介します。第一子妊娠中に父親が帰らぬ人に…30代半ばの真奈さん(仮名)は、大学卒業後に実家を出て上京し就職。仕事の関係で知り合った4歳年上の男性と結婚し、すぐに第一子を妊娠しました。幸せの絶頂だと感じていたある日、突然父親が倒れたとの連絡が……。「実家は新幹線で2時間ほどかかる距離だったのですが、母から『パパが倒れた』と連絡があってすぐに実家に駆けつけました。けれど、父は倒れてから目を覚ますことなく、そのまま帰らぬ人に……。私も母も予想外のことで、バタバタと父の葬儀を終え、そのあとは父の遺産相続の手続きを進めることになりました。そしてそのときに、母から父はバツイチで、実は私に異母兄弟の兄が二人いることを知らされたんです」存在を知らなかった兄が二人… 相続の話をするため連絡をとってみると「父のことで憔悴しきっていた母の代わりに、私がその人たちに連絡をとって話し合いを進めることになりました。幸いなことに、母は生前の父から『何かあったら、ここに連絡をしてくれ』と、私の異母兄弟たちの携帯電話と住所を書いたメモをもらっていたんです。そ...more
カテゴリー:

お母さんが好きどころじゃない…30代妻がゾッとしたマザコン夫の常軌を逸した行動【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月29日(木)20:00 

結婚後に夫がマザコンであることが発覚し、愕然とする女性も決して少なくないようです。今回は、近居をきっかけに夫のマザコンが判明し、夫婦関係に大きな亀裂が入ったという女性のエピソードを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがご紹介します。結婚2年目に夫のマザコンが発覚…!30代半ばの美花さん(仮名)は、10歳年上の夫と結婚。そして結婚して2年目の頃、夫のマザコンが発覚したと言います。きっかけは、夫の母親との近居に踏み切ったことだったそう。「夫の両親は夫が中学生の頃に離婚をしていて、それ以来、夫は母親のもとで育てられました。一人っ子だからなのか夫はずっと一人暮らしはせずに実家で暮らしていたんです。“母親をとても大事にしている人”という印象はあったのですが、まさか重度のマザコンだとは思っていなかったので驚きましたね。義母が『一人暮らしは寂しい』と言い出したことを機に、結婚2年目に義母が住む街へと私たちが引っ越したのですが、それが悪夢の始まりになりました」近居を始めてまもなく、夫は家に帰るよりも先に義母の家に帰って食事をし、それから家に寝に帰ってくるという生活が始まったそう。最初のうちは「母親のことが心配なのだろう」と美花さんは何も言わずに夫の行動を見守ったそうですが、それが何か月も続いたことで「さすがにおかしい」と思い、夫にそのことを指摘したとのこと。すると、夫からは驚きの答えが返ってきたと...more
カテゴリー:

円満離婚で騙されるところだった…30代女性が衝撃を受けたモラハラ夫の隠し事【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月28日(水)20:30 

離婚の話し合いを夫婦間で進めているあいだに、事情が変わったことによって離婚の話し合いが白紙になることもあるようです。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな体験をした30代女性のエピソードをご紹介します。モラハラに浪費癖… 不妊治療の末に離婚を選択絵里さん(仮名)は、モラハラや浪費癖が激しい夫と3年間の結婚生活の末に離婚。結婚1年半を過ぎたころから不妊治療に取り組んだものの子どもに恵まれなかったこともあり「人生をやり直したい」と、離婚を望んだと言います。「夫は4歳年上で専門職。“先生”と呼ばれる仕事をしているのも影響しているのか、結婚後は私にもどんどん横柄な態度をとるようになっていって、モラハラも激しくなりました。交友関係が華やかで周囲に高所得者が多いことが影響して、夫自身はそこまで収入が良くないのに飲み代やゴルフ、釣りなどの付き合いで浪費も激しく、私の頭を常に悩ませてきましたね。それでも、結婚した以上子どもが欲しかった私は、夫にも不妊治療に協力してもらって子作りを頑張ったのですが、結局子どもを授かることはできなくて…。これ以上、そんな夫と生活していくよりも自分らしい人生をやり直してみたいという思いから離婚を切り出しました」夫は最初こそ離婚を渋ったものの、もともと夫婦仲が冷えていたことなどから離婚を了承。できるだけ円満に離婚をしたいという共通の意志があったので、弁護士は入れずに...more
カテゴリー:

社内不倫が夫にバレていました… 熟年離婚の危機を迎えた「アラフィフ不倫女性の後悔」【後編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月25日(日)21:15 

夫婦仲が単調なことで魔が差してしまい、職場の後輩男性と不倫を始めたという有紗さん(仮名・40代後半)。職場に行く楽しみができ、単調だった毎日に張り合いが出たと喜んでいたのですが…。アラフィフで不倫にハマり、人生が大きく狂った女性のエピソードを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがお届けします。夫は妻の不倫を知っていた… 突然訪れた夫婦の危機有紗さんが、職場の後輩男性である木村さん(仮名)との不倫を続けていたある日のこと。夫と会話をしていると、『俺の上司が早期退職を考えているらしい』という話題になったそうです。そこから仕事や将来の話になり、夫婦の今後について軽い気持ちで話をしていたところ、夫の発言に違和感を覚えます。「家のことやお金のことなどを話していると、夫から『まぁ俺らは、いつまで夫婦でいるかも分からないんだし』と言われて驚きました。最初は言葉のあやかと思ったのですが、どうやら夫は本気で離婚を視野に入れているような話しぶりでしたね。そこで、『なぜそんなことを言うの?』と問い詰めてみると、『だって君、不倫しているじゃないか』『もうこれから信頼関係を修復するのは厳しいと思うよ』と、淡々と告げられたのです」夫は有紗さんの不倫について話しているあいだも終始冷静で、感情的になることは一切なかったとのこと。すでに夫は有紗さんの不倫を確固たる証拠とともに知っていたのでした。必死に謝罪をして離婚...more
カテゴリー:

新婚旅行をプレゼントしてくれたのに…30代女性が疲弊した義父母の非常識な行動【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月23日(金)20:30 

義父母の身勝手な行動によって、心身ともに疲弊してしまう女性もいます。今回はメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな体験をした女性に当時の話を聞きました。義父母から旅行のプレゼント! 嬉しかったはずがとんでもない悲劇に…蘭さん(仮名・30歳女性)は、結婚してから半年後に「新婚旅行代わりに」と義父母から旅行券をもらったそう。結婚当初は「新婚旅行に行きたいね」という話を夫としつつも時間だけが過ぎてしまい、新婚旅行に行くタイミングを逃していたとのこと。義父母の心遣いに感謝をし、旅行を心から楽しみにしていたと言います。「ところが、ですよ。旅行初日ホテルに着くと、同じホテルには義父母と夫の兄弟家族が一緒に宿泊していたんです。“新婚旅行”って聞けば、夫婦水いらずの時間を過ごすための旅行だと思うじゃないですか? それなのに、蓋を開けたら“親族旅行”だったというわけです。まぁ、その時点では『ちょっとビックリしたけれど、この旅行をきっかけに義父母や義兄弟と仲良くなれればいいかな』と気持ちを切り替えて、楽しもうとしていました」しかし、旅行中の行動は全員一緒が鉄則。夫婦で過ごす時間はほとんどなく、さらに前日に風邪を引いてしまった蘭さんを様々な場所に連れ回し、雑用を押しつけるなど、義父母の行動は目に余るものだったとのことです。「結局はずっと、家族みんなで行動を共にする羽目になりました…。微熱があり体がダ...more
カテゴリー:

「君を妻にしたくない」…不倫相手の離婚を待ち続けた30代女性の「悲痛な結末」【後編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 02月18日(日)21:15 

お付き合いをしている恋人が既婚者だと知ったあとも、別れられずに交際を続けた麻里香さん(仮名)。30代後半だった当時は「40歳までには結婚したい」という思いで、彼の離婚を待ちわびたと振り返ります。既婚者の恋人と付き合い続けてしまった女性の悲痛な結末にまつわるエピソードを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがお届けします。妻との離婚を迫ると、彼から驚きの言葉が…麻里香さんは彼が既婚という事実を知り、離婚を待ち続けて半年以上が経過したタイミングで、意を決して離婚を迫りました。すでに妻との別居期間も長かったことから、本気で動き出せば離婚までは早いだろうと予想してのことだったと振り返ります。「彼に『そろそろちゃんとしたいから、離婚をして』と迫ったところ、彼の口からは驚くような言葉が飛び出したんです。それまで私たちは具体的な将来の話はしていませんでしたが、日常的に結婚の話も出ていたから、彼は離婚をして私と結婚をするものだと思い込んでいたのですが……。彼から飛び出した言葉は、『なんで俺が、麻里香に言われて離婚しなくちゃいけないの?』『君は僕が既婚者だと知ってからも付き合っているんだから、不倫でいいって納得したってことでしょ?』というものでした。さらには『仮に離婚をしたとしても、麻里香とは結婚しないよ。だって不倫をするような女性は妻にしたくないもん』と、自分のことを棚に上げて、私を突き放すようなこ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる