「メルマガ」とは?

関連ニュース

インテル焦ってる?新型iPad Air自社製プロセッサの凄さと時代の変化 - 09月28日(月)20:57 

去る9月15日、「Apple Special Event」でAppleが2020新製品を発表。iPhoneファンが期待していた新製品の発表はなく、落胆の声も聞こえてきましたが、世界的エンジニアの中島聡さんは「とても良いイベントだった」と評価しています。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では、Appleが新型iPad Airに搭載した自社製プロセッサーが、業界の巨人Intel製を凌ぐものであることに注目。時代の変化の兆しを伝えています。 iPad Air 先週、Appleがイベントで新型Apple Watchと新型iPad Airを発表しました。新型iPhoneの発表が無かったことにがっかりした人も多いようですが、とても良いイベントだったと思います。 Apple Watchに関しては、目玉は血中の酸素量を測るセンサーの導入で、AppleがApple Watchを使った「健康モニタリング・ビジネス」に本気を出している事が良く分かります。これから、毎年のように「Apple Watchのおかげで健康でいられる」と感じる人が増えて行くだろうことを考えると、このビジネスのポテンシャルはとてつもなく大きいと思います。 少し前に、Apple Watchのビジネスの大きさが、スイスの時計業界全体を上回ったという記事を紹介しましたが(The Apple Watch outsol...more
カテゴリー:

愛犬にエタノールは毒、最悪は死も。獣医師が教える新型コロナ対策 - 09月28日(月)20:47 

犬や猫のペットへの感染事例が確認されている新型コロナウイルス。飼い主自身はもちろんですが、ペットの感染予防にも常に気を配らなくてはなりません。メルマガ『佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス』著者で獣医師の佐藤先生が、日々の感染予防のためにできること、効果がありそうな対策を教えてくれます。 新型コロナウイルスからペットを守る方法 ヒトからイヌ・ネコへ感染したと考えられる事例が、海外や日本において数例報告されています。ただし、新型コロナウイルスの動物同士での感染事例は今まで明確にはなっていません(ヒト同士の感染は明確になっています)。 どうしたら、自分の大切なペットたちを守れるのか?現時点では、飼い主さんご自身がしっかりとした感染予防の対応をとることが、ペットを感染から守ることにつながると考えられます。 今日は犬や猫に必要な「ウイルス感染防止方法」をお伝えしていきましょう。 1)お散歩や外に出た時には身体を拭きましょう ペットの場合には、「ノンアルコール」の除菌シートや除菌剤を使ってください。エタノールを使う事は「毒」なので絶対にやめてください。死んでしまう事もあります。 特に、犬のお散歩や猫ちゃんが外にうっかり出てしまった(猫は絶対に家で飼育してください)場合には、必ず手足をお湯で洗ってから、身体をノンアルコールの除菌シートで拭いてあげてください。これだけでも違います。 2)歯をきれいにし...more
カテゴリー:

本部が夜逃げ倒産「バーガーシティ」最後の1店舗が愛される理由 - 09月28日(月)18:23 

かつて近畿地方を中心に「100円バーガー」を売りに大人気を博した「バーガーシティ」ですが、1990年代にフランチャイズ本部が倒産、多くの加盟店が閉店を余儀なくされる事態に。しかし、今日まで独自営業を続けている「最後の1店舗」は地域になくてはならない店として、また全国からファンが訪れるほどの「聖地」として人気を誇るほどになっています。何がこのような「奇跡」を可能にしたのでしょうか。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、ピンチをチャンスに変えたバーガーシティ最後の1店舗の戦術を解説しています。 最後に生き残った「バーガーシティ」の誇り 1980年代前半から半ばにかけて急成長していた、中堅ハンバーガーチェーン「バーガーシティ」。大手チェーン店が、ハンバーガーを200円で販売していた時代に、「100円バーガー」として、一世を風靡しました。最盛期には、約400店舗にまで拡大。「百円満点、バーガーシティ」というキャッチフレーズで、テレビCMも流していました。 ところが、1990年代に業績が悪化し始めると、突然、本部が“夜逃げ”して倒産。全国のチェーン店オーナーは呆然。原材料の供給は止まり、閉店せざるを得ない状況になりました。一瞬にして、世の中から「バーガーシティ」が消え去っていったのです。 しかし、その中の数店舗は、「バ...more
カテゴリー:

山口達也のアルコール依存を叩くな。精神科医が日本人に警告するワケ - 09月28日(月)18:08 

9月22日、酒気帯び運転で現行犯逮捕された元TOKIOの山口達也容疑者ですが、アルコール依存症の疑いを指摘し、その状況にあることを批判する意見もあるようです。しかし、「さすがにそれは酷」とするのは、現役精神科医のゆうきゆうさん。ゆうきさんは自身の無料メルマガ『セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術』で今回、依存症には境界線がなく、誰にとっても身近なものであるという事実をわかりやすく解説するとともに、「あの人だけがおかしい」と非難されるようなことでは決してないと断言しています。 お酒を1杯でも飲むなら依存症!? こんにちは。ゆうきゆうです。 つい最近「TOKIO」元メンバーの山口達也さんが酒気帯び運転で逮捕された、というニュースが流れましたね。 2018年にも飲酒に関連した彼の行動が問題となり、書類送検されるという出来事がありました。 「問題起こすほど飲むなんて…」 「自分をコントロールできず、お酒に依存するなんて情けない」 など、いろんな意見が出ています。でも、それはさすがに酷なのではないかと思います。 山口さんだけでなく多くの人が、お酒を飲んでいるだけで、十分に「アルコール依存症」に非常に近い状態になっています。 なぜ非常に近い、というのかというと、「アルコール依存症の人」と「アルコール依存症ではない人」の間には明確な壁が存在していないからです。 どんな人でも、週に1...more
カテゴリー:

天を敬い人を愛する。西郷隆盛にも影響を与えた儒学者の「一言」 - 09月27日(日)11:00 

多くの人材を輩出した江戸幕府の学問所・昌平黌(しょうへいこう)で儒官(総長)を務めた佐藤一斎は、儒学や朱子学に止まらない広い見識で知られています。その著書『言志四録』は、西郷隆盛の終生の愛読書として影響を与えたともいわれます。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、そんな佐藤一斎の思想の片鱗を、疋田啓佑さんと深尾凱子の対談を通して紹介しています。 「敬天愛人」の原点は佐藤一斎。疋田啓佑(福岡女子大学名誉教授)×深尾凱子(読売新聞社社友) 晩年になるほど執筆や子弟教育に打ち込んでいった幕末の儒官・佐藤一斎。その学問の広さは、多くの弟子たちを輩出したことからも窺い知れます。 直接の教えを受けてはいないものの、明治維新の立役者の一人、西郷隆盛もまた、佐藤一斎に大きな影響を受けた一人でした。 疋田 「昌平黌の佐藤一斎門下からは数々の逸材が誕生します。佐久間象山や渡辺崋山、横井小楠、山田方谷などは陽明学者としてよく知られていますが、表には出ていない朱子学者もたくさんいます。このことも一斎の学問の広さを物語っているように思うのです」 深尾 「佐久間象山や渡辺崋山は幕府から睨まれて最後には非業の死を遂げていますね。蛮社の獄の時、一斎は崋山を擁護することをしなかったというので、ドナルド・キーンさんは著書『渡辺崋山』の中でそれを批判的に書いています」 疋田 「一斎は幕府の儒官という...more
カテゴリー:

現役教師が検証。文科省が進めたがる「少人数学級」は実現可能か? - 09月28日(月)20:48 

教師の労力や残業時間が社会問題となる中、文部科学省が「少人数学級」の実現に動き出しています。果たして、これは実現可能なのでしょうか? 今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役小学校教諭の松尾英明さんが、自身の経験をもとに、現在の学校のありかた等も踏まえながら、「少人数学級」の実現性について私見を述べています。 少人数学級は実現できるか 学級担任の時間的労力の大きさは、どこで決まるか。これは、学級の人数である。当り前だが、10人程度しかいない学級と40人いる学級では、日々の時間的労力が全く違う。個々の対応の大変さももちろん違うのだが、それ以前に、単純な作業量が違うのである。 私自身も両方経験していて、この点については保証する。11人の学級担任だった時は、テストの採点も日記の返事もあっという間である。評価の目も行き届きやすく、通知表もあっという間に出来上がる。当然、各種書類関係の処理時間も少ない。提出物があってもあっという間に集まるし、集計できる。 これが40人の担任であれば、全てに先の4倍かそれ以上の時間がかかる。今までのペースでやろうとしていたら、当然、残業という力技でカバーすることになる(慢性的残業習慣は、思考による工夫を肉体的労働時間に代替する知的怠惰の現れである)。 算数の問題だと、次のようになる。 A先生はテスト1枚あたり1分で採点ができ...more
カテゴリー:

実家が汚部屋に!子供の「荷物置かせて」には甘えの断捨離で対応せよ - 09月28日(月)18:25 

自宅に置けなくなった荷物を実家に送り、保管をお願いしたことがあるという方、多いのではないでしょうか。しかしそれが実家のゴミ屋敷化を招き、結果として親を困らせているというケースも少なくないと指摘するのは、無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』著者の真井花さん。真井さんは今回、そのような荷物は「断捨離の対象」として認識すべきとし、処分方法についてもレクチャーしています。 送りつけゴミ さて、本日は実家のゴミのお話。 都会で暮らす子供たちと田舎で暮らす親たち。こういう組み合わせの家族は、割と多いですよね。 そして、たまに田舎に帰省してみると 親の家がゴミ屋敷寸前! そして、子供がそのゴミをなんとか処分・整理しようと奮闘努力…なんてことが結構あるようです。 モノで溢れかえった田舎の親の家。親の世代はモノが少ない時代に育ったので、なかなかモノを捨てられないと言いますね。ま、モノが溢れる原因が親側にあるってことです。 ところが!原因は親側にあるとは限らないんですよ。そう、 子供側 にあることも多いんです。子供は、いつも都会に住んでいて田舎の親とは同居していないはずなのに、どうして親の家のモノの多さが子供のせいなんでしょう?それがイワユル 送りつけ ってヤツですよ。 ちょっとスーツケースを置かせておいて 子供(孫)の教科書が多くなってきて 着ていない和服を預かってほしい テントや...more
カテゴリー:

菅総理は名宰相になる方法を「師匠」に学べ。脱日本流で道は開ける - 09月28日(月)18:18 

世論調査で74%という高支持率を得て船出した菅義偉新政権。しかし、継続を謳った安倍政権がやり残した宿題は難題ばかりで、国民の期待に応えるのは簡単なことではありません。メルマガ『NEWSを疑え!』を主宰する軍事アナリストの小川和久さんは、問題解決のためにはまず「日本でしか通用しない物差しを棄てること」と説き、菅さんが師匠と仰ぐ梶山静六元官房長官の言葉を紹介しています。 菅さんは「大医」になれるか 菅義偉新政権がスタートして1週間。コロナ対策をはじめ、難問に取り組む姿勢が国民の好感を呼び、世論調査の内閣支持率は74%(読売、日経)にも達し、期待の大きさを物語っています。 これまでにも、この編集後記で日本の首相の権限は米国の大統領より強力なこと、安倍晋三前首相は「官邸官僚」を駆使することによって強力な権限を振るい、安定政権を持続できたこと、などを書いてきました。菅首相が安倍官邸を官房長官として支え、官邸官僚が動きやすいように内閣人事局を使って官僚機構ににらみを利かせていたのは周知の事実です。 その菅さんが可能な限り速やかに着手しなければならないのは、安倍政権が残した宿題の数々を片付ける作業でしょう。尖閣や北方領土の問題、沖縄県普天間飛行場の移設、拉致問題…。本当に難問ばかりで気の毒なくらいですが、正攻法で取り組めば一定の解決を見出すことができない訳ではないと思います。 それを実現するため...more
カテゴリー:

トランプは負け戦。米国の国連無視を嘲笑う中国のワクチン外交とは? - 09月28日(月)05:00 

米中対立や新型コロナウイルスの流行など、問題山積の中で迎えた「国連総会首脳ウィーク」。これは、米ニューヨークで各国首脳が課題を話し合うもので、今回は国連創設75年の節目の会合となります。コロナの影響で、紛争や問題解決の糸口になりうる国連総会期間中の各国リーダー同士の直接対話が不可能となってしまいましたが、今後の世界情勢はどのように展開するのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田久仁彦さんが、異例とも言える総会首脳ウィークに浮き彫りとなったさまざまな対立や問題を取り上げ解説するとともに、それらの今後についても考察。さらに菅新総理に求められる外交姿勢を提示しています。国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ   異例の国連総会首脳ウィーク:世界はどこに導かれていくのか? 今年も恒例のこの季節になりました。そう国連総会首脳ウィークです。総会自体は長く続くのですが、首脳が登場して、一般討論演説を行う第1週目は、特に【直近の国際情勢を占う】“何か”が明らかになる可能性があることから、非常に注目を浴びます。 私も国連にいたころは、紛争調停官という特殊な立場にありましたが、この国連総会ウィークと、大体その“うしろ”で裏番...more
カテゴリー:

「書籍離れ」が進む日本で「読書法」「速読法」に未来はあるか? - 09月26日(土)11:00 

全国大学生活協同組合連合会が毎年実施している「学生生活実態調査」の2019年度版によれば、読書時間が1日0分と答えた大学生は48.1%となっており、5割を超えた2017年調査ほどではないものの「読書離れ」の傾向は続いています。「読書法」「速読法」の研究をする大学院生がそうした現状に不安を感じ、メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』著者で人気コンサルの永江一石さんにマーケティング法を相談。永江さんのアドバイスは、読書0分の多数ではなく、読書をする少数の検索能力が高い人たちをターゲットにすることでした。 読書法・速読法の効果的なマーケティング方法 Question 私は大学院(博士課程)で読書教育(読書法)と速読スキル開発の研究をしつつ、読書法講座・速読法講座を開講しています(大学の授業としても採用されています。今は休講中ですが)。今はまだ需要があり、特にビジネス上の心配などはないのですが、最近の日本の状況を見ると、将来にやや不安がよぎります。 まず、日本人はちゃんと本を読まない。というか読解力が非常に低く、骨のある本を読める人が少ないという事実。Twitterのような短い文章、論理もエビデンスもない文章に慣れきってしまい、感覚でしか本を読めない人が多いのも事実。 そして、最近はスマホの影響もあり、動画・音声の方に需要がシフトしつつある事実。今後ますます「書籍離れ」...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「メルマガ」の画像

もっと見る

「メルマガ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる