「メルトダウン」とは?

関連ニュース

どこにあるのか「復興五輪」帰還困難区域・浪江町津島住民の終わらぬ訴え - 08月02日(月)12:45 

東京電力福島第一原発事故から10年を経て、ようやくの審判を待つ人々がいる。いまも帰還困難区域とされる福島県浪江町・津島地区。豊かな山里の暮らしと人の絆を奪われ、その責任の所在も明かされぬまま避難生活を強いられた住民の約半数が、「ふるさとを返せ」と6年前、国と東電を福島地裁に訴えた。判決は、東京オリンピック開幕後の今月30日。「復興五輪」の幻夢からも、コロナ禍の都会の喧騒からも遠い「被災地」の終わりなき現実を訪ねた。 高い放射線量の中に捨て置かれた体験猛暑の福島市内から国道114号線を東に約1時間。のどかな阿武隈山地の道に「帰還困難区域」の立て看板が現れる。福島第一原発(福島県双葉町・大熊町)から西北西約30キロにある、浪江町津島地区の入り口だ。車はこの先で大型テントのスクリーニング検査場を通り、同乗させてくれた地元の住民、佐々木やす子さん(66)と三瓶春江さん(61)が、筆者を含めた立ち入り申請をした。佐々木さんは中通りの大玉村、三瓶さんは福島市に現住所を持ち、自宅を訪れるにも面倒な手続きを要する。近隣の家は「蛇腹」と呼ばれるバリケードで閉ざされ、原発事故から10年が過ぎてなお、人の往来をものものしく拒む帰還困難区域の風景があった。現地で合流したのは、行政区長の今野秀則さん(73)と、武藤晴男さん(64)。いずれも「福島原発事故津島被害者原告団」(218世帯、643人)の...more
カテゴリー:

安倍「電源喪失はあり得ない」→メルトダウン。安倍「春節歓迎」→パンデミック。安倍「五輪は絶対」→ホロコースト。全てから逃亡 - 07月23日(金)10:30  poverty

「日本が財政破綻する確率は100%」と大前研一氏 国民は何をすべきか https://news.yahoo.co.jp/articles/358390e840199283a053c4fbda9a57b0bb0cf9c1 2020年11月1日時点の日本人の推計人口(約1億2320万人)で単純計算すると、国民1人あたりの借金は約987万円。これは生まれたばかりの赤ちゃんから100歳以上のお年寄りも含めた日本人全員が背負っている借金だ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ビル・ゲイツさん「原子力発電、この道しかない。政治家にも『口当たりがいい』しね」 - 07月15日(木)21:00  poverty

Bill Gates: Nuclear power will ‘absolutely’ be politically acceptable again — it’s safer than oil, coal, natural gas ビル・ゲイツ:原子力は「絶対に」再び政治的に受け入れられるでしょう—それは石油、石炭、天然ガスより安全です ビルゲイツジェラール・ミラー| CNBC 原子力エネルギーは「絶対に」政治的に口に合うだろう、 億万長者の慈善家、技術者、そして気候変動の伝道者ビル・ゲイツは最近、CNBCの「スクワークボックス」 でアンドリュー・ロス・ソーキンに語った。 ゲイツ氏によると、原子...
»続きを読む
カテゴリー:

アメリカ人「もうオリンピックは毎回アテネでやれ」 - 07月31日(土)23:20  news

世界の記者が見た東京五輪:これを最後にアテネに戻せ https://news.yahoo.co.jp/articles/5b1c2cbc75878f4687549da890bfce46427e9927?page=3  IOC批判に燃え上がる米国では、これだけ巨大化したオリンピックは東京五輪を最後に発祥の地であるギリシャに戻してはどうかという奇抜な提案が出ている。  今後、夏季五輪は2024年はパリ、2028年はロサンゼルス、2032年はブリスベンまで決まっている。  2032年に候補に名乗りを上げたのはブリスベンだけだった。  開催資金は膨れ上がり、コロナウイルス感染のような不測の事態...
»続きを読む
カテゴリー:

冷却水がいらない「新たな原子炉」の設計を中国が発表 - 07月22日(木)18:00 

Credit:depositphotos 全ての画像を見る原子力発電については、福島原発の事故など安全性に対する不安があります。 とはいえ、脱炭素を掲げる現代社会では、原子力に頼らないわけにはいきません。 そこで安全な次世代原子炉が世界中で研究されていますが、その実現に一番に漕ぎ着けそうだという国が現れました。 香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、中国政府が、冷却材を必要とせず安全性が高いとされる商用トリウム溶融塩原子炉の設計を発表したと報道しています。 中国政府の計画によると、2030年までにゴビ砂漠や中西部の平原にこの原子炉を建設する計画で、最終的には他国への輸出も検討しているようです。 原理的にメルトダウンを起こさないという、この安全性の高い溶融塩原子炉とは、一体どういうものなのでしょうか? 目次 原発事故はなぜ厄介なのか?冷却材を必要としない原子炉溶融塩原子炉の実用化が難しかった理由 原発事故はなぜ厄介なのか? 発電所には、火力、水力、風力、原子力とさまざまな方法がありますが、すべてやっていることは同じで、タービンを回して発電しています。 磁石が導線の周りで動くと電気が生まれるというのは、小学校の理科でも教わることですが、発電所は結局この原理を利用しています。 人力自転車発電も原子力発電も、そういう意味では規模が違うだけでやっていることは同じです。 水力や風...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる