「メッセージアプリ」とは?

関連ニュース

TikTok、WeChatをめぐる騒動と、米中間で広がるデジタル格差 - 09月29日(火)09:23 

この10年で、中国と米国のテック企業のダイナミクスは大きく変わった。かつて中国は米国の有望な市場とみなされていたが、中国の技術革新と投資力が目に見えて高まるにつれ、その立場は逆転した。また、中国共産党のサイバーセキュリティ規制の対象が拡大されると、データプライバシー侵害を懸念する声が高まった。しかし、そんな中でも、両国が互いにアイデアを交換できていた期間は何年もあったように思う。ところが、関税戦争という政治的背景もあり、また最近、TikTokとWeChatに対してトランプ政権の大統領命令が発令されたせいで、そうした良い関係もすっかり損なわれてしまった。 米国商務省は先週、TikTokとWeChatの米国での利用停止を強制する予定だったが、両社に対する命令の執行は延期された。WeChatについては、米国地方裁判所裁判官は利用停止の一時的な保留を命じた。一方、TikTokの所有会社であるByteDance(バイトダンス)は、Oracle(オラクル)との複雑な交渉の最終段階を迎えている。 TikTokとWeChatをめぐる紛糾は、米国の中国テック企業に対する見方が大きく変化したことを明確に示している。TikTokは、中国企業による消費者向けアプリとして初めて米国で大きな地盤を築いただけではなく、米国の大衆文化にも大きな影響を与えた。ほんの10年前、いや5年前でさえ、このような事態になろう...more
カテゴリー:

個人情報ダダ漏れ!? 「落としただけなのに」では済まないスマホ紛失時の対処法 - 09月27日(日)08:30 

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】現代のスマートフォンは、多数の連絡先やメール・メッセージアプリの記録、スマホで撮影した画像・動画などが満載の、“個人情報の塊”と言っても過言ではない代物だ。使っている分には便利だが、一度紛失してしまうと様々なリスクが発生する。今...
カテゴリー:

LINE、写真から自動生成できるアバター機能 SNSなどのアイコンに利用可 - 09月25日(金)12:09 

LINEがメッセージアプリ「LINE」でアバターを作れる機能の提供を始めた。スマートフォンのカメラで撮影した顔写真からアバターを自動生成できる。
カテゴリー:

鈴木伸之&佐野勇斗の“犯人を捕まえたくない刑事”に視聴者爆笑「クールにサボってて最高」の声『俺たちはあぶなくない』第1話 - 09月18日(金)10:52 

鈴木伸之と佐野勇斗がW主演を務める刑事ドラマ『俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち』(MBSほか、毎週木曜24:59~)の第1話が、9月17日に放送。インターネット上では、これまでの刑事ドラマとは一線を画した内容に反応があった(MBS以外の放送局については文末に記載。以下、ネタバレが含まれます)。とにかく熱い昭和の刑事や、世のために踏ん張った平成の刑事とは一線を画す、自分の未来と平和のために戦うコスパ重視な令和の刑事を描く新時代のポリスコメディ。凶悪事件を解決せずに、あぶない橋も渡らない、後ろ向きだけど超カッコいい2人の刑事が、“シャレオツ”な街にある警視庁麻布中央署を舞台に、己のライフスタイルを守るため、あの手この手でサボりまくる。麻布中央警察署ではヤクザが絡む強盗致傷事件の捜査会議が行われていた。皆が課長の思い込みから生まれる見立てに飽き飽きする中、後方の席で高野心(鈴木)は映画視聴を、世中渡(佐野)は転職情報誌を閲覧。マイペースに自分のやりたいことをしていた。そこで、世中のするどい推理を聞いた高野は「ポイントチャージ」と称して前へ。課長の推理を立てつつ、違う目線でも捜査するべきだと提案し、上司から評価を得た。出世コースを歩みたい高野は、毎回世中の推理を拝借し、脳内出世ポイントを溜めている。彼の中では、残り約500ポイントで昇任するという。「これで俺の出世ポイントも5ポ...more
カテゴリー:

離婚した手取り20万ケンモメン、月にに12万吸われ8万で1月を生き延びていた。これが幸せ一杯で結婚した男の末路なのか・・・ - 09月15日(火)19:07  poverty

432 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワンミングク MM7a-M7kx) 2020/09/15(火) 12:34:03.85 ID:KkQbMd2BM 俺なんか手取り20万あるかないかなのに毎月きっちり12万払って数年経つわ、結婚なんかしなけりゃ何百万と貯金できてたと思うと泣ける https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1600130235/432 中国で離婚増加 アプリで浮気 浮気を増長…結婚生活を脅かすメッセージアプリ 中国AFPBB News1177 【9月13日 AFP】中国・上海に暮らすエコーさんは、会社勤めの夫の帰宅が日常的に真夜中を過ぎることに不信感...
»続きを読む
カテゴリー:

「乙女チック4Gamer」第268回:「Choice×Darling-チョイダリ」を特集。義理の弟からオネェまで,男性8人とメッセージのやり取りが楽しめる - 09月28日(月)11:30 

 「乙女チック4Gamer」第268回は,SEECから配信中のスマホアプリ「Choice×Darling-チョイダリ」を特集します。本作は,年下の高校生や趣味の友達など,個性的な8人の男性と架空のメッセージアプリを通してやり取りができる“メッセージアプリ風恋愛ゲーム”です。
カテゴリー:

Facebookが「iOSはメッセージアプリでもデフォルトアプリを変更できるようにすべき」と主張 - 09月26日(土)17:00 

2020年9月16日にリリースされたiPhone向けOSの最新バージョンである「iOS 14」では、メールやブラウザなどに使用するアプリをサードパーティ製アプリに変更することが可能になりました。この変化に乗じ、Facebookは「Appleはメッセージアプリのデフォルトアプリも変更できるようにすべき」と、メールやブラウザアプリ以外でもサードパーティ製アプリに広く門戸を開くべきと主張しています。
カテゴリー:

【朗報】 平井卓也デジタル大臣「TikTokが情報漏洩してる証拠がないじゃんw アメリカの奴はただの選挙アピールっしょw」 - 09月18日(金)22:33  poverty

アメリカ商務省は、中国の動画投稿アプリ「TikTok」とメッセージアプリ「WeChat」のアメリカ国内での提供を20日から禁止すると発表した。 停止されるサービスには、モバイル用アプリのアップデートやWeChatの決済機能も含まれている。 「デジタル庁」の設置や行政のデジタル化について考えを述べていた平井卓也デジタル改革担当大臣は、 「結局誰も(情報漏洩の)エビデンスを持っていない。それでダメだという話なので、エビデンスをどう取るかがこれから重要。政治的にただ単純に排除するのは、そろそろ限界にきたと思う」との見...
»続きを読む
カテゴリー:

iOS 14が正式版がダウンロード可能に - 09月17日(木)09:45 

Apple(アップル)はiPhoneの最新バージョンOSであるiOS 14を公開した。ダウンロードは無料でiPhone 6s以降、両世代のiPhone SE、およびiPod touchの最新モデルで利用できる。iOS 13が動作していルデバイスならiOS 14に対応している。今すぐダウンロードできるかどうかには個人差はあるが、すでにアップデートを受け取っている人たちがいるのでチェックしてみてほしい。 同社はiPad、Apple Watch、およびApple TVでも主要アップデートを本日公開したのでiPadOS 14、tvOS 14、およびwatchOS 7の新機能も利用可能になる。 今回のアップデート公開は多くのデベロッパーを驚かせた(未訳記事)。アップルは米国時間9月15日、iOS 14を16日のプライムタイムに公開すると発表した。通常同社は公開の1週間か2週間前にアナウンスする。そうすることで、デベロッパーは最後に残っていたバグを修正してアップデートをApp Storeに提出する時間を確保できる。 すでにiPhoneをアップデートした人は、サードパーティーアプリのあちこちにバグがあっても驚かないでほしい。見えないところに大きな変更があり、これほど急に公開されるとは誰も思っていなかったからだ。 アップデートはすでに配信中で、設定アプリからWi-Fi経由でも、iTunesと有線で...more
カテゴリー:

FB Messengerの責任者、スタン・チュドノフスキー氏がDisruptに登場 - 09月14日(月)14:21 

Stan Chudnovsky(スタン・チュドノフスキー)氏の登場は2016年以来であり、きっと興味深い話がたくさん聞けるはずだ。 チュドノフスキー氏は現在、Messenger担当バイスプレジデントとして引き続きFacebook Messengerの責任者を務めている。日本時間9月15日~19日開催のDisrupt 2020では、Messengerが進化してきた過程を詳しく話してくれるだろう。 中でもMessenger Roomsのリリースは最大のチャレンジの1つだ。このサービスでは、FacebookやMessengerから(最終的にはFacebookのほかの製品からも)ビデオ通話の開始や参加ができる。ソーシャルディスタンスが求められる時代に、簡単に会えることを魅力として打ち出しているが、打倒Zoomを見据えているのであればFacebookの道のりはまだまだ遠い。 一方で、ヘイトスピーチやデマをいとも簡単に拡散させてしまうメッセージアプリへの監視がますます強化されている。Facebookのアプリケーションの中で、この問題に最も目に見えて苦しんでいるのはWhatsAppだが、Messengerにもまた、COVID-19パンデミックに関する正確な情報を人々が共有できるようにするためのツールが追加されている。 それに加え、コロナ禍におけるFB Messengerの現状や今後の最優先課題に...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「メッセージアプリ」の画像

もっと見る

「メッセージアプリ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる