「メインフロア」とは?

関連ニュース

石野卓球、ピエール滝と薬物合法の国に移住を計画 - 04月25日(木)18:12  news

石野卓球「許してニャン」でピエール瀧と東欧移住計画 石野は、麻薬取締法違反罪で起訴されたピエール瀧こと瀧正則被告(52)へ向けたジェスチャーをDJイベントで繰り返していた。 「プレイ中、両手でアルファベットの『T』の字を作って掲げていました。絶対、瀧さんのことです」(イベントの客)  3月に入れた人生初の「電の字タトゥー」も客にアピール。メインフロアは禁煙なのだが、石野は煙草をくゆらせ、缶ビールを飲み、リラックスした様子でプレイしていたという。 イベントは、定員550人のフロアは超満員。「もっと...
»続きを読む
カテゴリー:

シーザーズ、ラスベガスのコロセウムを大規模リニューアル 今秋オープン - 04月17日(水)08:47 

シーザーズ・エンターテインメントは、アメリカ・ラスベガスのシーザーズ・パレスのコロセウムを改修し、技術、設計上の大規模なリニューアルを行う計画を発表した。合せてコロセウムの運営権を取得し、プロモーターのライブ・ネーションと共同プロモーション契約を締結したことも明らかにした。 最新鋭の音響システムや可動式照明装置、高解像度LEDビデオウォールを導入するほか、ボトルサービス付きのVIPテーブルやメインフロアの自由席など、自動昇降座席システムをラスベガスで唯一導入し、ジャンルや利用者の体験に合わせた座席配置も可能となる。 コロセウムは2003年にオープンし、定期公演(レジデンシー・モデル)の先駆けとして、多くのスターを誘致してきた。セリーヌ・ディオンのラスベガスの定期公演に合わせて建設されたもので、現在の年間の来場者数は40万人以上に及ぶ。シーザーズ・エンターテインメントは、世界5カ国で50ヶ所以上のライブ会場を運営し、年間1万件以上のイベントを開催。300万枚以上のチケットを売り上げている。 工事は7月初旬にも開始し、初秋のリニューアルオープンを予定している。 投稿 シーザーズ、ラスベガスのコロセウムを大規模リニューアル 今秋オープン は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

【電気グルーヴ】石野卓球「許してニャン」でピエール瀧と東欧移住計画 - 04月24日(水)06:58  mnewsplus

「マジアマチュア!」  DJイベント終了後、「電気グルーヴ」の石野卓球(51)は、新聞各社の配信した写真のピントが合っていないと、自身のツイッターでこうボヤいた。しかし石野さん、写写丸はちゃんとピントを合わせて撮っていましたよ!  冒頭の写真は、4月17日17時30分ごろ、イベント出演のために都内のライブハウスに入る石野。サングラスをかけ、満面の笑みを浮かべている。  ちなみに、「ガッツポーズじゃないよ!許してニャン!なのに!」(石野のツイート)だそうである。  石野は、麻薬取締法違反罪で起訴されたピ...
»続きを読む
カテゴリー:

「メインフロア」の画像

もっと見る

「メインフロア」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる