「ミュージシャン」とは?

関連ニュース

【芸能】モーリー・ロバートソン氏、大麻合法化を改めて主張「メリットのほうが圧倒的に多い」「大麻取締法は時代遅れ」★2 - 09月19日(日)17:52  mnewsplus

https://sirabee.com/2021/09/19/20162663564/ ジャーナリスト・ミュージシャンなどマルチに活躍するモーリー・ロバートソン氏が、19日に自身公式ツイッターを相次いで更新。かねてからの持論である大麻合法化を改めて主張した。 モーリー氏はこの日、日本が大麻解禁を検討し始めたというネット記事を引用。「今や世論を動かすほどにメジャー化した自分が申しますが」とまずは自身の影響力を念頭に入れ、前置きとする。 続けて、「日本で大麻を合法化した方がいいと思います」と従来の持論である大麻の合法化を改めて主張。「大麻...
»続きを読む
カテゴリー:

故ウ・ヘミさん、突然の別れから2年…いつまでも人.. - 09月19日(日)11:50 

故ウ・ヘミさん、突然の別れから2年…いつまでも人々に記憶されるミュージシャン
カテゴリー:

【音楽】全英アルバム・チャート、マニック・ストリート・プリーチャーズが23年ぶりの1位 - 09月18日(土)16:50  mnewsplus

https://www.barks.jp/news/?id=1000208122 今週のUKアルバム・チャートは、マニック・ストリート・プリーチャーズの14枚目のスタジオ・アルバム『The Ultra Vivid Lament』が初登場で1位に輝いた。彼らのアルバムが全英1位を獲得するのは、『This Is My Truth Tell Me Yours』(1998年)以来23年ぶり、2作目となった。 2位には僅差で、英国のポップ・グループ、ステップスの新作『What the Future Holds Pt. 2』がチャート・イン。マニック・ストリート・プリーチャーズとステップスは1998年にもチャート・バトルを繰り広げ、『This...
»続きを読む
カテゴリー:

小山田圭吾「アイドル的なイメージを変えるため」といじめ釈明も…世間は拒絶 復帰は“イバラの道” - 09月18日(土)15:00 

 過去のいじめ行為で東京オリンピック開会式の楽曲制作担当を辞任したミュージシャン、小山田圭吾(52)。発売中の『週刊文春』のインタビュー取材に応じ、1994年発売の雑誌などに語ったいじめについて“釈明”しているが、世間の受け止め方はかなり厳しいようだ。
カテゴリー:

黒人「ギャーッッ、大手ブランドが黒人文化の「腰パン」を勝手に商品にしてる!!」 TikTokに告発動画が投稿、全米で論争に - 09月18日(土)09:25  poverty

バレンシアガの「腰ばき」風スウェット、人種差別的だと批判浴びる ズボンを「腰ばき」して下着を見せる着こなしは、1990〜2000年代に人気だった スペインの高級ファッションブランド「バレンシアガ」が発売したスウェットパンツが、黒人文化を盗用したとして批判を浴びている。 問題となっているスウェットパンツは、腰部分からボクサーショーツが見える、いわゆる「腰ばき」風のデザインで、 ヒップホップ・ミュージシャンの着こなしから人気になったスタイルを模している。価格は1190ドル(約13万円)。 このスウ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】モーリー・ロバートソン氏、大麻合法化を改めて主張 「メリットのほうが圧倒的に多い」「大麻取締法は時代遅れ」 - 09月19日(日)16:29  mnewsplus

https://sirabee.com/2021/09/19/20162663564/ ジャーナリスト・ミュージシャンなどマルチに活躍するモーリー・ロバートソン氏が、19日に自身公式ツイッターを相次いで更新。かねてからの持論である大麻合法化を改めて主張した。 モーリー氏はこの日、日本が大麻解禁を検討し始めたというネット記事を引用。「今や世論を動かすほどにメジャー化した自分が申しますが」とまずは自身の影響力を念頭に入れ、前置きとする。 続けて、「日本で大麻を合法化した方がいいと思います」と従来の持論である大麻の合法化を改めて主張。「大麻...
»続きを読む
カテゴリー:

岡崎体育「アーティストがSNSをやって自己アピールするのは当然」 | ananweb - マガジンハウス - 09月18日(土)23:10 

岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「SNS」です。以前に「SNSからメジャーへ」というお題でお話をさせていただいたことがあると思います。その時も“SNS生まれのアーティスト”とくくるのはナンセンスだと思う、と話をしました。今、アーティストがSNSをやって自己アピールするのは当然のこと。誰しもがSNS発信をする時代です。僕自身もYouTubeでMVがバズって注目を集めたタイプのミュージシャンですし、TwitterやInstagramなどのSNSを活用して、自分の活動のひとつの支柱としてきました。しかし、最近は、そろそろもうそれに頼りすぎなくてもいいのではないか? と思い始めてきています。そう思うのは、今、ネットカルチャーの中心にいるのは、僕より若い世代の方々だと思うからです。10代、20代が中心だということは何も悪いことではないと思います。新しいものをどんどん吸収したいと思うのは当然のことですし、TwitterやYouTubeよりTikTokが流行の発信地になっていることもそうですし、みんなが関心あるのは、まだ流行ってない、これから流行るもの。TikTokはそういう意味では、自分の興味あるものだけでなく、なんでもザッピングしながら、手軽にいま面白そうなものをキャッチアップすることができる。トレンド感のあるものが、良くも悪くも凝縮されている場だと思います。そこ...more
カテゴリー:

スピッツってゆうミュージシャンのスレに「どれ聞いても同じ曲に聞こえて見分けつかん」って書いたら罵詈雑言を浴びせられた - 09月18日(土)16:40  news4vip

ラジオでスピッツ特集みたいな企画で一日中スピッツ流れてたけどまじで全部同じ曲に聞こえたのに ...
»続きを読む
カテゴリー:

パリで「日本の祭り」テーマの舞台公演 辻仁成さんが楽曲披露 - 09月18日(土)10:07 

新型コロナウイルスの影響が続く中、フランスのパリでは日本の祭りをテーマにした舞台の公演が行われ、作家でミュージシャンの辻仁成さんなどが楽曲などを披露しました。
カテゴリー:

SOUL'd OUT+1 - 09月18日(土)08:39  poverty

ヒップホップグループSOUL'd OUT(ソウルドアウト)の元メンバーでミュージシャンのShinnosukeが17日、ツイッターを更新し、新型コロナウイルスによる肺炎で「中等症1」と診断されて入院していたことを明かした。 Shinnosukeは長文をアップし、新型コロナウイルスによる肺炎を8月31日に発症し、今月7日から入院していたと報告。「中等症1」と診断され、感染経路については不明だとした。 仕事関係者がコロナによる肺炎で亡くなっていたことから、「自分もいつ死ぬのか」と不安だったというが、「点滴治療と酸素チューブのお陰で少...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる