「ミャンマー」とは?

関連ニュース

小中高生を対象に学生団体GYIsがオンラインSDGs学習支援の第3回参加者を募集開始。 - 06月02日(火)16:21 

小中高生を対象に学生団体GYIsがオンラインSDGs学習支援の第3回参加者を募集開始。SDGsに関する個別面談・講義やSDGsカードゲームXを使ったワークショップ、イノベーション創出方法までを無償提供   金沢工業大学の学生団体「SDGs Global Youth Innovators(GYIs)」は、新型コロナウイルスの影響を受けて学習環境が変化している全国の小中高生向けを対象に、SDGs(※1)に関する学習支援を無償で提供します。7月中には、学習支援の参加者が実践したSDGsアクション(SDGsの17の目標を意識した活動)と学びを共有しあうための発表会を実施する予定です。   今回のSDGs学習支援は3月に募集が行われた第1回、4月に募集が行われた第2回に続く、第3回目の支援となります。   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国の多くの小・中・高等学校が休校となり、例年とは学習の仕方が大きく変わっています。これに対して、GYIsは、金沢工業大学で受けたSDGsに関する専門教育や、スタンフォード流イノベーション教育(※2)の成果などを活かし、小中高生に対するSDGs学習機会の提供、SDGsアクションの実施に関する相談窓口の設置などをオンライン上で行います。   また、金沢工業大学とGYIsは、オンライン上での発表会を7月中に実施します...more
カテゴリー:

ジンコソーラーはモジュールへの予測、寸法ではなく、技術が主流に - 06月01日(月)14:00 

ジンコソーラー(NYSE:JKS)の銭晶副会長、周超傑経営部長、「Tiger Pro」製品責任者劉暁穎が中国エネルギーセルフメディアである「エネルギーナンバーワン」に5月21日に取材された。5月23日の掲載によると、ジンコソーラー「Tiger Pro」がTR技術を採用された。同技術はジンコソーラー R&D部門が独自に開発した円形リボンを使用し、光吸収の再利用と出力の増加を達成する技術である。アラブ首長国連邦(UAE)・アブダビ首長国のAbu Dhabi Power(アブダビ電力)は、同国内での太陽光発電電力に関する入札で、1.35米セント/kWhで落札され、世界最安の売電単価を更新した。開発者と投資家はLCOE(均等化発電コスト)下げと決めた。「Cheetah」シリーズの158から、ジンコソーラーは大寸法をもって出力向上していた。しかし、サイズは無限に拡大できないので、技術的に効率向上の必要がある。ジンコソーラーの580WTiger Proが自社のTR技術を採用して、従来の溶接技術を改善し、セルの重ね合わせを実現した。セルの隙間をなくさせ、面積を最大限に利用して高エネルギー密度化を実現した。銭晶副社長は「今までには、出力500W超ソーラーパネルを製造できるメーカーは4社以上あります。ジンコソーラーが発売した「Tiger Pro」は技術先端の商品です。」と表明した。ジンコソーラー(J...more
カテゴリー:

【主張】ロヒンギャ難民 「感染弱者」を放置するな - 06月01日(月)05:00 

 ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが暮らす隣国バングラデシュの難民キャンプで、新型コロナウイルスの感染者が確認された。
カテゴリー:

お客様がシャンプーをご使用されたおかげで年間推計約400トンもの水が浄化されることに! ~摂南大学・尾山博士が水質浄化効果を確認~ - 05月29日(金)18:00 

正真正銘自分の髪 リーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下「リーブ21」)は、SDGs活動の一環として、摂南大学(大阪府寝屋川市)の尾山博士に委託した機能評価実験の結果により、リーブ21が販売している既存のシャンプー剤にも水質浄化効果が確認されました。リーブ21は、2019年から開発途上国の課題解決に貢献し得るビジネスモデル検討の一環として、カンボジア・バッタンバン州の女性39名の毛髪分析を独自調査した結果、日本の安全レベルに対して、平均約6.6倍の重金属濃度が検出されました。リーブ21は、深刻な水質汚染に悩む開発途上国の環境負荷を軽減するため、水質浄化作用のあるモリンガ(東南アジア、アフリカ、アメリカなど熱帯・亜熱帯地域に自生する植物)を使った商品開発に着目し、持続可能なビジネスの可能性調査を開始しました。これには、摂南大学・尾山博士の研究論文「ワサビノキ(モリンガ)の種子・葉に含まれる有用成分とその多目的利用」(2016年)が参考となっています。2020年4月21日、尾山博士の簡易分析の結果から、既存のシャンプー剤(図:A)にも水質浄化効果が確認されました。このシャンプー剤は以前から販売している定番の商品であり、その水質浄化は年間約400トンの生活排水に影響したと推計されます。(推計根拠:シャンプー剤の年間販売総量×シャンプー剤の約20倍の水質浄化効果)...more
カテゴリー:

【朗報】政府「マスク7億で発注したで😔」業者「ファッ!?51億もろとるで?」 - 05月29日(金)11:48  livejupiter

縫製大手のマツオカコーポレーション(広島県福山市)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府から要請を受けて生産した布製マスクの売上高が約51億円に上る見込みだと発表した。 2021年3月期連結決算に計上する。投資家向け情報として開示した。 中国とミャンマーの自社工場で、既存の設備や従業員を活用して4、5月に生産。 契約先と納入先は共に厚生労働省で、生産枚数や受注の経緯について広報担当者は「個別の契約内容になるので答えられない」と話した。 21年3月期の連結業績予想は新型コロナの影響が見通せず未定...
»続きを読む
カテゴリー:

ジンコソーラー、6年連続でPVEL/DNV GLの信頼性スコアカード「ベストパフォーマンス」を獲得 - 06月02日(火)16:00 

2020年5月29日、ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、PVELとDNV GLが共同で発表した2020年ソーラーパネル信頼性スコアカード「ベストパフォーマンス」を獲得したと発表した。これは2014年以来、世界で6年連続トップ評価を獲得した2つの企業の一つである。ソーラーパネル信頼性スコアカードは、信頼性と性能によってソーラーパネルメーカーをランキングすることである。業界で最も全面的なソーラーパネルの信頼性テストと見なされる。そのテストはPVELの製品認証計画(PQP)の一部である。2019年のに比べて、今年のテスト基準はさらに高くされた。ジンコソーラーCEOの陳康平は、「ジンコソーラーは6年連続でPVELソーラーパネルの信頼性スコアカード「ベストパフォーマンス」を獲得したことは、高品質のソーラーパネルへの研究開発領域への承諾である。お客様が高効率、長期信頼性と高収益のある製品に目を向け、グローバル市場は高品質のソーラーパネルへの要求は高くなると信じています。」と話した。ジンコソーラーの新たな製品展開の計画について、銭晶副会長は中国メディアの取材を受けた時に、「技術上のあらゆる問題を解決するのは少なくとも一年間が必要です。商業界という主流市場では、ジンコソーラーはまだ途中です。」と述べった。ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)についてジンコソ...more
カテゴリー:

ヤンゴン日本人学校の小学生へ「フライングプラネタリウムで星の授業」 -星つむぎの村 - 06月01日(月)11:00 

「星を介して人と人をつなぎ、ともに幸せを作ろう」をミッションに、プラネタリウム、星空観望会、星や宇宙に関するワークショップなどを展開している一般社団法人 星つむぎの村(山梨県北杜市、代表理事:跡部 浩一/高橋 真理子、以下 星つむぎの村)は、新型コロナウィルス感染症により学習の機会が減っている子どもたちに、豊かな時間を過ごしてもらうために、教育委員会単位や学校単位での「フライングプラネタリウム」を行っています。このたび、ミャンマーのヤンゴン日本人学校からの依頼に応じて、国内各地や現地(ヤンゴン)にいる小学校4年生(約15名)に向けて、以下の日程で実施します。国外にいる児童も含まれる日本人学校にプラネタリウムを配信するのは今回がはじめてです。今回は、ZOOMによるオンライン授業の一環として、画面共有によってプラネタリウムを提供します。主に小学校4年生の理科の学習内容が視覚的に学べるようにします。児童からの質問にも答えながらの投影となります。※フライングプラネタリウムは、星つむぎの村の登録商標です。<日程>6月2日(火)12:10~12:40(オンラインの時間は、30分間)<参加児童>15人程度(ヤンゴン5人、ほかは、北海道・札幌、栃木、茨城、東京、埼玉、京都、福岡など)<「フライングプラネタリウム」概要>もともと在宅で療養をされている方、お家から外に出ることが難しい方、そうしたみなさ...more
カテゴリー:

スーチー氏が選ぶ手作りマスク 2万人頂点に在京の男性 - 05月30日(土)19:00 

 ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問が、新型コロナウイルスの感染防止対策として「手作りマスクコンテスト」をフェイスブック(FB)で呼びかけたところ、内外から約2万1千人が応募した。24日には、スー…
カテゴリー:

阪急阪神エクスプレス/ミャンマー法人が本社移転 - 05月29日(金)17:51 

阪急阪神エクスプレスは5月29日、ミャンマー現地法人の阪急阪神エクスプレス(ミャンマー)がヤンゴン本社を移転すると発表した。 移転先での業務開始日は6月1日。 ■移転先 住所:No.499/A, Room No.4C, […]
カテゴリー:

【消えた43億円】国「マツオカには7億6千万でマスク契約した」マツオカ「アベノマスクで51億の売上!」「差には答えられない!」 - 05月29日(金)10:29  poverty

アベノマスク売上高は51億円、納入業者の1社発表 [2020年05月27日20時07分] 縫製大手のマツオカコーポレーション(広島県福山市)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府から要請を受けて生産した布製マスクの売上高が約51億円に上る見込みだと発表した。 2021年3月期連結決算に計上する。投資家向け情報として開示した。 中国とミャンマーの自社工場で、既存の設備や従業員を活用して4、5月に生産。 契約先と納入先は共に厚生労働省で、生産枚数や受注の経緯について広報担当者は「個別の契約内容になるので答えられ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ミャンマー」の画像

もっと見る

「ミャンマー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる