「ミャンマー」とは?

関連ニュース

47歳で“筋電義手”と出会い人生激変。自身の経験を記事で発信「可能性を多くの人に伝えたい」 - 09月19日(木)16:53 

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。今回、修造がやってきたのは、朝日新聞の横浜支局。そこで働いていたのは記者の岩堀滋さんだ。岩堀さんは生まれつき、右腕の先が欠損しているのだが、その部分には義手が装着されている。©テレビ朝日この義手は「筋電義手」といって、自らの意思で手を動かせるようになっているのだ。人間が筋肉を動かそうとするときに発する電気信号を、義手の電極が読み取るため、指を開いたり、閉じたり、自由自在に動かすことができる。©テレビ朝日岩堀さんは、47歳の時に初めて筋電義手と出会い、人生が大きく変わったという。最も感動したのは、かつ丼を手にとって食べたことだそうだ。「どんぶりを、義手の指で挟んで持てるんです。今までは、体を使ってのせるだけでしたが、かつ丼を手にとって、かきこんだときは涙が止まりませんでした」(岩堀さん)©テレビ朝日◆自身の経験を記事で発信しかし、この筋電義手は認知度がとても低く、岩堀さんが知ったのも、わずか3年前のことだった。公的補助が受けられれば3万円台で購入できるものの、訓練施設が非常に少ないため、岩堀さんは、障がい者に注目が集まる2020年をチャンスととらえ、筋...more
カテゴリー:

【PHOTO】元2NE1のDARA&B1A4 サンドゥル&MOMOLA.. - 09月19日(木)11:04 

【PHOTO】元2NE1のDARA&B1A4 サンドゥル&MOMOLAND ジュイら、撮影を終えてミャンマーから帰国
カテゴリー:

辞書ひとつで人生を変えようとする若者… 「中国依存」進むカンボジアの“今”を考える - 09月18日(水)20:20 

 この夏も例年のようにカンボジアを訪れた。カンボジアは、内戦が長く続き、教育と社会インフラが破壊された。長年、日本も多くの支援を行ってきたが、近年は、対中国依存が顕著で、中国系の人とカネの流れが加速し、インフラも中国資本が入り、あげく中国系のカジノも出来ている。ただ、今年6月にカンボジア南部で建設中のシアヌークタワーが倒壊する事故が起きた。中国が建てた建物だが、多くのカンボジア人が犠牲となった。国内では「対中依存でいいのか」「民族の誇りはどうなるか」と気付き始め、再び日本への期待も高まっている。参院議員時代にはカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5カ国との交流を図る「日本・メコン地域友好議員連盟」(メコン議連)の立ち上げ事務局長として交流活動を続けてきた。人口減少の日本において、経済成長の可能性を秘めるこの地域との関係性は重要だと提言を続けた。
カテゴリー:

【速報】特定技能ビザ【外食業】当社で初めての認定 - 09月18日(水)10:00 

外国人材サービスを運営するゴールデンロックグループ株式会社(本社:奈良県奈良市https://goldenrock.jp/)は、今年4月に国内で行われた外食業特定技能1号技能測定試験の受験サポートをミャンマー人留学生を対象に行っておりましたが、その合格者のビザ取得の取次を行い2019年9月17日、2名に対して弊社初めての許可を受けました。
カテゴリー:

【経営者目線】辞書ひとつで人生を変えようとする若者… 「中国依存」進むカンボジアの“今”を考える - 09月18日(水)06:30 

 この夏も例年のようにカンボジアを訪れた。カンボジアは、内戦が長く続き、教育と社会インフラが破壊された。長年、日本も多くの支援を行ってきたが、近年は、対中国依存が顕著で、中国系の人とカネの流れが加速し、インフラも中国資本が入り、あげく中国系のカジノも出来ている。ただ、今年6月にカンボジア南部で建設中のシアヌークタワーが倒壊する事故が起きた。中国が建てた建物だが、多くのカンボジア人が犠牲となった。国内では「対中依存でいいのか」「民族の誇りはどうなるか」と気付き始め、再び日本への期待も高まっている。参院議員時代にはカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5カ国との交流を図る「日本・メコン地域友好議員連盟」(メコン議連)の立ち上げ事務局長として交流活動を続けてきた。人口減少の日本において、経済成長の可能性を秘めるこの地域との関係性は重要だと提言を続けた。
カテゴリー:

【サッカー】<ファルカンはなぜ更迭されたのか?>25年前から変わらない日本サッカーのスタンダード。森保監督のメンバー選考かっかり - 09月19日(木)11:31  mnewsplus

がっかりさせられること、残念に思うことが他の人に比べて多いのか少ないのかよく分からないが、少なくともサッカーに関しては多いほうだと思う。世の中の反応が優し過ぎるように見えることがしばしばあるからだ。なぜもっと声を大にして叫ぼうとしないのか。その反応の鈍さにもよくがっかりさせられる。    最近の一番の出来事は、森保監督のメンバー選考だ。ミャンマー戦に臨んだスタメンの顔ぶれを見て、さらにがっかりさせられることになった。弱小チーム相手にオールスターキャストを編成してどうする。その理由は何なのか。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾を裏切り中国を選んだソロモン諸島が陥る「債務の罠」 - 09月19日(木)05:00 

習近平政権による台湾への「嫌がらせ」行為が止まりません。16日には中国から巨額の援助をちらつかされたソロモン諸島が、台湾との断交、中国との国交樹立を決定しました。これまでも同様のケースは相次ぎましたが、中国に転んだ小国に待つのは「債務の罠」しかないとするのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、これまで中国に嵌められてきた国々そとの惨状を紹介。さらに「台湾重視」を強めるアメリカの政策を記すとともに、日本で法制化が求められている「日台交流基本法」についても紹介しています。 【台湾】台湾と断交したソロモンが陥る「債務の罠」 ● 台湾、ソロモンと断交 国交国16カ国に 呉外相「極めて遺憾」 ソロモン諸島が台湾と断交し、中国と国交を結ぶと宣言しました。各報道にもありますが、これで蔡英文政権になってから台湾と断交した国は6か国目です。以下、報道を一部引用します。 中華民国は1983年にソロモン諸島と国交を樹立。ソロモンは台湾が外交関係を有する太平洋の国のうち、面積(2万8,450平方キロメートル)、人口(約60万人)ともに最大だった。残る太平洋の国交国はキリバス、マーシャル諸島、ナウル、パラオ、ツバルの5カ国。 これで台湾と外交関係のある国は16か国となりました。蔡英文総統は、このことに関して以下のような声明を出...more
カテゴリー:

アジア「巨大十字路」の正体に 香港デモの表と裏...総力取材!:未来世紀ジパング - 09月18日(水)10:42 

9月18日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、いよいよ最終回! 90分の拡大版でおくる。急成長する東南アジア経済から、アフリカが直面しているエネルギー問題など、世界で起きている最新事情を総力取材。想像を超えるスピードで変化する世界で、日本が直面する近未来を予測する。アジアの消費を狙え!日本企業の挑戦親日国として知られるベトナムには、現在約2000社の日系企業が進出。特に最近は、米中の貿易摩擦の影響で、生産拠点を中国から移管する企業が増えている。そんな日系企業からの依頼が急増しているのが、物流大手の「日本通運」。番組が取材した5年前から、将来に備え、東南アジア各国の物流ルートの調査を続けてきた。そして今、悲願だった新たなルートが完成。これまでは、船便で首都・ハノイからタイまでを周回し、2週間かかっていた行程を、陸送で3泊4日で運ぶことが可能に。これを実現したのがインドシナ半島を横断する「東西経済回廊」。この大動脈が繋がったことで、東南アジア間の陸上輸送体制が整った。番組は、総距離1500キロにも及ぶ東西ルートでの輸送トラックに同行。東南アジアのインフラの発展ぶりを目の当たりにする。ベトナム国内は南北を貫く高速道路が整備され、かつて煩雑だったラオスでの通関手続は大幅に短縮。2015年に発足した東南アジア10カ国のASEAN経済共同体により、人や物の自...more
カテゴリー:

【サッカー】<スペインの名伯楽が気になった 日本代表5人>久保建英らを高評価!「着実に世代交代が進んでいる」 - 09月18日(水)08:57  mnewsplus

「日本代表は着実に世代交代が進んでいる。ロシアワールドカップから半分以上の選手が入れ替わり、チームとしてアップデートされた。たとえば橋本拳人(FC東京)は長谷部誠(フランクフルト)の後を継いでいるし、遠藤航(シュツットガルト)も控えている状況だ」 ミケル・エチャリの見たミャンマー戦  スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(73歳)はそう言って、森保一監督が率いる日本代表について高い評価を与えている。  エチャリはスペイン代表として活躍したホセバ・エチェベリア、フランシスコ・デ・ペドロ、シャビ・アロ...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国でもアフリカ豚コレラ発生、豚肉製品持ち込みを厳罰対象に - 09月18日(水)00:00 

台湾のアフリカ豚コレラ中央災害対策センターは17日午後1時をもって、韓国からの渡航客による豚肉製品の持ち込みを厳罰対象に加えた。韓国でもアフリカ豚コレラの発生が確認されたことを受けたもの。   台湾桃園国際空港(台湾北部・桃園市)では、韓国からの渡航者全員を手荷物検査の対象に加えた。これらの渡航者の荷物から豚肉製品が発見された場合、初回の摘発で20万台湾元(約70万日本円)、2回目以降は100万台湾元(約350万日本円)の過料を科す。外国人渡航者が過料の支払いを拒否した場合、その身柄を移民署(日本の入国管理局に相当)に引き渡し、入国を拒否する。これにより、東北アジアでアフリカ豚コレラの発生が確認されていないのは日本を残すのみとなった。   アフリカ豚コレラ中央災害対策センターの公式サイトによると、台湾桃園国際空港ではすでにアフリカ豚コレラの発生が確認された、あるいはその周辺の国や地域を「高リスク地域」とみなし、X線検査装置を使った手荷物検査の対象としている。当初対象となっていたのは中国、香港、マカオ、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、タイ、北朝鮮、韓国、ロシア、フィリピンの12カ国・地域。今月6日にマレーシア、シンガポール、インドネシア、ブルネイの4カ国が、17日に韓国がこれに加えられた。   台湾桃園国際空港では現在、行政院農業委員會動植物防...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ミャンマー」の画像

もっと見る

「ミャンマー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる