「マーケットプレイス」とは?

関連ニュース

古いメディア大企業が次なる策としてVCに目を向け始めた - 09月20日(木)12:00 

ウェブ1.0とウェブ2.0の時代は、世界の大きなメディアコングロマリットにとって優しいものではなかった。それまでのビジネスモデルに疑問符がつくようになり、コンテンツ消費する全く新しいカテゴリーをつくり、オンライン上での購読や価格設定などでの競争を展開することになった。1990年代から2000年代はじめにかけてのメディア大企業の多くは、数十億ドルもの企業価値を持ったマーケットリーダーであったが、会社を発展させるための戦略としてスタートアップに積極的に投資するようになった。 コーポレートVCをするようになった従来のメディア企業には、はっきりとした2つの戦略がある。一つは、長年展開されてきた新聞の広告に取って代わり、消費者向けマーケットプレイスを多様化させるための投資だ。もう一つが、メディアを再形成するスタートアップの動きをいち早くとらえることを(初期の株取得も)狙った投資だ。 広告に代わり、マーケットプレイスに投資する ベルリン、ドイツ – 6月6日:2018 NOAH会議で話すAxel SpringerのCEO、Mathias Doepfner。この年次会議にはスタートアップのリーダーや起業家、投資家、メディアが参加した(写真: Michele Tantussi/Getty Images) 1990年代と2000年代初期にテックスタートアップによって新聞グループにもたらさ...more
カテゴリー:

Google Street ViewのライバルMapilleryは、Amazonと協力して3億5000万枚の画像DBからテキストを読み込んでいる - 09月15日(土)12:00 

スウェーデンのスタートアップMapillaryは、クラウドソーシングによるストリート映像を使うことで、Googleやその他の企業たちに世界の地図化で対抗することを狙う企業だ。そのMapillaryがこのたび、そのプラットホームの開発の中で興味深い一歩を踏み出した。同社は現在、Amazonと協力し、特にそのRekognition APIを使って、Mapillaryの3億5000万枚の画像データの中から、テキストを検出し読み込もうとしている。 新機能の最初のアプリケーションは、米国の大都市(まだどの都市かは発表されていない)で使えるもので、路上のパーキングサイン(路上駐車の条件を表す標識)から「読み取れる」情報を用いて、パーキングアプリを開発する予定だ。 https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2018/09/Mapillary_Amazon-Video-illustration.mp4   「路上駐車はとても関心が高く、路上駐車情報はMapillaryを使う人たちがもっとも求めているデータの1つなのです」と語るのはスウェーデンのマルモに拠点を置くMapillaryの、CEO兼共同創業者であるJan Erik Solemだ。彼は、路上駐車アプリは最初のアプリケーションであり、他の都市にも採用されることも期待されるが、やがてMapi...more
カテゴリー:

マーケットプレイス コンサルタント ディレクター 赤塚 保則が「EC商機創造フォーラム 第2回セミナー」にて越境ECを用いた販路拡大について講演 - 09月13日(木)10:00 

[Inagora株式会社]  インアゴーラは、日本企業が国内外のEコマース市場により簡単に参入できる環境づくりを追求し、中国消費者向けの越境ECを始めとする様々な事業を展開しています。主力サービスである中国消費者向けの越境EC事業...
カテゴリー:

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」全国各地の魅力ある街を巡り、その地の人々とともに“市(いち)”を開催「Creema Craft Caravan」第5弾は福島県福島市 - 09月10日(月)11:15 

[株式会社クリーマ] [画像1: https://prtimes.jp/i/18086/59/resize/d18086-59-804154-1.jpg ] 第5弾は、会津塗、白河だるま、和紙などの工芸品を送り出してきた福島県を舞台に開催 クリーマは、「本当にいいものが埋もれてしま...
カテゴリー:

写真素材などのマーケットプレイス「PIXTA」 機械学習用の画像データ提供サービスを開始 - 09月07日(金)12:00 

ピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣 大介、東証マザーズ:3416)が運営する、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」( https://pixta.jp )は、企業におけるAI活用の増大と、それに伴う機械学習の性能向上のために必要な学習用画像データの入手ルートが不足している背景を受け、2018年9月7日より、企業に対し、機械学習用の画像データ提供サービスを開始いたします。 画像1: h...
カテゴリー:

クリーマ 新業態「暮らしとクリーマ」を出店 - 09月18日(火)06:26 

 ハンドメイドマーケットプレイス「クリーマ」を運営するクリーマは14日、二子玉川ライズ・ショッピングセンター1階に、新業態「暮らしとクリーマ」を14日オープンした。 常設実店舗は、ルミネ新宿店の「クリーマストア」に...
カテゴリー:

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」、初のファッション・ライフスタイルのムック本 好きなものに囲まれた暮らし『Creema Handmade Style Book』 本日発売 - 09月13日(木)10:30 

[株式会社クリーマ] [画像1: https://prtimes.jp/i/18086/60/resize/d18086-60-538300-5.jpg ] Creema人気作家の制作秘話や愛用品、アイデアの源泉など、本誌でしか見られない内容が満載  一つひとつ丁寧に作られたハンドメイ...
カテゴリー:

ZendeskがBaseを買収してCRMに拡大 - 09月11日(火)12:37 

これまでZendeskは、ほとんど顧客サービスのシナリオだけに専念してきたが、どうやら最早それだけでは十分ではないようだ。インタラクションの背後にいる顧客を本当に知りたいのならば、顧客サービスコンポーネントと一緒に働く顧客記録システムを必要とする。その必要性を満たすためにZendeskはBaseの買収を発表した。Baseは既に5000万ドル以上を調達してきたスタートアップである。 両社は購入価格を公表しなかったが、Zendeskはこの買収は収益に大きな影響を与えない筈だと公表している。 CRMの世界でBaseは、Salesforce、Microsoft、またはOracleのようには知られた存在ではないだろう。同社は、独自の人工知能基盤を備えた、洗練された営業自動化プラトッフォームを構築した。CEOのUzi Shmiloviciは、営業パーソンに対して成功に向けての意味のある助言を行うためのAIを2016年にリリースした際に、同社のAIはより余裕のある競合相手たちに十分対抗できると主張した。 Zendesk CEOのMikkel Svane(冒頭の写真)は、もちろん彼のプラットフォームにBaseのような会社を追加することに価値を見出している。「Zendeskが既に顧客サービスのために行ってきたことを、営業活動のために提供したいと思っています。つまり営業パーソンと彼らが相手にしている人...more
カテゴリー:

ストックフォト「PIXTA」、機械学習向けの画像納品サービス--素材3500万点から選定 - 09月07日(金)16:31 

ピクスタは、同社が運営する写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA」において、企業向けに機械学習用の画像データ提供サービスを開始したと発表した。
カテゴリー:

「マーケットプレイス」の画像

もっと見る

「マーケットプレイス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる