「マリファナ」とは?

関連ニュース

なぜ日本は「アンチ大麻」になったのか――“解禁”されたアメリカとの大きな違い - 12月02日(月)17:00 

「マリファナって本当に悪いの?」日本では違法薬物とされるマリファナだが、世界各国では合法化が進んでいる。その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『真面目にマリファナの話をしよう』より「日本のこと」を公…
カテゴリー:

合法ハーブ吸ってたけど質問ある? - 11月30日(土)02:22  livejupiter

ハーブ、マリファナ、眠剤以外はした事ないのでお答えできませんよー ...
»続きを読む
カテゴリー:

麻薬って色々あるけど、お前らって違いわかる?わかんねえよな?俺もわかんねえ、ヘロインとか大麻とかLSDとかMDMAとかマリファナとか - 11月24日(日)22:15  news4vip

大雑把に麻薬は駄目!!とかじゃなくて 具体的な説明もちゃんと聞きたい訳よ、こっちは 知っておかないと、どんなに危ない物かわからないじゃん?なあ ...
»続きを読む
カテゴリー:

杉村太蔵、沢尻エリカ容疑者の復帰論への異議は「いささかも変わらない。テレビの復帰は一発アウトときちっと示すべき」 - 11月24日(日)11:25  mnewsplus

元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が24日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演した。 先週放送の同番組で合成麻薬MDMAを所持したとして警視庁が16日、麻薬取締法違反の疑いで女優の沢尻エリカ容疑者(33)の復帰論について異議を唱え、ネット上で大きな反響を呼んでいることを受け、再び持論を展開した。 17日に放送された同番組で、沢尻容疑者についてMCの「爆笑問題」太田光(54)が「覚せい剤とマリファナとMDMAと、どのぐらいやめられる。中毒性とかでいうと沢尻さん...
»続きを読む
カテゴリー:

「薬物の恐ろしさを伝えるために」相次ぐ著名人の逮捕、NHKがあの番組を再放送する理由 - 11月22日(金)16:41 

11月27日(水)の午後10時50分から再放送される「ねぽるんはほりん」のは、2016年10月に放送された回。「元薬物中毒者」として、13歳で始めたマリファナをきっかけに、そして20歳から覚醒剤の濫用をはじめ、重度な依存症となったという女性が半生を語る。View Entire Post ›
カテゴリー:

大麻合法化法案、米史上初めて下院委員会で承認される - 12月01日(日)14:40 

アメリカ下院議会司法委員会は現地時間11月20日、大麻禁止に終止符を打つ新法案を承認した。マリファナ合法化法案が議会委員会で承認されたのは、今回が初めてとなる。「大麻機会への再投資および規制対象除外法案」、いわゆるMORE法案は、賛成24票・・・
カテゴリー:

カナダの17歳、リキッド加熱式電子タバコの使用が原因の閉塞性細気管支炎とみられる初の症例 - 11月28日(木)07:00 

headless曰く、 リキッド加熱式電子タバコの使用が原因の閉塞性細気管支炎とみられるカナダでの症例がCMAJで報告されている(CMAJ誌掲載論文、SlashGear)。 17歳の男性患者は1週間ほど続いた咳や呼吸困難、発熱などの症状を訴えて来院。当初は肺炎と診断され、抗生物質の処方を受けて帰宅したが、症状が悪化して5日後に入院することになる。一時は挿管が必要なまでに重症化したものの、副腎皮質ホルモンの投与で症状は改善し、47日後に退院した。検査の結果、感染性ではない急性の炎症が確認されており、初期の閉塞性細気管支炎とみられている。 患者は喫煙しないが、「dew mountain」「green apple」「cotton candy」といったフレーバーのリキッドをカナダのオンラインストアで購入し、過去5か月間毎日使用していたという。リキッドにはいつもTHC(テトラヒドロカンナビノール)を加えていたといい、時折水ギセルによるマリファナ吸引もしていたそうだ。使用済みカートリッジは既に廃棄されていて検査できないが、家族によると使用頻度は高く、深く吸い込んでいたとのこと。 閉塞性細気管支炎は電子レンジで作るポップコーンの工場で働く人の症例が多く、「ポップコーン肺」とも呼ばれる。ポップコーン肺の原因は合成バターの風味付けに用いられるジアセチルで、甘い香りの電子タバコ用リキッドの多くに含ま...more
カテゴリー:

【続報】沢尻エリカと大麻インストラクターの「吸引現場写真」 - 11月24日(日)16:06  mnewsplus

セルヒオ氏のフェイスブックに掲載されていた写真。足元には大麻吸引器が写っている(現在は削除)  雲一つない青空の下、黒いタイル貼りの屋根の上で、日本人女性と外国人男性がリラックスして座っている。女性はトロンとした眼で愛おしそうに男性を見つめており、一見して他愛ないカップルの日常風景にしか見えない。  しかし、この女性が沢尻エリカで、男性の職業が“大麻インストラクター”となれば、話は変わる。しかも、2人の足下に写っているのは、「大麻吸引器」なのだ。  遡ること8年前、本誌・週刊ポスト2011年2月25日号...
»続きを読む
カテゴリー:

現役医師が警告。死亡のリスクあり、電子タバコに手を出すな - 11月22日(金)21:39 

かつてタバコが世界中で普及した理由は、ニコチンの強力な依存効果とタバコ会社の広告宣伝効果と断じるのは、メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で沖縄在住現役医師の徳田先生です。そして、現在、同様のことが電子タバコでも起こりつつあると警鐘を鳴らします。徳田先生は、2019年に入り若年者の間で奇妙な肺の病気がみられるようになり、死者も出ていると紹介。広告のターゲットにされている若者たちに重要なメッセージを送っています。 電子タバコに手を出すな。タバコが世界に広まった理由 私は自分自身の外来診療の中で禁煙外来診療も行っています。禁煙外来を私があえて行っている理由は、その価値が高いからです。タバコは、癌や動脈硬化症、慢性閉塞性肺疾患などの最大かつ最強の原因です。禁煙外来で禁煙に成功させる価値は、がん患者を治癒させるのとほぼ同じ程度の価値があるという試算も、医療経済学者が算出しているほどです。 こんなに体に悪いタバコがなぜここまで世界の人々に普及したのでしょうか。それは、ニコチンの強力な依存効果とタバコ会社による宣伝広告です。実際、1950年代のアメリカでは、健康のために医師もタバコを吸っています、などの広告がタバコ会社から発信されていました。 ちょうどその頃の沖縄では、米軍が配給として沖縄の人々にタバコをただで配っていました。健康に良いタバコを吸いましょう、との宣伝もあり、沖縄の人...more
カテゴリー:

アメリカの大麻合法化の最前線を追った本『真面目.. - 11月21日(木)23:00 

アメリカの大麻合法化の最前線を追った本『真面目にマリファナの話をしよう』を執筆したライター、佐久間裕美子が解説する「CBD」とは?
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「マリファナ」の画像

もっと見る

「マリファナ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる