「マラリア」とは?

関連ニュース

戦時中の子供 かえるを串刺しにして焼き塩をふって食べて「おいしい」と喜んでいた - 08月12日(水)11:49  poverty

かえるを串刺しにして焼き、塩をふって食べた (沖縄県大宜味村、平良啓子さん)  1945年4月に米軍が沖縄本島に上陸し、家族と山中を逃げ惑った。母はマラリアで動けず、食べる物もなくなった。 4歳の弟は栄養失調になり、痩せているのにおなかが膨れ始めていた。焼いたかえるを前に「汚い、怖い」と嫌がる弟。「死ぬよ」と脅して食べさせた。 「おいしい」と喜び、かえるを探すようになった弟の姿を見てうれしかったという。トンボやセミも捕まえて生き延びた。 https://www.topics.or.jp/articles/-/397937 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【Microsoft】ビル・ゲイツ氏「世界がコロナウイルスを封じ込めるのは2年半先」 ★2 - 08月11日(火)11:29  newsplus

マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスを封じ込めるのに成功するのは2年半先だと考えている。 『ワイアード』誌のインタビューでゲイツ氏は、「私にはこんな感覚がある、それは、私たちの豊かな世界は、基本的には新型コロナを2021年末までに克服するが、しかし、全体的にはこの問題が片付くのは2022年末となる」と語った。 ゲイツ氏によれば、この期間までにパンデミックを収束するためには、大きなイノベーションの発展が不可欠だという。 また、ゲイツ氏は、パンデミックは現実的にマラリアやポリオ、H...
»続きを読む
カテゴリー:

【衝撃】 12億年前はヒトとキノコの共通祖先が生きていました (ヽ´ん`)「えっ待って」 - 08月10日(月)03:03  poverty

◎動物、植物、菌類のあいだの系統関係 地球上の生物は、細菌(バクテリア)と真核生物という2大グループに分けられます。細菌には「真正細菌」と 「古細菌」という2つのグループがあり、古細菌に近い仲間から「真核生物」が進化したと考えられます。 動物、植物、菌類(キノコ、カビ、酵母)などが真核生物です。真核生物にはこのほかに、 ゾウリムシ(繊毛虫)、マラリア原虫(胞子虫)、ミドリムシ(鞭毛虫)など単細胞のさまざまな生物も 含まれますが、これらは「原生生物」と呼ばれています。ただし、原生生物は進化的に...
»続きを読む
カテゴリー:

<中共ウイルス>米亡命の中国人研究者、「中国高官は予防でヒドロキシクロロキンを服用」 - 08月03日(月)16:43 

米国に亡命した中国人ウイルス研究者、閆麗夢(えん れいむ)博士はこのほど、中国高官は中共肺炎(新型コロナウイルス感染症、COVID-19)の発症を予防するのに、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン(HCQ)」を服用していると明らかにした。
カテゴリー:

水木しげるさんが漫画で伝えたかったこととは?『池上彰の戦争を考えるSP』生放送 - 07月31日(金)15:22 

ジャーナリストの池上彰の冠番組『池上彰の戦争を考えるSP』(テレビ東京系)が、8月15日(土)12時30分から生放送される。第12弾となる今回は、「終戦75周年特別企画 ~ゲゲゲの鬼太郎が見た太平洋戦争~」と銘打ち、戦争と感染症について考える。今年は第二次世界大戦が終結して75年。未曽有の悲劇をもたらし、その後の日本を一変させた戦争の記憶は遠のくばかりだ。これまで、真珠湾攻撃、終戦秘話、沖縄戦、昭和天皇、マッカーサー、松岡洋右外相、原爆、特攻、独裁者など、様々なテーマで戦争を考えてきた。新型コロナウイルスが世界を席巻する今、私たちは感染症の恐ろしさを痛感している。そこで今回は、戦場で感染症が蔓延した時に起こる悲劇について考える。戦闘とは異なる、もうひとつの悲劇がそこにある。実は75年前のあの戦争では、マラリアや餓えで失った命が多くを占めていた。池上が八重山諸島へ行き、75年前の悲劇を伝える。まずは、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさん(1922~2015)が漫画で伝えたかったことに迫る。水木さんは、75年前、南太平洋の最前線でマラリアに感染し、生死をさまよった後、奇跡的に帰還を果たした。水木さんが戦後著した戦記漫画では、最前線ラバウルの出来事をある時はすさまじく、またある時はユニークに描写。戦場の過酷さと日本軍の理不尽さを世に知らしめた。池上が水木さんの仕事場であった調布を訪ね...more
カテゴリー:

【話題】 まさに 「死ぬほど暑い」・・・猛暑による死者数がウイルスなど感染症の死者数を超えるおそれ - 08月11日(火)12:04  newsplus

先日、全米経済研究所が発行した”Climate Impact Lab”に衝撃的な研究が掲載されました。 もしも世界がこのままのペースで温室効果ガスを排出し続けたら、猛暑による死者数が感染症死亡率に匹敵する恐れがあるそうです。 地球上で起きる異常気象の中で、もっとも危険なものが猛暑です。しかし高温が原因で亡くなる人の数は(他の大規模災害と比べると)それほど多くないため、 ハリケーンや竜巻ほどインパクトがなく、そこまで認識されていないのが現状です。 気温と死亡率の関係性をより明らかにするために、研究者チームは世界41...
»続きを読む
カテゴリー:

【Microsoft】ビル・ゲイツ氏「世界がコロナウイルスを封じ込めるのは2年半先」 - 08月11日(火)07:50  newsplus

マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスを封じ込めるのに成功するのは2年半先だと考えている。 『ワイアード』誌のインタビューでゲイツ氏は、「私にはこんな感覚がある、それは、私たちの豊かな世界は、基本的には新型コロナを2021年末までに克服するが、しかし、全体的にはこの問題が片付くのは2022年末となる」と語った。 ゲイツ氏によれば、この期間までにパンデミックを収束するためには、大きなイノベーションの発展が不可欠だという。 また、ゲイツ氏は、パンデミックは現実的にマラリアやポリオ...
»続きを読む
カテゴリー:

世界のニーム抽出市場ーソースタイプ別(種子エキス、葉エキス、樹皮エキス);アプリケーション別(医薬品、パーソナルケア、動物飼料、化学物質、肥料など)-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年 - 08月06日(木)16:00 

Research Nester Private Limitedは、世界のニーム抽出市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年8月 06日 に発刊しました。これは、世界のニーム抽出市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。世界のニーム抽出物市場は、化学薬品ベースの化粧品に代わる需要の増加、バイオベースの肥料や農薬の利用の増加、研究開発への投資の増加、アーユルヴェーダベースの治療法の好みの増加などの要因によって推進されています。特定の国への必要な植物の限定的な集中などの要因は、市場に挑戦をもたらすと予測されます。さらに、市場の拡大とニーム抽出物の適用の増加により、今後数年で市場機会が生まれます。バイオ農産物の需要の高まり世界のニーム抽出市場は、2016年から2024年までのCAGRが17.3%で、2024年までに2,862百万米ドルに達すると予測されています。研究開発の発展により、農産物に使用できるニーム抽出物のさまざまな用途が導入されています。これらの農産物はバイオベースで環境にやさしいです。これらの農産物はバイオベースで環境にやさしいです。増加する可処分所得と政府による農業イニシアチブは、予測期間中のニーム抽出物市場の成長を促進しました。さまざまな用途のニーム抽出物は、予測期間にわたって18.2%のCAGRを記録すると予想...more
カテゴリー:

虫刺されのスペシャリスト・夏秋先生が教える!この夏怖い虫 トップ5 - 08月01日(土)21:51 

兵庫医科大学 皮膚科学 准教授 【保健体育】 夏秋 優 先生 この夏、気をつけて欲しい虫トップ5◆第5位 アオバアリガタハネカクシ体長およそ7mm梅雨から増え始め、夏に活動のピークを迎えます。主に池や田んぼなど草や木の葉のしげる水辺に生息。暗くなると光に集まる習性があるので、夜窓を開けていると、家の中に飛んでくる可能性もあります。注意:アオバアリガタハネカクシに触れるのはNG   手で払ったり叩いたりすると虫の体液が付着します。   その体液には火傷のようにただれる、皮膚炎の症状を引き起こす「ペデリン」が含まれています。   この症状からヤケド虫とも呼ばれています。対処法:もし体に止まってしまったら、素手で触らないように、勢いよく吹き落としましょう。 ◆第4位 ブユ地域によってはブヨなどと呼びます。主に山の中に生息し、朝や夕方の薄暗い時間帯によく刺されます。大きさは、蚊より少し小さいもののギザギザの口で皮膚を傷つけて吸血患部から出血することもあります。対処法:対策としては、肌を露出しない。    専用の虫除けスプレーを使う、などが一般的ですが、    太陽が苦手なため明るい色を嫌う性質がありますので、明るい服を着るのも効果的。    アウトドアなどの際は、黄色や白といった、服の色にも気を使うと効果的です。処置法:腫れると、炎症を抑える塗...more
カテゴリー:

父の諭し、戦後生きる支えに 岳原初子さん 収容所で(6)<読者と刻む沖縄戦> - 07月30日(木)17:50 

 石川から具志川村(現うるま市)赤道に移った後も岳原初子さん(86)=沖縄市=はマラリアに苦しみました。  「もう自分はそんなに長く生きられない。マラリアで亡くなる人をたくさん見てきた。自分の番はいつ来るのだろうかと思っていました」と振り返ります。  病状が落ち着いたのは具志川村江洲に戻って以降で...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「マラリア」の画像

もっと見る

「マラリア」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる