「マメ知識」とは?

関連ニュース

顔に冷風、冷水はダメ!…「肌のほてり」が取れる簡単なコツ #52 | ananweb - マガジンハウス - 06月22日(月)18:30 

美容・健康に関する資格を8個取得したライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第52回目は、スキンケアアドバイザー、カウンセラーの視点から、気温が高く湿気が多い季節になりやすい「ほてり肌」の対策を考えます。ベタベタして、汗がひかないストレス……。【ちょこっと美容マメ知識】vol. 52日々の通勤やお買いもの、軽い運動などをした後に、余熱を持ったままお肌がベタつくのを感じたことはないでしょうか? それは、ずばり、湿気が多い梅雨から初夏にかけてなりやすい「ほてり肌」です。このほてり肌の厄介なところは、単純に顔を洗っただけでは爽快感が得られずに、ジメジメが長時間続いてしまうところです。寝苦しさを感じてしまったりタオルで拭いても拭いてもベタつきが続いてしまったりと、ストレスとの戦いになります。そこで、今回は、ほてり肌を落ち着かせるためのhowtoをまとめてみました。1. 首と足を冷やす顔のほてりが取れないと、つい「何かしなければ…」と焦ってしまいますが、冒頭で申し上げたように単純に顔を洗っただけでは、汗はなかなか引きません。そこでおすすめなのは、首と足を冷やすことです。この辺りを冷やそう!首 うなじから鎖骨、喉あたりにかけてぐるっと一周足 足裏や足首、くるぶしなどスネより下にかけて冷たいお水で絞ったタオルを首に巻いたり、足に...more
カテゴリー:

消毒液、洗剤で肌ガサガサ!…「手荒れを防ぐ」簡単ワザ3つ #51 | ananweb - マガジンハウス - 06月20日(土)19:20 

美容・健康に関する資格を8個取得したライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第51回目は、スキンケアアドバイザー、カウンセラーの視点から「手荒れ対策」について考えます。手や指がガサガサ&ヒビ割れで辛い……。【ちょこっと美容マメ知識】vol. 51お肌が薄い女性に多い手荒れ。食器洗いや住居用の洗剤、食材の汁やぬめりなど、手荒れを引き起こす原因となるものはさまざまあります。また、最近では新型コロナウイルスの影響で、手の消毒がマスト条件となり、これがもとで手荒れに悩む人も少なくないでしょう。このように手荒れの原因は多岐に渡り、状態も個人差があるものの、かゆくなったりヒビ割れてしまったりする“辛さ”はみなさん共通の気持ちだと思います。そこで今回は、なるべく手荒れしないようにできる工夫や、なってしまった時の対処方法などをまとめてみました。1. 水回り家事は、ゴム手袋をまずは、手荒れが起きないようにするための鉄則です。お風呂掃除やトイレ掃除、食器洗いなどの、洗剤を使う水回り家事は厚手のゴム手袋を着用しましょう。水カビや油汚れなどを落とすには、非常に強いアルカリ性が必要です。いっぽうで人間のお肌は弱酸性であり、お肌にとって必要な皮脂や潤いが水カビや油汚れを落とすのと引き換えに奪われてしまいます。おそらく、強力な洗剤の商品パッケー...more
カテゴリー:

「マメ知識」の画像

もっと見る

「マメ知識」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる