「ママスタコミュニティ」とは?

関連ニュース

<夫の「小さな」心づかい>嫁ファーストで思いやりある優しい夫……!けど気になる点が【前編まんが】 - 09月23日(木)20:50 

夫とは大学のテニスサークルで知り合い付き合い始めました。 ちょっぴり気の利かないところがある夫ですが、そういうキャラクターとして、学生時代の友人たちは温かく見守ってくれていました。でも……。 ある日、夫と一緒に私の実家へと向かいました。夫婦揃っての訪問を母も喜んでくれて話が弾みます。話題は近所のカフェの話に……。 夫の買ってきたお土産の包みを見て、私は嫌な予感しかしませんでした。 後編へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・たろむらこわか 作画・善哉あん 編集・Natsu
カテゴリー:

子どもの朝の準備が遅くてママのイライラは最高潮に!でもひとりで身支度なんて、そもそも3歳でできる? - 09月23日(木)15:10 

ママスタコミュニティに、3歳のお子さんをもつママから「朝の準備」についての相談が寄せられました。 『3歳3カ月の子どもがいます。幼稚園に行く日の朝の準備でイライラします。顔を自分で洗ってほしいのに、水を出したらずっと触ってて何回も「洗って!」と言わないと洗いません。着替えは自分でできますが、厳しく言わない限り遊んでいて、なかなか着替えません。朝ごはんは30分以上食べています。みなさんはどこまで身支度を手伝ってますか? 全てやらせてますか?』 投稿者さんのお子さんは3歳3カ月とのこと。幼稚園に通い始めたばかりなのかもしれませんね。 休日はともかく、平日は登園時間も決まっていますから、お子さんのペースに合わせてばかりもいられません。コミュニティに集う先輩ママたちはどう答えたのでしょうか。 できなくて当然の年齢。手伝ってあげて! 『3歳3カ月ってオムツが取れてない子すらいる時期だよ? 全部やらせるのはちょっと厳しいんじゃないかなぁ』 『私はイライラするから全部私がやってたわ~。自分で着替えるようになったのは年少の途中、4歳過ぎてから』 『まだ3歳なんだから、手取り足取りいろいろ手伝ってあげたらいいと思う。そのうち自分でするようになるんだから』 『うちの子本当にマイペースすぎるから、私が着替えさせてるよ』 先輩ママたちが声を揃えたのが「まだ3歳3カ月だよ」という指摘です。年齢的にまだまだ...more
カテゴリー:

【妻の飯がマズくて離婚したい】言い訳が止まらない<第24話> #4コマ母道場 - 09月23日(木)11:20 

第23話からの続き。結婚とは、生まれも育ちも異なる他人同士が「家族」になることです。価値観の相違をすり合わせながら、お互いにとって心地のいい関係を築いていくことが、結婚生活の一番の課題なのかもしれません。今回は三大欲求のひとつとも言われる「食」がテーマ。食に対する価値観が正反対の場合、夫婦の行き着く未来は明るいものとなるのでしょうか……? ※本漫画は4コマ漫画です。 第24話 私だって頑張ってるの! 【編集部コメント】 自分が価値を見出せないものに対しては、人間なかなか一所懸命になれないものです。ミナミさんにとって料理は「お腹に入ればみんな同じ」と考えているもの。上手であろうと下手であろうと大差ないと思っていたのですね。それを受けて、トウコさんがさらなる核心に迫ります。 【第25話】へ続く 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・もち 編集・Natsu
カテゴリー:

<究極の選択>母の介護のために地元に戻りたい……でも子どもが猛反対「親か子どもか」【後編まんが】 - 09月23日(木)07:50 

前回からの続き。 病気の母のために地元に戻るか、東京に残りたい子どもたちの気持ちを優先するべきか。選択をせまられている私。 悩みながらも一度相談のために飛行機で地元に帰省した私。父方の従姉のアキちゃんと叔母(アキちゃんの母)と一緒に今後のことを話し合いました。 しかし母はやはり「迷惑をかけたくない」という気持ちが強いようで、私たちの提案を聞いても浮かない表情です。 母を東京に呼び寄せることをあきらめたわけではありません。母を引き取ったら引き取ったで、病状や介護について心配は尽きないでしょう。また今度は田舎の家や墓をどうするかを考えなければなりません。しかし今度は一人で突っ走ることのないように、母や子どもたちの気持ちも聞きながら、しっかり情報を集めてひとつひとつ対応していきたいです。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・千永美 作画・よしはな 編集・Natsu
カテゴリー:

<究極の選択>母の介護のために地元に戻りたい……でも子どもが猛反対「親か子どもか」【中編まんが】 - 09月22日(水)23:40 

前回からの続き。遠方で一人暮らしをしている母の病気が発覚し、地元に帰りたいと思った私。しかし子どもたちに拒否されてしまいました。 途方に暮れた私は、地元に住んでいる父方の従妹・アキちゃんに電話で相談することに……。 子どもたちを無理してまで連れていきたくはない。でも母を支えたい。戸惑う私にアキちゃんが話を続けます。 目先のことだけばかりに気をとられ突っ走っていたことを、アキちゃんに気づかされました。 母にもしものことがあったときに後悔したくない……その思いだけで突っ走りすぎていたのかもしれません。息子が中学2年生なので、動くなら高校受験前の今だ! という焦りもありました。でも地元の就職状況や教育環境など、詳しくリサーチすることもなく動くのはやはり拙速だった気もします。 まずは母の様子を見て、しっかり話をしよう。子どもたちを元夫に預けて、私は地元に向かいました。 後編へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・千永美 作画・よしはな 編集・Natsu
カテゴリー:

<旦那のおこづかいは10万円>【前編】「旦那が生活費をきちんと入れてくれない!」と嘆くママ - 09月23日(木)17:20 

みなさんのなかには、旦那さんが稼いだお金を生活費にするご家庭もあれば、夫婦共働きで家計に入れるお金を取り決めているご家庭もあることでしょう。夫婦間でなにかしらのルールを取り決めていることがほとんどでしょうが、夫婦で希望が合わない場合、一体どうすればいいのでしょうか? 今回の相談は「旦那さんが生活費を“きちんと”入れてくれない」というものです……。 『旦那が生活費をきちんと入れてくれません。旦那は単身赴任していて、こちらに入れる毎月の金額が、毎月支払う引き落としの合計から3万円ほど足りません。 食費や雑費、日用品分も主人が払ってくれないので、私のバイト代から払って全て消えます。このままじゃ予備費用もなく、余裕がなくて貯金もできません。電話は出ず、もし気まぐれで出たとしても喧嘩になるだけなので、メールで何回もお願いしていますが全く返信はなく無視です。 まだ小さな子どもがいるのできちんとパパとしての役割を果たして欲しいです。テレビ電話もしてくれません。子どもに対して電話もしてくれず、会うこともなくもう1年になります。どうしたら生活費をきちんと払ってくれるのか、これから不安です。アドバイスいただけたら助かります』 「旦那さんがくれる生活費では、毎月足がでてしまう」と悩む相談者さん。結果自分が働いたお金で赤字分を賄っているため、「貯金ができない」と悩んでいます。子どもを遊びに連れていくこと...more
カテゴリー:

<妊娠したい、私の気持ち>友人の妊娠報告。動揺で逃げてしまった。私は謝罪すべき?【前編まんが】 - 09月23日(木)11:50 

少し前のこと、学生時代の友人たち4人と家族連れで集まりました。みんな結婚して子どもがいます。子どもはアキとルナには2人ずつ。マコとうちは1人です。会の途中、急にマコが立ち上がり話し始めました。 マコからの妊娠報告でした。 旦那の言うことは正論だと思います。マコはきっと私が素直にお祝いしなかったことを不満に感じたでしょう。でも私の気持ちを聞く前に、正論をぶつけてくる旦那にカチンときました。私の味方は誰もいないのかな……そんな気持ちになってしまい、つい旦那に声を荒げてしまいました。 中編へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・春野さくら 編集・Natsu
カテゴリー:

自分が死んだら「お墓」はどうする?入るのは義実家のお墓?それとも……? - 09月23日(木)10:20 

「自分が死んだらお墓はどうする?」などという話題は、子育て世代のママにとっては縁遠いことかもしれません。けれど明日のわが身がどうなるかは分からないというのも現実ですよね。ママスタコミュニティに、こんなアンケートが寄せられました。 『もしも亡くなったら義実家のお墓に入りますか?』 この質問に回答した161人のうち、「入る」と答えたのはわずか32人。その4倍以上の129人が「勘弁して!」と答えています。 入るつもり。それほどのこだわりもないし…… 「義実家のお墓に入るつもり」と答えた人はごく少数派です。どのような理由からでしょうか。 『死んじまったらどこでもいいし、別に墓場なんてどこでもいい』 『夫が長男だし入るんだろうな。ま、死んだあとの墓なんてどうでもいい』 『別に仲悪いとかじゃないし何でもいいかな』 『死んだあとなんか分からないんだから、どこでもいいだろう』 『義実家を大っ嫌いだと嫌かもしれないけれど私はそこまででもないし、死んだあとのことなんて知らないから好きにしてって感じ』 「入るつもり」と答えながらも、それほどの深い理由はないようですね。死後の世界なんてどうでもよい、という達観した気持ちが見え隠れします。 けれどなかには「あえて一緒に入りたい」という人もいるようです。 夫&義両親と一緒のお墓に入りたい! 『実親が毒親で、結婚してやっと縁を切ることができたし、義両親とケンカ...more
カテゴリー:

中学生の子どもに「お金がない」と言うのはアリ?家の経済事情を伝えてもいい? - 09月23日(木)06:10 

わが子に家の経済事情を伝えたことはありますか? ”本当のところ”を伝えたことで、子どもが不安になったらどうしよう? ごく一般的な金銭感覚からズレたらどうしよう? 裕福な家庭であってもそうでなくても、悩むところですよね。 子どもを不安にさせたくない。「お金がない」と言うのはダメ? ママスタコミュニティにアップされたのは、中学生のお子さんについての相談です。投稿者さんは「お金がない」というフレーズを、ひんぱんに使ってよいのかどうか悩んでいるようです。 『わが家の中学生は毎日お金を使うし、「これが欲しい」ばかり言っています。うちは経済的に厳しいので「お金がない」と言っているのですが、やっぱり言わないほうがいいのかな。お友達には裕福な家庭の子が多いです』 中学生といえば、まだまだ”友達が世界のすべて”になりやすい年頃です。周りのお友達が裕福だとつい自分も同じような気分になるのでしょうが、希望が叶うかどうかは家の経済状態次第。投稿者さんははっきり「お金がない」と伝えているものの、言い過ぎることでわが子が不安にならないか、がっかりしないかと心配しているのかもしれません。 ただ集まったコメントのほとんどが、投稿者さんと同じように「言っている」という声。どうやら「お金がない」は多くの家庭の”お決まりフレーズ”になっているようです。 『バリバリ言っているわ(笑)。「お金がもらえて当たり前」なんて思...more
カテゴリー:

<あなたがジャッジ!>夫婦ゲンカの後、謝る代わりに大好物を買ってきてくれた旦那を許す?許さない? - 09月22日(水)15:10 

夫婦ゲンカをするよりも、仲直りするときにパワーを使うと感じたことはありませんか? 言いたいことを伝えたからすっきりしたけど、なんとなく自分から「ごめんね」を言うのは癪に障る……。そんな経験をしたことがある人たちは、ママスタコミュニティに寄せられていたこんな旦那さんの行動をどう思いますか? 『旦那とケンカをしました。腹の虫がおさまらずにいると、仕事帰りに旦那があなたの大好物を買ってきました。「俺も食べたかったから」と言っていますが、明らかにあなたの好物であって旦那が食べるものではありません。謝罪はないけれど、あなたの機嫌をとろうとしていることは明白です。旦那さんを許しますか?』 うれしい!許しちゃう! 自分の大好物を買ってきてくれたことより、仲直りのきっかけを作ってくれたことがうれしいですよね。 『ケンカの内容にもよるかもだけど、くだらないことだったら基本的に許すよ。いつまでも引っ張りたくない』 『歩み寄ろうとする努力は素晴らしい』 『「かわいいところがあるじゃない」と思いながら食べます』 『仲直りしようとする意思は尊重したい』 『私のために買ってきてくれたことが嬉しくてケンカなんてどうでもよくなる』 食べ物なんかで誤魔化されない! 大好物を差し出されても許せないという場合、ケンカの原因が相当重いということが想像できますね。「ごめん」などの謝罪の言葉や誠実な態度が必要という意見も。...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる