「マッハ」とは?

関連ニュース

【超音速ジェット機】「マッハ2.2」超音速ジェット旅客機「XB-1」の試作テストが開始! 2025年海外へのフライト時間は半分になる - 07月16日(木)07:13  newsplus

→最高速度マッハ2.2の超音速旅客機「オーバーチュアー」が開発中 →試作機「XB-1」のテストが来月中には開始される →オーバーチュアーのチケットはビジネスクラスほどの料金であり、飛行時間は半分 超音速の旅客機は、世界旅行をより身近なものにしてくれるでしょう。 米国デンバーを拠点とする「ブーム・テクノロジー」社は、マッハ2.2の超音速ジェット旅客機「オーバーチュアー(Overture)」を開発中であり、その試作機「XB-1」のテストが今後数か月で行われます。 試験を通過した場合、試作機が10月7日に一般公開される予定で...
»続きを読む
カテゴリー:

「マッハ2.2」超音速ジェット旅客機の試作テストが開始! 2025年海外へのフライト時間は半分になる - 07月13日(月)17:04 

Credit:Boom point 最高速度マッハ2.2の超音速旅客機「オーバーチュアー」が開発中 試作機「XB-1」のテストが来月中には開始される オーバーチュアーのチケットはビジネスクラスほどの料金であり、飛行時間は半分 超音速の旅客機は、世界旅行をより身近なものにしてくれるでしょう。 米国デンバーを拠点とする「ブーム・テクノロジー」社は、マッハ2.2の超音速ジェット旅客機「オーバーチュアー(Overture)」を開発中であり、その試作機「XB-1」のテストが今後数か月で行われます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 試験を通過した場合、試作機が10月7日に一般公開される予定です。 超音速ジェット旅客機「オーバーチュアー」と試作機「XB-1」 オーバーチュアー/Credit:Boom オーバーチュアーはイギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機「コンコルド」の後継機と言えるものでしょう。 コンコルドの初飛行は1969年であり、2003年には全機が退役しました。超音速飛行を追求した数少ない旅客機だったため現在でも人気があり、その後継機も待ち望まれていたのです。 ブーム・テクノロジー社はこれまでに1億4100万ドル(約150億円)の資金を調達して試作機XB-1を製造しています。 ...more
カテゴリー:

ボディサイドのストライプは、初代マッハ1へのオ.. - 07月12日(日)13:00 

ボディサイドのストライプは、初代マッハ1へのオマージュだ。
カテゴリー:

7代目の現行「マスタング」に、高性能ヴァージョ.. - 07月10日(金)11:30 

7代目の現行「マスタング」に、高性能ヴァージョンの「マッハ1」が設定された。
カテゴリー:

【大海軍を想う】海上自衛隊、イージス艦6→8隻(まや型)体制から更に2隻以上イージス艦を大量配備 - 07月09日(木)21:39  news

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画断念を受けたミサイル防衛(MD)の代替策として、海上自衛隊のイージス艦を2隻程度増やし、 業務の一部を陸上自衛隊員に担わせる案を政府が検討していることが4日、分かった。陸自による補完は海自の乗組員不足を踏まえた措置。複数の政府・与党関係者が明らかにした。 防衛省の計画によると、イージス艦は今年度中に8隻体制が完成する。日本列島を常時カバーする防護体制の構築やコスト面などを勘案すると、2隻程度の新規導入が現実的との見方が出ている。 新...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】「マッハ2.2」超音速ジェット旅客機の試作機「XB-1」の試作テストが開始! 2025年海外へのフライト時間は半分になる - 07月13日(月)17:15  scienceplus

→最高速度マッハ2.2の超音速旅客機「オーバーチュアー」が開発中 →試作機「XB-1」のテストが来月中には開始される →オーバーチュアーのチケットはビジネスクラスほどの料金であり、飛行時間は半分 超音速の旅客機は、世界旅行をより身近なものにしてくれるでしょう。 米国デンバーを拠点とする「ブーム・テクノロジー」社は、マッハ2.2の超音速ジェット旅客機「オーバーチュアー(Overture)」を開発中であり、その試作機「XB-1」のテストが今後数か月で行われます。 試験を通過した場合、試作機が10月7日に一般公開される予定で...
»続きを読む
カテゴリー:

7代目の現行「マスタング」に、高性能ヴァージョ.. - 07月12日(日)22:30 

7代目の現行「マスタング」に、高性能ヴァージョンの「マッハ1」が設定された。
カテゴリー:

フォードの主力ピックアップトラック「2021 F-150」で採用されたテクノロジーのすべて - 07月10日(金)12:09 

Ford(フォード)社は木曜日の晩、エレキギターのリフをバックに、ビデオの中から飛び出してくるような演出を用いて、フルモデルチェンジを果たしたF-150トラックの新型車を大々的に発表した。MCにはなんと、あの歯に衣着せぬDenis Leary(デニス・リアリー)を起用した。 もちろん、そんなことはどうでも良いことで、注目すべきは、フラグシップとして、また最も収益を望めるモデルとして、同社が改良を重ね、形にしてきた内容だ。前回のマイナーチェンジから実に6年が経過している。このまったく新しいF-150は、フォードトラックのファンが大いに期待してきた高い性能と豊富なオプションを備えている。例えば、フォードでは11のグリルオプションを提供している。 しかし、今回際立っているのは、組み込まれているテクノロジーと、マイルドハイブリッドを飛び超えて、いきなりフルハイブリッドパワートレインを採用したことだ。 新しいF-150で採用されたすべてのテクノロジーを以下に紹介する。まずは、インテリアと車載インフォテインメントシステムから。 コントロールセンター ベースバージョンとなる XL には、8インチのセンタータッチスクリーンディスプレイが標準装備される。しかし、XLT 以上のグレードでは、画面を分割できる12インチのディスプレイが装備されている。これにより、ナビゲーション、音楽、トラック機能など、複...more
カテゴリー:

【大海軍を想う】海上自衛隊、イージス艦6→8隻(まや型)体制から更に2隻以上イージス艦を大量配備 聯合艦隊再び - 07月09日(木)21:46  poverty

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画断念を受けたミサイル防衛(MD)の代替策として、海上自衛隊のイージス艦を2隻程度増やし、 業務の一部を陸上自衛隊員に担わせる案を政府が検討していることが4日、分かった。陸自による補完は海自の乗組員不足を踏まえた措置。複数の政府・与党関係者が明らかにした。 防衛省の計画によると、イージス艦は今年度中に8隻体制が完成する。日本列島を常時カバーする防護体制の構築やコスト面などを勘案すると、2隻程度の新規導入が現実的との見方が出ている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ボディサイドのストライプは、初代マッハ1へのオ.. - 07月08日(水)01:30 

ボディサイドのストライプは、初代マッハ1へのオマージュだ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「マッハ」の画像

もっと見る

「マッハ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる