「マクロン大統領」とは?

関連ニュース

天皇陛下 ローマ法王と面会へ - 06月14日(金)20:07 

 天皇陛下が来日を検討しているローマ法王と11月25日を軸に面会される方向で調整が進められていることがわかりました。  また、今月末のG20のために来日する各国の要人とも国際親善を目的に相次いで会見されます。今月27日はフランスのマクロン大統領と会見し、昼食を共にするほか、来月1日にはトルコのエルドアン大統領と、翌2日にはサウジアラビアのムハンマド皇太子と面会されます。(14日17:45)
カテゴリー:

仏ルノー会長、政府介入に怒り心頭 大統領は面会拒否か=関係筋 - 06月13日(木)02:25 

仏自動車大手ルノーのスナール会長は、ルノー筆頭株主である仏政府の介入を巡り怒り心頭に発しており、マクロン大統領に面会を申し入れたものの、マクロン氏は面会を拒否したという。複数の関係筋がロイターに明らかにした。
カテゴリー:

【友好関係】トランプ・アメリカ大統領とフランス・マクロン大統領が一緒に植えた米仏友好のオークの木、枯れる 関係冷却化を象徴? - 06月11日(火)21:01  newsplus

米仏友好の木、枯れる=関係冷却化を象徴?  ワシントン・ポスト(電子版)など米メディアは10日、トランプ米大統領が、 昨年4月に訪米したフランスのマクロン大統領とホワイトハウスの庭に植えた オークの幼木が、枯れていたと報じた。地球温暖化対策やイラン政策をめぐる 対立で、米仏関係が急激に冷え込んだことを象徴するようだと伝えている。  幼木は、第1次大戦で米軍がドイツ軍と激戦を繰り広げたパリ東方の ベローウッドに生えていたもので、マクロン氏は植樹当時「(米仏)両国の 絆を思い出させてくれるだろう...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏とマクロン氏の友好の木、枯れた 仏報道 - 06月11日(火)11:00 

フランスのルモンド紙は、同国のマクロン大統領がトランプ米大統領とともにホワイトハウスに植樹したオークの苗木が、検疫で隔離されている間に枯れたと伝えた。 苗木はマクロン大統領夫妻が2018年4月に訪米した際に仏米の友好の象徴として贈呈し、トランプ大統領夫妻と一緒にホワイトハウスの庭園に記念植樹したものだった。トランプ大統領の就任後、初めて国賓としてホワイトハウスを訪問したのがマクロン大統領だった...
カテゴリー:

またマクロン? FCA・ルノーの合併白紙に戻る 日産は協定を行使できるのか? - 06月08日(土)09:22 

目まぐるしく動く世界の自動車産業だが、FCA・ルノーの合併に、またマクロン大統領が介入しすぎたのか。
カテゴリー:

【フランス】仏ルノー会長、政府介入に怒り心頭 大統領は面会拒否か=関係筋 - 06月13日(木)06:47  newsplus

https://jp.reuters.com/article/renault-shareholders-idJPKCN1TD29H ビジネス 2019年6月12日 / 19:26 / 4時間前更新 仏ルノー会長、政府介入に怒り心頭 大統領は面会拒否か=関係筋 Reuters Staff [パリ 12日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー(RENA.PA)のスナール会長は、ルノー筆頭株主である仏政府の介入を巡り怒り心頭に発しており、マクロン大統領に面会を申し入れたものの、マクロン氏は面会を拒否したという。複数の関係筋がロイターに明らかにした。 欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ...
»続きを読む
カテゴリー:

世界は「戦争寸前」の危機、真剣な取り組み必要=仏大統領 - 06月12日(水)18:13 

[ジュネーブ 11日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は11日、ジュネーブで開かれた国際労働機関(ILO)年次総会で演説し、世界は「戦争に突入する寸前」とも言える「深刻な危機」の局面にあると述べ、不平等や野放図な技術、気候変動といった問題に対処する世界的な取り組みを呼び掛けた。 マクロン氏は、技術革新や気候変動によって生活が脅かされる人々に対する世界的な社会保障が必要だと主張した。 また
カテゴリー:

フランス料理界の人間国宝級フレンチがずっと味わえるレストラン - 06月11日(火)14:30 

[株式会社ニュー・オータニ] ホテルニューオータニ(東京)のフランス料理「トゥールダルジャン 東京」のエグゼクティブシェフ ルノー・オージエが5月13日に、パリのエリゼ宮で、マクロン大統領からフランス料理界最高峰の称号 “M.O.F....
カテゴリー:

【ブレグジット】ジョンソン前英外相、EU離脱清算金支払い留保で交渉条件引き上げへ EU関係者は「デフォルトに等しい」と反発 - 06月11日(火)04:25  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000005-reut-eurp  英次期首相の座を巡って実施される与党・保守党党首選で最有力候補と目されているジョンソン前外相は9日、サンデー・タイムズ紙のインタビューで、 欧州連合(EU)離脱でより良い条件を引き出すため、離脱に伴う「清算金」の支払いを留保する考えを示した。 ジョンソン氏は「われわれの友人やパートナーは、(EU離脱について)この先の道のりをより明確にできるまで、 清算金は支払われないと理解する必要がある。(英国にとって)適切な合意を得る上で、清...
»続きを読む
カテゴリー:

ほぼアップルストア…?アップルストアのデザイナーがノートルダム大聖堂の再建案を提案 - 06月07日(金)17:29 

デザイン会社であるEight Inc.は、Apple Storeや最近ではニューヨーク五番街の象徴となりつつある巨大ガラスキューブのコンセプトを作ったことで知られている。その同社が、焼失したノートルダム大聖堂の屋根と尖塔の再建案を提示した。その内容は巨大なガラス製の屋根と尖塔だ。フランスがこれを採用するとは私には思えない。これは、建物の上部全体を構造用ガラスで再構築するもので、通常のガラスより頑強なため内部の骨格がなくても自身を支えられるという考えだ。この提案をどう判断すればいいのか私にはわからない。あまりに突飛でジョークと紙一重に思える。ガラスをきれいに保つことや、破損した場合などにとをやって一部を交換するかなどの日常的な心配は別にして、ほぼ全体が石で造られているゴシック様式の大聖堂を、巨大なサンルーフで覆うというアイデアは、教会を建てた人たちが望んでいたこととは正反対に思える。EightのファウンダーであるTim Kobe氏の考えは違う。「フランスのゴシック建築を代表するこの建造物に対しては、当初のデザインの歴史と意図への深い感謝の意が必要だ」と建築デザイン誌Dezeenの取材に答えて語った。「新奇な建築表現のエゴを押し出すのではなく、この歴史的建造物を尊重するソリューションでなくてはならない」この発言、中でも新しい建築表現のエゴに関する部分は、今回の提案が千年近く前の大聖堂を...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「マクロン大統領」の画像

もっと見る

「マクロン大統領」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる