「マウンテンビュー」とは?

関連ニュース

米国の犯罪予知システム、効果がないとして使用を取りやめる警察署が相次ぐ - 07月13日(土)13:32 

現在、世界各地で機械学習を用いて犯罪を予測するシステムの開発・導入が進められているが、米国では60の警察署が導入しているという犯罪予知システム「PredPol」の効果がないとして使用を取りやめる警察署が相次いでいるそうだ(Los Angeles Timesの記事、 The Next Webの記事)。 PredPolはロサンゼルス市警(LAPD)の協力によりUCLAが開発したもので、過去の犯罪データに基づいて12時間以内に犯罪が起きる可能性の高い地域と時間帯をコンピューターが予測する。この情報に従ってパトロールを行うことで、犯罪を抑制する効果が期待される。スラドでは2011年、サンタクルーズ市警が導入した際に話題になった。 しかし、3年にわたってPredPolを運用したというパロアルト市警では犯罪を解決する助けにはならず、価値を見出せなかったと述べている。2013年~2018年に6万ドル以上をPredPolに費やしたマウンテンビュー市警では、結果がまちまちだったため2018年6月で使用をとりやめたとのこと。3月に発表されたLAPDの内部監査結果では、PredPolが犯罪減少に役立ったかどうか判断できるだけのデータがないと結論付けている。 一方、PredPol社のBrian MacDonald氏は、同社のソフトウェアが犯罪を減らしたり防いだりするためのソリューションで...more
カテゴリー:

MobileIron, Microsoft Intuneのデバイスコンプライアンスのサポートにより Microsoftとのインテグレーション機能を拡張 - 07月08日(月)21:02 

米カリフォルニア州マウンテンビュー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --2019年7月8日、業界初のモバイルを中心としたゼロトラスト・セキュリティプラットフォームを提供するMobileIron(本社:米国カリフォルニア州Mountain View, NASDAQ:MOBL)は、Microsoft Enterprise Mobility + Security (EMS) とのインテグレーション機能を拡張し、Microsoft 365その他の管理されたアプリのMicrosoft Intuneデバイスコンプライアンスサービスをサポートしたことを発表しました。この新しいソリューションにより、MobileIronのセキュアなデバイス管理機能でMicrosoft IntuneとAzure Active Directory条件付きアクセスを活用し、Office 365などのアプリケーションのセキュリティを確保することができます。 すでにMicrosoft 365やMicrosoft Enterprise Mobility + Securityをご利用中のお客さまは、Mobi
カテゴリー:

空飛ぶ自動車のキティーホークがボーイングと提携でエアタクシーに協力 - 06月27日(木)07:30 

グーグル(Google)を創ったラリー・ページ(Larry Page)氏とユダシティ(Udacity)の共同創業者セバスチアン・スラン(Sebastian Thrun)氏が支援する飛行自動車の企業キティーホーク(Kitty Hawk)が、大手航空宇宙企業ボーイング(Boeing)と契約を結んだ。 この戦略的パートナーシップの詳しい内容はよく分からないが、二社は都市の空中移動手段で協力するらしい。とくに、安全性と、自動運転と人間操縦士の共存が課題になるようだ。 キティーホークに今ある機種は、二人乗りのエアタクシー「コーラ(Cora)」と、個人化されたフライトを提供する「フライヤー(Flyer)」だ。発表によると、このパートナーシップがフォーカスするのは完全電動で自動運転の空飛ぶタクシー、コーラだ。 ボーイングの社内で次世代交通を研究している組織ボーイング・ネクスト(Boeing NeXt)の副社長で総支配人スティーブ・ノルドランド(Steve Nordlund)氏はこう語る。「キティーホークのような企業と一緒に仕事をすると、移動の未来を安全に進歩させるというわが社のゴールに、より近づくことができる」。 スラン氏はグーグルの超未来部門エックス(X)を作った人物で、キティーホークでも共同創設者だ。会社はカリフォルニア州マウンテンビューにあるが、テストは主にニュージーランドで行われている。...more
カテゴリー:

Google マップで近所のレストランの割り引きが受けられる(インドの話) - 07月12日(金)12:00 

Googleは本日(米国時間7月11日)、マップアプリに近所のレストランの割り引き情報を提示するサービスをインドで開始したと発表した。到達力と関連性を常に拡大しようと努めているこのマウンテンビューの巨大ハイテク企業にとって、インドは重要な鍵を握る海外市場のひとつだ。 Googleは今回、インドでのGoogleマップアプリに組み込まれる3つの新機能を公開した。ひとつには、Explore(周辺のスポット)タブの中に、新しく「Offer」(オファー)オプションが追加され、周辺のレストランから割り引き価格が提示されるようになった。Googleによると、これはレストランの予約プラットフォームEazyDinerと共同で提供されるサービスで、4000件以上のレストランの割り引きが受けられるという。この機能は、インドの11の大都市で提供されている。 レストランの割り引きは、まだ序の口だ。Googleは、より多くのパートナーと手を組み、より多くの分野に拡大する計画を立てているという。レストランのテーブルの予約も、Google マップアプリから直接行える。Googleは、EazyDinerとの取り引きの金銭面には触れなかったが、ニューデリーを本拠地とするこの創業5年のスタートアップは、今日までに1300万ドル(約14億1000万円)を調達している。 この新サービスは、いかにしてマップから利益を得るか...more
カテゴリー:

将来生きた英語がしゃべれる基礎固めができる【英脳フォニックス】は、英語圏の子供たちが一番最初に学ぶ語学メソッド「フォニックス」を、タブレットでキャラクターと一緒に楽しく学べる「英語脳」刺激玩具です - 07月01日(月)15:00 

7月1日(月曜日)、バランスボディ研究所は、英語圏で一番最初に学ばれる幼児教育である「フォニックス」を取り入れた、テストで点を取るための英語力ではなく、実際に話せる&使える英語力の土台を築く、「英語脳」刺激玩具【英脳フォニックス Square Panda】の、正式発売を開始することをお知らせいたします。(https://ebphonics.com/)●子供たちの「英語脳」を刺激するおもちゃ社会やビジネスのグローバル化に伴い、英語力の必要性は高まる一方。子供たちに高い授業料や教材費を払ってまで英語を習わせたいという親たちも、増える一方です。しかしながら、親世代の英語教育を振り返ってみた時、中学・高校・大学と10年間に渡って英語を学んだとして、どれだけの大人が「使える英語」を身に付けたと言えるでしょうか?動画はこちら ⇒ http://bit.ly/2BO43JN英語の成績はあれだけよかったのに、実践ではというと…「海外旅行に行っても全然話せない!」「何を言っているのか全然聞き取れない!」そこには、英語がほとんど使えないという現実がありました。このように日本の英語教育は、時間的コスパが最も悪いと言わざるを得ない状況です。これからの英語教育に必要なのは、点を取るための学習法ではなく、「使える英語」「話せる英語」を身に付ける方法です。【英脳フォニックス Square Panda】は、そんな...more
カテゴリー:

「マウンテンビュー」の画像

もっと見る

「マウンテンビュー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる