「マウンテンビュー」とは?

関連ニュース

次世代NoSQLデータベースを提供するAerospike社とコンサルティングパートナー契約を締結  エクサバイト級の大容量データに対応するIoT基盤の構築サービスを提供 - 07月01日(水)14:00 

先進技術を活用したシステムインテグレーション事業を展開するスマート・スケープ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:吉田隆)は、このたびAerospike社(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:John Dillon)とコンサルティングパートナー契約を締結しました。Aerospikeとともに、工場設備や自動車などのIoT機器から大量に発生するデータをリアルタイムに処理する基盤構築のサービスや、連携するシステム開発の提供を開始します。(締結発表日:2020年7月1日)● エクサバイト級データ容量に対応可能な唯一のソリューション工場の高度化はもちろんのこと、自動車の自動運転に関するデータ処理は、エクサバイトに達することが想定されています。Aerospike NoSQLデータベースは、最初のバージョンから今日のデータ爆発を想定し、SSDを最適化利用する設計がなされているため、エクサバイトのシステムも構築が可能となっています。現時点では、このデータ容量をリアルタイム処理できるデータベースは、Aerospikeが唯一の存在と言って過言ではありません。● 低コスト、無停止システムを構築可能SSDを利用できることの利点は、大容量データ対応だけではありません。一台のサーバに多くのデータを保持できることに加え、高パフォーマンスであるため、他のNoSQLデータベースに比べ、5分の1から...more
カテゴリー:

リックソフト、Workato Partner AwardにてGo-to-Market賞を受賞 定型業務の自動化を実現させ、ニューノーマル時代に向けた働き方の向上を支援 - 06月25日(木)10:00 

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下 リックソフト)は、米国Workato, Inc.(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO & Co-Founder:Vijay Tella、以下 Workato社)が2020年6月11日に開催したWorkato Partner Summitにおいて、Go-to-Market賞を受賞しました。Go-to-Market賞の受賞の理由としては、Workatoのコンセプトを日本市場に広め、短期間で実際に複数の大手企業への導入を主導したことを評価いただきました。■ 『Workato(ワーカート)』とは『Workato』は従来の単なるアプリケーション連携ツールとは異なり、コードを書くことなく、非エンジニアユーザーでも素早く、簡単にアプリケーションの連携、業務プロセスの自動化、APIエンドポイントの提供、ビッグデータの高速・並列処理、会話型ボットの実装をガバナンスとセキュリティ機能を提供しつつ可能にするプラットフォームです。近年、エンタープライズ向けのiPaaS(Integration Platform as a Service)として注目されており、AI/MLやIoT、ビッグデータ(データレイク)を活用し、さまざまなクラウドサービスやオンプレミス環境のアプリケーションと組み合せて、全体の業務プロセスを自動化すること...more
カテゴリー:

「マウンテンビュー」の画像

もっと見る

「マウンテンビュー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる