「マイノリティー」とは?

関連ニュース

LGBT「私達に育児休暇が無いのは不公平!私達にも休暇制度を使わせろ!」同性愛者達が人事委員会へ訴え - 08月19日(月)18:27  poverty

同性パートナーいる都職員「育児や介護休暇制度の利用認めて」 同性のパートナーがいる東京都の職員が、異性の配偶者がいる職員には認められている育児や介護の休暇制度などを利用できないのは 不当な差別にあたるとして、地方公務員法に基づいて改善を求める手続きを19日、都の人事委員会に行いました。 改善を求める手続きを行ったのは、いずれも同性のパートナーがいる都立学校の教職員の50代の男性と、都の外郭団体に勤める40代の女性です。 都の規則では、異性の相手と結婚や事実婚をしている職員には認められている育児や介...
»続きを読む
カテゴリー:

こだわりの京アニ作品、マイノリティーにも光 - 08月19日(月)07:05 

京アニは、細部まで完璧に描く作画力やキャラクターの心理を細やかに表現する演出力で、数々の人気作品を世に送り出してきた。その徹底したこだわりやマイノリティーにも光を当てる姿勢はアニメファン以外からも支持されており、質の高い作品を生み出してきたスタジオへの放火で35人もの命が奪われたことに悲しみの声は絶えない。
カテゴリー:

「自分事として考えて」 - 08月13日(火)20:30 

同和問題講演会(佐賀市、市社会人権・同和教育推進協議会主催)が9日、佐賀市文化会館で開かれた。反差別・人権研究所みえ常務理事兼事務局長の松村元樹さん(38)が体験談を語り、差別問題を自分のこととして考える必要性を訴えた。 松村さんは、同和問題を含めた「マイノリティー(少数派)」に対する差別の解決には「マジョリティー(多数派)の力添えが必要」と指摘。中学時代の恩師が、被差別部落にルーツがあることを友人に話せる雰囲気をつくってくれた体験を語った。
カテゴリー:

LGBT、学校でどう教える? 浦添市で20日 教員らワークショップ - 08月11日(日)10:12 

 学校現場でもLGBTなど性的マイノリティーへの関心が高まる中、「性の多様性をどう教えたらいいのか」といった声が教員から出ている。その悩みに応えようと、LGBTに関する啓発活動を行う「レインボーハートプロジェクトokinawa」(竹内清文代表)は20日、「児童生徒への教え方と学校での配慮のあり方を考える」と題した...
カテゴリー:

ヘイトスピーチ助長回避を、国連人権当局が世界のリーダーに訴え - 08月07日(水)10:13 

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は6日、世界のリーダーは移民や同性愛者などのマイノリティーに対するヘイトスピーチの助長を避けなければならないとの見解を表明した。
カテゴリー:

耳の聞こえない両親と生きた娘の後悔「私たちは、どのくらいお互いのことを理解できていたんだろう」 - 08月19日(月)12:46 

耳の聞こえない両親のもとに生まれた一人の女性がいる。浅川昭子(56歳)さん。現在は、東京・板橋区で手話通訳の仕事をしている。本格的に手話を習い始めたのは、両親が亡くなってから。「私たちは、どのくらいお互いのことを理解できていたんだろうーー」手話を学び、ろう者のことを知れば知るほど、昭子さんはそんな後悔に苛まれるようになったという。「私が親を守らなきゃ、強くならなくちゃ、我慢しなきゃ」昭子さんは、1963年に東京・足立区で父・昭三さんと母・タイ子さんの長女として生まれた。両親はともに耳が聞こえなかった。「子どものときは、聞こえない親のことがすごく恥ずかしかった」昭子さんは、子ども時代をそう振り返る。両親が使う手話やろう者独特な話し方に、周りの視線が気になった。「母に電車やバスの中で話しかけられると、すごく恥ずかしくて。『みんなが見てくるから、手話はしないで』って母に言ったこともありましたね」一方で、聞こえない両親を「かわいそう」と思う気持ちも強かった。小学校低学年のとき。学校の授業参観で、親子でドッジボールをする企画があった。「みんなは『危ない』って声をかけあってボールから逃げることができるけど、うちの母親は聞こえないから、ただコートの中を走り回るだけ。それでやっぱり母親にボールが当たっちゃったのね。その姿を見たとき、すごく切なくなっちゃって。かわいそうだな、母親も聞こえれば当たらず...more
カテゴリー:

こだわりの京アニ作品、マイノリティーにも光 - 08月16日(金)11:17 

 アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)は、細部まで完璧に描く作画力やキャラクターの心理を細やかに表現する演出力で、数々の人気作品を世に送り出してきた。その徹底したこだわりやマイノリティーにも光を当てる姿勢はアニメファン以外からも支持されており、質の高い作品を生み出してきたスタジオへの放火で35人もの命が奪われたことに悲しみの声は絶えない。
カテゴリー:

能力の高い人ほど、自分は周囲を騙して実力以上に評価されていると思い込み、実力を隠す傾向が判明 - 08月13日(火)01:08  poverty

「詐欺師症候群」に悩む部下とどう向き合うべきか どれほど優れた成果を上げていても、それは実力以上の評価を受けているにすぎず、 自分の本性がいつ暴かれるのかという疑念や不安を拭えない。このような状態に陥ることは 「インポスター症候群(詐欺師症候群)」と呼ばれている。特に女性や人種的マイノリティーに見られる症状だが、 この状態を放置しているとパフォーマンスに大きな影響を与えかねない。部下がインポスター症候群になったら、どう対処すべきか。 本記事では6つの方法が示される。 https://www.dhbr.net/art...
»続きを読む
カテゴリー:

窪塚洋介「グサッと」心の貧しさ突かれた前妻の言葉 - 08月10日(土)19:50 

俳優窪塚洋介(40)が10日都内で、映画「ブラインドスポッティング」プレミア試写会のトークショーを行った。 「窪塚ナニ介でしたっけ?」とボケながら登場。マイノリティーや偏見などを描いた同作について「いい意味で粗削り。不器用だからこそ伝わ…
カテゴリー:

フランス生活を終えた金原ひとみ「日本人に必要なのは“共感のスイッチを切る”能力」 - 08月04日(日)11:06 

金原ひとみ――。衝撃的なデビュー作『蛇にピアス』で、20歳で芥川賞を受賞し、純文学界に旋風を巻き起こした。 作家としてのキャリアを着実に積み上げつつ、結婚、出産、原発事故後の岡山避難、そしてフランス移住生活を経験した。そんな金原が送り出す最新作『アタラクシア』(集英社)は、現代を生きる20代〜30代の男女が織りなす群像劇だ。 心の平穏を求める彼らは、うまくいかない人間関係の中で、ときに不倫に走り、わかり合えなさに救われる。そこで描かれる世界観は、昨今の「世間」の風潮や、日本社会で常識的に「良い」とされることと真逆だ。あえて、物議をかもすテーマを放り込む意味はどこにあるのか。 東京暮らしを再開した金原が口をひらく。 「わかり合えない」ことを伝えるために小説を書いている細身の黒いワンピース、耳や唇を飾るたくさんのピアスーー。応接間にいたのは、どこか近寄りがたくて、芯が強そうなイメージ通りの「金原ひとみ」だった。もっとも、イメージはインタビューがはじまってすぐに打ち消されることになる。彼女は終始、よく笑い、時に真剣に質問に答えた。――この小説には、不倫中の女性や夫からのDVに耐える女性が登場します。どこかスキャンダラスで、今の日本社会なら叩かれそうな人たちばかりですよね。 叩かれそうな人たちばかりですけど、小説は単純に「ダメかどうか」を論じるツールではないので、ワイドショーや週刊誌なんか...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「マイノリティー」の画像

もっと見る

「マイノリティー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる