「ポストセブン」とは?

関連ニュース

「今後もそのような記事を期待しております」……小泉今日子から「週刊文春」への長文メール - 11月25日(水)19:35  mnewsplus

〈ドラマ「新聞記者」に関してですが、私の出演に関しては発表もされておりませんし、出演の可否についても憶測の報道だったと思います〉 「週刊文春」の取材に対し、女優の小泉今日子(54)から届いたメール。そこに綴られていたのは――。 〈ドラマ「新聞記者」〉とは、9月14日に制作が発表されたネットフリックス版「新聞記者」。同タイトルで昨年公開された映画版は、東京新聞社会部の望月衣塑子記者の同名著書が原案だったが、ドラマ版の主人公も望月氏を彷彿とさせる女性記者だ。演じるのは、米倉涼子(45)である。  しかし ...
»続きを読む
カテゴリー:

【大学】元フジ・武田祐子アナ 超マイナー大学出身ゆえの孤独と利点 - 11月23日(月)22:43  mnewsplus

あこがれの職業である女子アナの出身大学を調べてみると、やはり強いのが早稲田、慶應、上智など、東京の有名私立大学。NHKと民放キー局のアナウンサーは、圧倒的に私大文系卒が多いが、元フジテレビの武田祐子アナは山形大理学部卒という異色の学歴の持ち主だ。女子アナ界“超マイナー校”ゆえの苦労を聞いた。  * * *  山形で生まれ、山形大学理学部を卒業するまでずっと山形で育ちました。小学生の時に先生から「君の声はよく通るからアナウンサーになるといい」と誉められたことはありましたが、本当になれるとも思わず、生...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】バイデン氏に突き付けられた入閣候補「左派400人リスト」に、産業界は「この政権はダメだ」とウンザリ - 11月22日(日)17:34  newsplus

 次期大統領であるバイデン氏の陰が薄い。トランプ氏が敗北を認めないという異常事態が注目を集めているからだけではない。トランプ時代も地獄、バイデン時代になっても地獄というアメリカの苦悩を、ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。  * * *  アメリカが独裁国家でないなら、トランプ大統領は選挙結果を受け入れるべきだ。政権の引き継ぎを拒否して国の安全や国民の命をないがしろにすることなど言語道断である。少なくとも、反トランプの国民と、中立の無党派層のほとんどはそう考えている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

パスワード付きzipファイル、意味が無かった! - 11月21日(土)10:34  poverty

平井卓也デジタル相が廃止するパスワード付きzipファイル 専門家も「全く意味ない」 2020年11月21日 7時5分 NEWSポストセブン  霞が関で政治主導の改革が進んでいるということか。河野太郎・行革担当相による「行政手続きの認め印廃止」に続き、平井卓也・デジタル改革担当相が11月17日の定例会見で、中央省庁の職員がメールを送るときに添付する「パスワード付きzipファイル」を廃止すると発表した。  このニュースを受けて、ツイッターでは、〈民間にも早く広まって欲しい!〉〈弊社でもパスワード付きzipファイルを廃止し...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】入江慎也が語るあの騒動「人脈で失敗したが人脈に救われた」 - 11月20日(金)18:56  mnewsplus

11/20(金) 7:05 NEWS ポストセブン 入江慎也が語るあの騒動「人脈で失敗したが人脈に救われた」 騒動後について振り返るカラテカ入江慎也さん 「友達5000人」という幅広い人脈を持ち、芸能界でも売れっ子になったお笑いコンビ・カラテカの入江慎也さん(43才)。しかし闇営業騒動により芸能界を去ることに。その後、ハウスクリーニングのアルバイトを経て今年7月、清掃会社「ピカピカ」を立ち上げた。人脈がどう変化したのか、セカンドキャリアで感じる思いなどを入江さんが語った。 ――吉本興業から契約解除後の自粛期間中、どん...
»続きを読む
カテゴリー:

【フードデリバリー】「ウーバー地蔵」急増…都心の子連れウーバー「散歩といっしょです」 - 11月25日(水)07:04  newsplus

「地蔵」とは地蔵菩薩のことで、おとぎ話の「かさ地蔵」を思い浮かべる人も多いだろう。吹雪の中にたたずむお地蔵様のためにおじいさんが笠をかぶせて差し上げる話だが、最近では、その場から動けない地蔵の特徴を捉え、動くべきときにじっとしている人、たとえば野球でデッドボールをまったく避けない打者やライブやフェスで周囲の盛り上がりを無視してじっと立っているだけの客のことを「地蔵」と呼ぶ。新型コロナウイルスの感染拡大を経て様々な出来事が新しくなったが、新たな「地蔵」が誕生していた。俳人で著作家の日野百草氏が、...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】上田晋也さん、産後の北川景子に暴言、女性週刊誌に叩かれる - 11月23日(月)07:20  livejupiter

上田晋也、北川景子に産後軽視発言 アウトな男性優位の家族観 11/23(月) 7:05配信 NEWS ポストセブン https://news.yahoo.co.jp/articles/6336ea66f105e80683d5fbf15aadd5c4f5b27659 「自宅のお風呂で、15分間トリートメントをして、パックをしたい」──。うんうん、わかる。子供が小さいとお風呂にゆっくり入る時間なんてないわよね。しかも、生まれたばっかりの赤ちゃんがいたら、シャワーさえ浴びるヒマもないのよ──。  9月に出産したばかりの北川景子(34才)が『しゃべくり007』(日本テレビ系)で冒頭のように話して、世の...
»続きを読む
カテゴリー:

【技能実習】困窮する外国人技能実習生 日本人が犯罪をそそのかす構図も - 11月21日(土)17:42  newsplus

略… 「実習生たちは、新型コロナウイルスの影響で仕事もなくなり、かといって国にも帰ることができず、本当に切羽詰まっていたようです。犯人の知り合いだというベトナム人に話を聞くと、悪いことだとは思うが生きるためには仕方がない、人を傷つけることは嫌で泥棒をしたのではないかと同情していました」(テレビ局社会部記者)  また、逮捕されたベトナム人の周辺を取材すると、次のような話も聞こえてくる。 「結局みんな、日本に来れば技術を学べるだけでなく大金も稼げると思って、ベトナムの送り出し機関やブローカーに数百...
»続きを読む
カテゴリー:

【FRIDAY】宮迫博之のテレビ復帰を望む明石家さんまが漏らした「吉本との溝」 - 11月21日(土)08:51  mnewsplus

11/21(土) 8:02配信 FRIDAY 写真:FRIDAYデジタル 「現在予定はなにもしておりません」 11月17日、テレビ朝日が定例社長会見を行い、『アメトーーク!』でかつて司会を務めていた「雨上がり決死隊」の宮迫博之の復帰について「現在予定はなにもしておりません」と否定した。 【写真】錦戸亮が瑛太にボコボコに殴られた現場写真入手 去年の6月に報じられた“闇営業騒動”をきっかけにテレビから姿を消した宮迫。現在はユーチューバーとして115万人の登録者数を誇る人気チャンネルを運営している。 さらに21日からはYouTubeの新...
»続きを読む
カテゴリー:

小室圭の2年後は安泰か波乱か?眞子さまとの結婚で手にする億単位のカネの味 - 11月20日(金)17:35 

宮内庁は去る13日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)の結婚に関するお気持ちを文書で公表した。婚約が内定している小室圭さん(29)との結婚の再延期が示された形となったが、「納采の儀」延期の発表から2年、結婚に対する気持ちは変わらないことを表明された。 「お気持ち」で消された年内入籍への言及 秋篠宮家にとっての一大儀式となった「立皇嗣の礼」が執り行われたのが今月8日。それからわずか5日後の発表となった、眞子さまのお気持ち。 もともと眞子さまと小室さんは2017年9月に婚約が内定。2018年11月に結婚式を挙げる予定だったが、結婚の諸行事を天皇の代替わり儀式が終わる2020年に延期すると発表されていた。 眞子さまは小室さんについて「幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在」と綴られ、変わらぬ気持ちであることを明らかにしている。 普通の男女の仲であれば、女性はなかなかこんなに待ってくれない。男性が転勤してすぐに破局してしまうカップルはざらにいるし、合わない日が続けば、別の異性に目がいってしまっても何ら不思議ではない。 きっと小室さんは眞子さまをベタ惚れにさせる何かを持っているのだろう。もしかしたら、得意の英語でロマンチックな愛の囁きができるかもしれないし、見た目からは想像もつかない男気がある性格なのかもしれない。 【関連】自民こそ既得権益集団だ。学術会議バッシングに勤しむ政治屋...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ポストセブン」の画像

もっと見る

「ポストセブン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる