「ポイント減少」とは?

関連ニュース

【銀行サービス】ネットバンキング利用率6割、10年で10ポイント減少 民間調査 - 02月14日(金)18:56  bizplus

インターネット調査を手掛けるマイボイスコム(東京・千代田)によると、インターネットバンキングの利用率は64%で、過去10年で11ポイント減少した。不正ログインやクレジットカード番号の流出など、安全性への不安が背景にあるとみられる。利用する銀行については、楽天銀行やゆうちょ銀行を挙げた人が多かった。 マイボイスコムが1月、10~70代の男女を調査し1万336人から有効回答を得た。ネットバンキングについて、「現在利用している」と答えたのは64%で、2010年の75%から大幅に減少した。「現在は利用していないが、利用したこと...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】「Windows 10」に更新済は7割、2割が「Windows 7」のまま - 02月12日(水)23:23  newsplus

 ジャストシステムは、2月12日、同社が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2019年度総集編」を発表した。  同調査は、全国の17歳から69歳の男女1100名を対象に、セルフ型ネットリサーチ「Fastask」によって毎月1回実施している「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の、2019年の調査データをまとめて分析し直したもの。  2019年から2020年1月にかけてWindows 7のサポート切れが...
»続きを読む
カテゴリー:

新型肺炎の流行で世界が気づき始めた「チャイナリスク」の巨大さ - 02月07日(金)04:45 

毎日数千人規模の勢いで罹患者数が増加するなど、感染速度の衰えを見せない新型肺炎。中国の工場では操業停止が相次いでおり、世界の製造現場の混乱も予想される事態となっています。しかしこの状況が、中国から撤退できずにいる外資企業にとっては好機になるとするのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんは今回、自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』にその理由を記すとともに、中国の軍事的脅威緩和の可能性についても言及しています。 ※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2020年2月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう) 1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 【中国】新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性 感染拡大が止まらない新型肺炎ですが、世界経済にも大きな悪影響が出始めています。中国国営メディアや一部の専門家は、2020年1~3月期の国内生産成長率が2ポイント減少する可能性を指摘し、また、中国経済にと...more
カテゴリー:

【日刊薬業】第26回MR認定試験、合格率は74.3% .. - 01月30日(木)00:02 

【日刊薬業】第26回MR認定試験、合格率は74.3%  前回から1.6ポイント減:  MR認定センターは29日、昨年12月8日に行われた第26回MR認定試験の合格率が74.3%だったと発表した。前回の75.9%から1.6ポイント減少した。同センターは「合格率は前回と比べ、ほぼ横ばいだ...
カテゴリー:

【調査】「Windows 10」に更新済は7割、2割が「Windows 7」のまま ★2 - 02月13日(木)08:37  newsplus

 ジャストシステムは、2月12日、同社が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2019年度総集編」を発表した。  同調査は、全国の17歳から69歳の男女1100名を対象に、セルフ型ネットリサーチ「Fastask」によって毎月1回実施している「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の、2019年の調査データをまとめて分析し直したもの。  2019年から2020年1月にかけてWindows 7のサポート切れが...
»続きを読む
カテゴリー:

【PC】“まだWindows 7”のユーザーは約2割 お前らそんなに10が嫌いなの? - 02月12日(水)19:03  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif ジャストシステムは2月12日、情報サイト「Marketing Research Camp」で毎月実施している「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の 2019年度の1年間の調査データをまとめた「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2019年度総集編」の発表を行った。 レポート結果は自主調査レポートページで無料ダウンロードが可能だ。 2019年にはWindows 7のサポート切れとWindows 10への移行促進が話題となったが、今回の調査によるとWindows 7の利用率が4ポイント減少するとともに Windows 10...
»続きを読む
カテゴリー:

2019年第4四半期のスマートフォン出荷台数、Appleが8四半期ぶりの1位 - 02月05日(水)18:36 

headless曰く、 IDCの推計によると、2019年第4四半期のスマートフォン出荷台数でAppleが2017年第4四半期以来8四半期ぶりにSamsungを抜いて1位に上昇している(プレスリリース)。 Appleの出荷台数は前年同四半期比540万台増(7.9%増)の7,380万台。毎年Appleの出荷台数は新機種発売直後の第4四半期に最も多くなるが、7,000万台を超えるのも2017年第4四半期以来となる。シェアも20.0%に到達し、2012年第4四半期以来の20%台となった。Apple CEOのティム・クック氏は第4四半期のすべての週でiPhone 11が新機種3モデル中最も売れていたと2020年度第1四半期(2019年第4四半期)業績発表のカンファレンスコールで述べており、低価格モデルが出荷台数を押し上げたとみられる。IDCでは噂されている「SE」新モデルの価格が予算を重視する購入者のスイートスポットをヒットすれば、新興国市場でのシェアを伸ばすことができるとの見方を示している。 2位のSamsungは90万台減(1.2%減)の6,940万台、3位のHuaweiは430万台減(4.3%減)の5,620万台。Samsungのシェア(18.8%)は前年同四半期と同じだが、Huaweiのシェア(15.2%)は1.0ポイント減少している。Huaweiの出荷台数が減少するのは2017年...more
カテゴリー:

「ポイント減少」の画像

もっと見る

「ポイント減少」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる