「ボーダーレス」とは?

関連ニュース

【現文講師・小柴大輔直伝】志望理由書&小論文対策!時事問題・現代社会を一冊でおさえよう - 02月28日(金)00:16 

小論文や、総合型選抜・学校推薦型選抜の対策には読書がいいというけれど、実際どんな本を読んだらいいんだろう?そんな人のために、スタディサプリで「現代文」と「小論文」を担当する小柴大輔先生が読書案内をしてくれるコーナーがスタート!語りかけるように、おすすめの本を紹介してくれるよ。 小柴大輔先生 プロフィールZ会東大進学教室で講師を務めるほか、ロースクール(法科大学院)や司法試験受験の予備校においても一般教養小論文を指導している。感覚ではなく論理的に答えを導く指導に定評があり、「現代文に対するイメージが変わった」と受験生から圧倒的な支持を集めている。スタディサプリでは、現代文のほか、小論文や総合型選抜・学校推薦型選抜対策講座を担当。 入試に役に立つだけじゃない、魅力的な本をたくさん紹介 予備校の「現代文・小論文」の講師は、実は授業のためにテキストをつくる段階、予習する段階で数多くの入試問題になった文章・本を読む。また模試作成や監修のためにも数多くの文章・本を読む。おそらく大学の研究者や出版社の編集者と並んで、「最も〝仕事で本を読む〟職業」なんだそう。 「そのおかげで、私が大学や大学院で専攻していた「歴史学」や「哲学」関連以外の本もずいぶんたくさん読んできました。しかも私は趣味も読書なので、紹介したくなるようなすてきな本がいくつもあります」(小柴先生) そんな小柴先生が、入試に役に立つだ...more
カテゴリー:

カステルバジャック手掛ける「ベネトン」2020-21AW、様々なものが混在するボーダーレスな世界 - 02月21日(金)20:00 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

ハーバー研究所 映画「37セカンズ」に協賛、ブランドの価値観発信も - 02月13日(木)13:30 

 ハーバー研究所が協賛する映画「37セカンズ」が2月7日、全国で上映を始めた。映画は、「可能性」を制約された障害のある女性が自らの力で世界を切り開いてく成長物語。同社による映画への協賛は初めて。作品が伝えるメッセージへの共感から協賛を決めた。協賛を通じて、自らのブランドが持つ価値観も発信していく。  「人生経験がない作家に、いい作品は描けない」。映画は、出版社の女性編集長にそう一蹴された障害を持つ女性の成長を描く。主人公は、37秒間の仮死状態で生まれたことが原因で脳性麻痺を患っている。過保護なシングルマザーのもと、親友の漫画家のゴーストライターをしながら社会にひっそりと存在する。「障害があろうがなかろうがあなた次第」。あるきっかけで出会った友人達に勇気づけられながら、直感を信じて自ら道を切り開いていく。  映画との縁は、主演で、自身も脳性麻痺を患った佳山明さんがハーバー研究所の商品の愛用者だったことから始まった。佳山さん自身も肌が弱く、映画にメークシーンがあったことから商品提供を同社に依頼。これを快諾し、撮影場所なども提供している。  ハーバー研究所自体も07年から会報誌に障害のあるアート作品を採用する(=画像)。障害のある人のアート作品を社会に発信するNPO法人、エイブルアート・カンパニーの展示会で、創業者の故・小柳昌之氏が、作品に魅了されたことがきっかけ。以降、09年から...more
カテゴリー:

【2020年肉フェス】最新ボーダレス肉料理集結 注目の“牧草牛”から高級肉や希少部位まで 東京5/1-・大阪4/29- - 02月12日(水)12:16  newsplus

2020年「肉フェス」東京・大阪で - 国内最大規模フードのフェス、高級ブランド牛や最新肉料理集結 https://www.fashion-press.net/news/58189 フードフェス「肉フェス」が、東京・駒沢オリンピック公園、大阪・長居公園で開催。東京会場は2020年5月1日(金)から5月6日(水・振休)まで、大阪会場は4月29日(水・祝)から5月10日(日)までの期間で開催される。 累計来場者数720万人!国内最大級フードフェス「肉フェス」が2020年も これまでの累計来場者が720万人を超える国内最大級のフードフェス「肉フェス」が2020年も開催。今回は...
»続きを読む
カテゴリー:

暗号通貨のセキュリティを提供する台湾のCoolBitXがSBI HoldingsなどからシリーズBを調達 - 02月26日(水)14:30 

ブロックチェーンのセキュリティを提供している台湾のCoolBitXが、1675万ドル(約18億5000万円)のシリーズBを発表した。このラウンドをリードしたのは、シリーズAのときと同じ日本の金融グループSBI Holdingsだ。 参加した投資家は、韓国の暗号通貨取引所Bitsonic、日本の金融サービスMonex Groupそして台湾のNational Development Fund(国家発展基金)だ。 2014年に創業したCoolBitXには、2つのプロダクトがある。まずCoolWallet Sは、暗号通貨のためのBluetooth対応ハードウェアウォレットだ。もうひとつのプロダクトSygnaは、金融活動作業部会(Financial Action Task Force、FATF)が2019年策定したルールに対する、仮想資産サービスプロバイダーたち(virtual asset service providers、VASPs)のコンプライアンスを助けるソリューションだ。 「トラベルルール」と呼ばれるそのルールは、仮想資産サービスプロバイダーがトランザクションの間に顧客から個人同定情報(personally identifiable information,、PII)を得ることを義務付けて、マネーロンダリングやテロリストの資金獲得などを防ぐ。FATFのメンバー国のVASPsはすべて...more
カテゴリー:

2020東京オリンピックを中止にさせたい 良い方法教えろ。 - 02月21日(金)12:25  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/mydoc.gif https://r.nikkei.com/article/DGXMZO53979760Y9A221C1TJC000 中食・外食、溶ける境界線 増税後「食卓」争奪激しく 調理済みの食品を持ち帰って食べる「中食」(なかしょく)需要の争奪戦が始まった。10月の消費増税時に宅配も含め税率が8%に据え置かれて市場が伸びている。店での食事が10%に上がって向かい風にさらされる外食企業は 持ち帰り専門の店や商品で攻め込む。弁当店や総菜店は若者を中心に人気が上がる宅配サービスの利用に乗り出し、新たな市場開拓をめざす。業界の境界を越えた...
»続きを読む
カテゴリー:

ボーダーレスな革新が集った日──授賞式フォトレポート - 02月12日(水)20:00 

未来に革新をもたらすイノヴェイター20組を日本から世界へと発信してきた「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2019」。12月12日に東京都内で開かれた授賞式にはさまざまな分野のイノヴェイターが集い、刺激的な時間と空間を共有した。新たな革新が生まれる装置として機能していたレセプションの様子をレポートする。
カテゴリー:

「ボーダーレス」の画像

もっと見る

「ボーダーレス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる