「ボランティア」とは?

関連ニュース

仙台・岡田の新旧住民、笑顔で交流「笑楽隊」公演楽しむ - 01月22日(火)20:07 

東日本大震災の被災者に笑いを届ける仙台市のボランティアグループ「杜の都の笑楽隊」の公演が17日、同市宮城野区岡田の上岡田集会所であった。同区蒲生地区などから集団移転した被災者を含む上岡田町内会の新旧住
カテゴリー:

~今年もよろしくお願いします!~ 音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」による老人ホーム・慰問イベントが行われました - 01月22日(火)18:00 

 1月20日、日曜日に文京区の特別養護老人ホームにサイエントロジー音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」が慰問演奏のために訪問し演奏を行いました。特定非営利活動法人イマジンは、秋桜の活動を応援します。
カテゴリー:

34万人の外国人労働者を受け入れるために…。日本語教育の法制化に向けて署名活動が始まる - 01月22日(火)17:50 

外国人を対象にした日本語の教育を推進する法案を成立させようと、大学教授などで作る団体がネット上で署名を募っている。2019年4月から施行される改正出入国管理法を機に、5年間で最大34万人あまりの外国人労働者を受け入れることが背景にある。■外国人は今後も増加するが・・・日本語は不十分法務省の統計によると、日本国内に住む外国人は2018年6月時点で約260万人と年々増加している。さらに、政府が推進してきた改正出入国管理法が2018年12月に参議院で可決・成立し、2019年4月からの5年間で、最大34万5150人の外国人労働者を受け入れることが決まっている。署名活動を主催している「日本語教育の推進に関する法律の早期成立を要望する会」によると、これまでも仕事を求めて来日したものの、日本語のレベルが十分ではなく、労働者やその子供が日本社会に馴染めないケースが多く寄せられているという。会では今後、改正入管法を機にさらに外国人が増えることから、日本語教育を受けられる機会を最大限、確保できるようにする法律の成立を目指している。2019年の通常国会に議員立法として提出される見込みだが、改正入管法が施行される4月より前の成立を目指すため署名を募っているという。法律では、外務大臣と文部科学大臣に日本語教育のために必要な基本方針案を作成するように求める。その上で都道府県などに基本方針を元に教育プランを練ら...more
カテゴリー:

〜何か打つ手がある〜 自然災害の救助現場で使われてきた援助法を紹介するイベントが海老名にて開催されました! - 01月22日(火)14:00 

「何か打つ手がある」をメッセージにこれまでも9.11同時多発テロや、スマトラ沖地震、東日本大震災や西日本大豪雨災害など多くの現場で被災者を助けてきた国際サイエントロジー・ボランティアミニスターが1月20日(日)に海老名ビナウォークにて、手助けを目的とした効果的な救援法を無料で提供する体験イベントを開催しました。
カテゴリー:

【ボランティア情報】倉敷市 23日は現地活動休止 - 01月21日(月)20:11 

【ボランティア情報】倉敷市 23日は現地活動休止。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
カテゴリー:

【ボランティア情報】倉敷市 23日は現地活動休止 - 01月22日(火)19:15 

【ボランティア情報】倉敷市 23日は現地活動休止。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
カテゴリー:

〜今年もよろしくお願いします!〜 音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」による老人ホーム・慰問イベントが行われました - 01月22日(火)18:00 

 1月20日、日曜日に文京区の特別養護老人ホームにサイエントロジー音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」が慰問演奏のために訪問し演奏を行いました。特定非営利活動法人イマジンは、秋桜の活動を応援します。
カテゴリー:

~何か打つ手がある~ 自然災害の救助現場で使われてきた援助法を紹介するイベントが海老名にて開催されました! - 01月22日(火)14:00 

「何か打つ手がある」をメッセージにこれまでも9.11同時多発テロや、スマトラ沖地震、東日本大震災や西日本大豪雨災害など多くの現場で被災者を助けてきた国際サイエントロジー・ボランティアミニスターが1月20日(日)に海老名ビナウォークにて、手助けを目的とした効果的な救援法を無料で提供する体験イベントを開催しました。
カテゴリー:

約1100キロを徒歩で、スーパーボランティアの“挑戦” - 01月22日(火)00:55 

 およそ1100キロの道のり、どんな旅をしているのでしょうか?大分出身のスーパーボランティア・尾畠春夫さん(79)が東京から大分をめざし、徒歩で帰宅しています。過酷とも言える挑戦、その裏には、ある思いがありました。(21日23:31)
カテゴリー:

NEC,EVO Japan 2019に「ボランティア支援サービス」を提供 - 01月21日(月)17:36 

EVO Japan 2019配信元NEC配信日2019/01/21<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>国内最大規模のeスポーツ大会「EVO Japan2019」に「ボランティア支援サービス」を提供NECは、2月15日(金)〜17日(日)に福岡市で開催される国内最大規模のeスポーツ(注1)大会である対戦格闘ゲームトーナメント「 Evolution Championship Seri…
カテゴリー:

もっと見る

「ボランティア」の画像

もっと見る

「ボランティア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる