「ボランティア」とは?

関連ニュース

日テレから独立の藤井貴彦アナ明かしたボランティア実況「サッカーのそばで生きて行くには?」 - 02月26日(月)23:39 

フリー転身を発表している日本テレビ藤井貴彦アナウンサー(52)が26日放送の日本テレビ系「深イイ話 復活2時間SP 有名人の家族は幸せか?」(午後9時)にVTR出演。 現在、関東サッカーリーグ、ディビジョン1部の「南葛SC」公式YouT…
カテゴリー:

被災の穴水にボランティア宿泊施設 石川県開設、活動時間確保へ - 02月26日(月)19:58 

 能登半島地震の被災地で一般ボランティアの活動時間を長く確保しようと、石川県は26日、県北部の穴水町に約100人が滞在できる宿泊施設を開設した。施設は廃校になった公立中学校を活用し、甚大な被害が出ている珠洲市と同町で活動する参加者に1泊2日で利用してもらう方針だ。
カテゴリー:

日本人「山本太郎さんが石川県民に中傷されたからボランティアに行くのやめよう」→結果 - 02月26日(月)18:13  poverty

れいわ新選組 | 何があっても心配するな そんな国をあなたと作りたい https://reiwa-shinsengumi.com/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

サイボウズ、災害ICT支援ツール活用術をまとめた研修テキストを発行 - 02月26日(月)16:09 

サイボウズは2月26日、災害ボランティアセンターで「kintone」を活用するメリット、ノウハウを盛り込んだ「災害ボランティアセンター kintone研修テキスト」(2024年版)を発行した。
カテゴリー:

【乞食速報】万博ボランティア、日給2000円。急げ - 02月26日(月)14:33  poverty

大阪万博「目標2万人」ボランティア募集に手を上げたのは4000人 1日2000円支給に「やりがい搾取」の悪夢再び https://smart-flash.jp/sociopolitics/274546/1/1/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ボランティア宿泊拠点、初日に42人 8時間の活動確保で復旧急ぐ - 02月26日(月)21:08 

 能登半島地震の被災地で片付けなどを手伝うボランティア向けの宿泊拠点が石川県穴水町に完成し、26日に運用が始まった。初日は42人が同県珠洲市と穴水町で活動後に宿泊し、翌日も朝から活動する。半島北部の「…
カテゴリー:

石川県 被災地のボランティア宿泊拠点を穴水町に設置 運用開始 - 02月26日(月)19:06 

石川県は能登半島地震の被災地で活動してもらうボランティアの宿泊拠点を穴水町に設け、26日から運用を始めました。
カテゴリー:

「恩返しの気持ち」ミャンマー人グループが能登でボランティア。難民として日本に逃れてきた人たちも - 02月26日(月)17:30 

【あわせて読みたい】在日外国人による能登半島地震被災地への募金活動広がる。「私たちも少しでも力に」と街頭募金在日ミャンマー人グループが2月25日、能登半島地震で被害を受けた石川県七尾市でボランティア活動をした。東京から石川入りした44人は、避難生活を続ける高齢者らの被災家屋の片付けなどを手伝った。ミャンマーから日本へ逃れてきた、難民の背景を持つ人々も参加した。2011年に発生した東日本大震災の被災地でボランティアをした人たちも複数参加し、当時の経験を活かして活動した。七尾市でボランティアにあたる在日ミャンマー人のグループ被災家屋の片付けを手伝い今回、ボランティアの中心となったのは、日本で暮らすミャンマー人が抱える問題に取り組むNPO法人「PEACE」と、少数民族の団体「在日ビルマ連邦少数民族協議会(AUN)」。能登半島地震発生直後から現地で活動する、被災地NGO協働センターと連携して企画した。特に今、人手が足りておらず、高齢の被災者らからのニーズが高かった家屋の片付けを手伝った。地震発生からまもなく2カ月が経とうとしているが、高齢者が多い地域では、物が散乱した自宅を片付けられずにいる人たちがたくさんいる。ボランティアたちは、使えなくなった家具を運び出し、散乱した物の整理や片付けも行った。44人は24日夜にマイクロバスなどに分乗して東京を出発。翌日25日の日中に七尾市でボランティアを...more
カテゴリー:

米NASAが「火星人」募集、その条件は シミュレーション空間で1年間生活 - 02月26日(月)16:00 

米航空宇宙局(NASA)がいずれ火星に人類を送り込むことを想定して、火星のシミュレーション空間で1年間生活する「火星人」を募集している。 「CHAPEA」と呼ばれる火星シミュレーションは2025年春から第2弾が始まる予定。4人のボランティアクルーが米テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターにある火星居住空間「マーズ・デューン・アルファ」で1年間生活する。3Dプリンターで制作した居住空間は...
カテゴリー:

ボランティア団体「よこて和生の会」 相談、語らいの場を提供 - 02月26日(月)14:00 

 秋田県横手市のボランティア団体「よこて和生(なな)の会」(小棚木律子代表)は、横手地区と大森地区で毎月コーヒーサロンを運営する。「支え合おう心といのち」をスローガンに、相談や語らいの場を提供している…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる