「ベンチャー企業」とは?

関連ニュース

大気から二酸化炭素を取り出す技術のカナダ企業が資金調達、商業展開へ - 03月26日(火)21:00 

地球温暖化対策として、二酸化炭素の排出を抑制するのは重要なことだ。加えて、現実問題として、すでにある二酸化炭素もなんとかしなければならない。 そうしたミッションに取り組もうと、大気から二酸化炭素を取り出すDAC(Direct Air Capture)技術を開発するカナダのベンチャー企業Carbon Engineeringはこのほど6800万米ドル(約75億円)を調達した。これをもとにいよいよ本格的に商業展開する。 ・プラント拡張 Techableでも以前紹介したが、Carbon Engineering社は昨夏、大気中の二酸化炭素1トンを100ドル以下のコストで取り出せるようになったと発表していた。 それまで同技術は高コストで実用的でないとされていたが、コストを抑制できたことから実用化が視野に入っていた。今回6800万米ドルという巨額資金を調達し、本格化させる。 具体的には試験プラントの拡張と初の商業施設を建設する。これらで合わせて年間100万トンの二酸化炭素を大気中から取り出すことができるという。 ・CO2を燃料に Carbon Engineeringはまた、取り出した二酸化炭素と水素を組み合わせて液体燃料をつくる技術の開発も手がけていて、今回調達した資金の一部はこちらにもあてられる。 二酸化炭素を取り除き、それを燃料として有効活用するというのは最高のソリューションで、当然のことな...more
カテゴリー:

「五感の一つを丸取りする」--Voicy緒方氏が“音声”に辿り着くまで - 03月26日(火)11:30 

音声領域のベンチャー企業として勢いに乗る「Voicy」の創業者・緒方憲太郎氏は、なぜ世界的にもまだ音声サービスが普及していなかった3年前からこの領域に注目していたのか。自身のキャリアの中でいくつかのターニングポイントがあったと語る同氏に、「音声」に辿り着くまでの歩みをじっくりと語ってもらった。
カテゴリー:

We are NINJA!!忍法・浅草JACKの術!?  異国の地より集いし、謎の漆黒集団がついに1万人突破!! 下町を熱狂させる、世間やSNSを騒がす彼らの正体とは・・・ - 03月26日(火)10:00 

非日常体験イベント創造集団であるHoliday Jack株式会社(本社:江東区、代表取締役:矢野智之)は、東京・浅草において訪日外国人観光客をメインターゲットとした、忍者になれちゃう日本唯一のツアー型アクティビティ「NINJA TOUR」を企画開催しています。本コンテンツ開始より早4年。参加者累計がついに1万人を突破しました!!(2019年3月上旬)2020年東京オリンピックに向け更なる事業拡大を行うにあたり、遂に今まで非公開であったその全貌を公開致します!!◯詳細ページ:https://www.holiday-jack.co.jp/ninja/◯リリースダウンロード:https://drive.google.com/file/d/1UtkLXmcmoBeGGT6lAmm0-xWJ6BkHJSun/view?usp=sharing■外国人に大人気!? NINJA TOURの全貌とは・・・浅草観光をしている際、この謎のNINJA集団を目にした人も多いのではないだろうか・・・実は彼ら、忍者の術はおろか日本語すらも全くわからない、ただの訪日外国人観光客なのだ!!日本初の「忍者」になれちゃう ツアー型アクティビティである「NINJA TOUR」では、参加者皆が忍者の衣装を身にまとい、上忍と称されるガイドと共にディープな浅草観光を行います。忍者を日本文化の象徴と捉えている彼らにとって浅草 仲...more
カテゴリー:

音声ITベンチャー企業Voicyが朝日放送グループ、文化放送および複数の個人投資家から約1.2億円の資金調達を実施 ~新しい音声コンテンツの開発でライフスタイルメディアを狙う~ - 03月26日(火)07:00 

[株式会社Voicy] [画像1: https://prtimes.jp/i/21111/23/resize/d21111-23-707289-3.jpg ] 資金調達の背景 今回、事業会社や新規個人投資家には「声のブログ」という新しい音声コンテンツの魅力や、ユーザーコミュニティの深さ...
カテゴリー:

平井宇宙政策担当相、デブリ除去技術開発企業を視察 - 03月25日(月)19:55 

 平井卓也宇宙政策担当相は25日、ロケットの破片など「宇宙ごみ」除去の技術化について「国際社会で日本がリーダーシップを取り、技術的実証を含めて進められたら貢献度は高い。日本の技術力が試される。政府として宇宙ベンチャーを支援したい」と述べた。除去技術の事業化を目指すベンチャー企業「アストロスケール」(東京都墨田区)の視察後、記者団に語った。
カテゴリー:

ユニーク休暇で有休推進 ベンチャー企業の工夫続々 - 03月26日(火)17:20 

 ベンチャー企業でユニークな休暇制度を設ける動きが出ている。成長のため、休日すら返上して働きがちな「体質」があるところが多いが、しっかり休むのも大事。4月以降、国が年5日の有給休暇の取得を各企業に義務…
カテゴリー:

学生起業 学生が支援 山形大工学部に会社設立 - 03月26日(火)10:00 

山形大は25日、学生による起業を学生たちで支援するベンチャー企業「インキュベーションポートやまがた」が米沢市の工学部キャンパス内に設立されたと発表した。学生からのビジネスのアイデアを磨き、資金を調達か
カテゴリー:

京都経済センターのロゴと事業計画、運営法人が発表 - 03月26日(火)08:13 

 京都経済センター(京都市下京区)の運営法人「京都知恵産業創造の森」の立石義雄理事長(京都商工会議所会頭=オムロン名誉会長)は25日、同市内で会見を開き、法人のロゴマークを披露した。古賀デザイン(同市西京区)の古賀真吾代表が描いたもので、森の生態系のように京都で大企業から中堅、中小・ベンチャー企業まで持続的に成長するイメージを表現した。
カテゴリー:

世界40地域のトップスタートアップが1億円の賞金獲得を目指し集結 スタートアップW杯決大会5月17日サンフランシスコにて開催 - 03月26日(火)07:00 

[株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン] 決勝大会には革新的なベンチャー企業、著名な講演者に加え、起業家、CEO、300名以上のベンチャーキャピタリスト、500名以上の大手企業経営企画部担当者等、総勢2,500名の参加者を迎えます。日本企業が参加するメ...
カテゴリー:

【書評】山中伸弥教授が解説。ES細胞とiPS細胞の違いとは何か? - 03月25日(月)19:35 

教養番組としては異例の総合視聴率12.6%を記録したNHK「人体 神秘の巨大ネットワーク」。そんなプログラムの司会を努めたノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏が人体について語り尽くす「番組スピンオフ」的一冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが詳細にレビューしています。 偏屈BOOK案内:『山中伸弥』 『山中伸弥 人体を語る』 NHKスペシャル「人体」取材班 編集/小学館 2017年9月から8回にわたって放映されたNHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク」は、総合視聴率12.6%の大人気シリーズであった。司会者は山中伸弥教授。最先端の研究の現場をわかりやすく、しかもまだまだこれからであるということも含めた内容を、専門家ではなく一般の人々にできるだけ正確に伝えるのが使命と考え、毎回、難しいことを分かりやすく話してきたという。 iPS細胞とES細胞の違いは何か。人間を含む動物の受精卵が「胚盤胞」と呼ばれる状態になったときの、将来赤ちゃんになる細胞集団から取り出して、培養できるようにした細胞がES細胞で、まだ分化前だから、神経でも皮膚でも筋肉でも、どのような細胞にでもなれる能力を持つ。いわば万能な細胞である。 iPS細胞では受精卵は使わない。皮膚細胞や血液の細胞など、どのような細胞でもいい。細胞集団を取りだし「山中因子」と呼ば...more
カテゴリー:

もっと見る

「ベンチャー企業」の画像

もっと見る

「ベンチャー企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる