「ベンチャー企業」とは?

関連ニュース

UNITED---急伸、第1四半期の営業利益は3.1倍 - 最新株式ニュース - 08月06日(木)14:32 

<2497>  UNITED  1266  +82急伸。21年3月期第1四半期(20年4-6月)の営業利益を前年同期比212.9%増の53.00億円と発表している。ベンチャー企業に投資するインベストメント事業で投資先の営業投資有価証券を売却し、増益となった。アドテクノロジー事業やコンテンツ事業も利益拡大に貢献した。
カテゴリー:

コロナショックでNISA口座開設数が若者を中心に増加中『いちばんカンタン つみたて投資の教科書』著者森永康平、キンドル電子書籍にて配信開始。負ける可能性の少ない投資法。 - 08月05日(水)18:00 

株式会社あさ出版(東京都豊島区池袋/代表取締役:佐藤和夫 http://www.asa21.com )は、2020年7月27日に『いちばんカンタン つみたて投資の教科書』著者森永康平、キンドル電子書籍ストアにて配信開始されました。■『いちばんカンタン つみたて投資の教科書』著者森永康平・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2EPKNjh・アマゾン書籍   https://amzn.to/2XqmkHGコロナショックの影響で小額から投資ができるつみたてNISA口座開設数が、近年若者を中心に増加中。●相場が下落してもあわてる必要はゼロ!!それが「つみたて投資」●投資信託でのつみたてが「初心者に最適」なこれだけの理由●1本でも分散!あれやこれやと「対策する心配もなし!!」●老後資産の2000万円問題も「つみたてなら安心!?」●結局、「長く続ける人」が投資で成功する人!!本書は森永卓郎氏を父に持ち、金融教育家で若手経済アナリストとしていま注目の森永康平氏が、わかりやすくつみたて投資のメリット・デメリットから始め方、続けるための考え方やコツ、さらにはプロから見たお勧めの投資信託までを紹介する、投資初心者にはうってつけの一冊。●将来に備えて何かしなければいけない!●でも、何をすればいいのかわからない!「つみたて投資」を始める前の段階である、どこの証券会社や銀行を選べばいいのか証券...more
カテゴリー:

“持ち運び可能”なコロナ「治療薬」に世界も注目 .. - 08月05日(水)12:01 

“持ち運び可能”なコロナ「治療薬」に世界も注目 福岡のベンチャー企業が開発目指す
カテゴリー:

東証マザーズの時価総額上位10位の企業は?会社概要や将来性を投資初心者向けに解説 - 08月05日(水)10:45 

東証マザーズは東京証券取引所にある市場の一つです。マザーズに上場している企業は新興企業やベンチャー企業が多く、成長企業特有の活発な値動きを期待できるため、高い収益性を狙う投資家の方に人気があります。ただし、その上場基準は東証一部や二部等と比べて緩い部分もあるため、投資をする際はある程度のリスクを見込む必要がある市場と言えます。 そこでこの記事では、東証マザーズの特徴を解説するとともに、時価総額上位10企業を取り上げます。高い成長が見込める新興市場に関心のある方、話題の人気企業の特徴や将来性を知りたい方は、参考にしてみてください。 目次 東証マザーズとは 東証マザーズの時価総額上位10企業 2-1.メルカリ 2-2.freee(フリー) 2-3.ラクス 2-4.弁護士ドットコム 2-5.JMDC 2-6.アンジェス 2-7.マネーフォワード 2-8.Sansan 2-9.AI inside 2-10.BASE まとめ 1 東証マザーズとは 東京証券取引所には、「東証一部」「東証二部」「マザーズ」「JASDAQ」「TOKYO PRO Market」という5つの市場があります。中でもマザーズは、日本を代表する大企業や中堅企業が上場している東証一部や二部に比べると新興企業が中心で、多くが将来一部や二部への上場を目指しています。 各市場には、「株主数」「流通株式数」「時価総額」などの上場...more
カテゴリー:

「Circular Yokohama」に取り組むハーチが、ジャーナリズム支援市民基金「ジャーナリズムZ賞」を受賞 - 08月04日(火)19:32 

横浜のサーキュラーエコノミーを加速させる「Circular Yokohama」事業で、横浜市が運営するベンチャー企業支援プログラム「YOXOアクセラレータープログラム」に参加するハーチが、ジャーナリズム支援市民基金の第1回ジャーナリズムX(エックス)アワードで「ジャーナリズムZ賞(選考委員奨励賞)」を受賞した。 #ヨコハマ経済新聞
カテゴリー:

加賀電子(株) (株)ピーステックラボへの出資に関するお知らせ - 08月06日(木)11:30 

加賀電子株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:門 良一、以下「当社」)は、レンタルサービスベンチャー企業の株式会社ピーステックラボ(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長:村本 理恵子、以下「PTL」)へ出資し、7月27日に資本参加しましたのでお知らせいたします。記1.PTLの業務内容PTLは、モノの貸し借りができるシェアリングプラットフォーム「Alice.style(アリススタイル)」の運営を通じて、所有しなくても誰でも特別な体験ができる「体験の平等性」という新しい価値を提供しています。「Alice.style」は、貸主の『使用頻度の低いものを貸してお金にしたい』、借主の『物を簡単に借りて試したい、ちょっと贅沢品を使ってみたい』という、個人と個人、企業と個人のニーズをマッチングさせるサービスです。使っていないユーズド品や製品化されたばかりの商品などの貸し借りを通じて、驚きや感動、楽しさを体験したり、商品メーカーにとっては新たな顧客との接点を創出するプラットフォームとして機能しています。 レンタル品の予約・発送連絡・メッセージのやりとりは全てアプリ内で完結、レンタル品には物損・盗難等の損害保険が付保されるなどユーザーが安心して利用できる環境を構築しています。本年6月より、レンタルした商品をアプリ上の手続きで購入できる「借りて買える(Rent&Buy)」のサービスも追加されま...more
カテゴリー:

長岡市、長岡高専、KDDI、ICT人財・起業家人財育成による地域産業創出に向けた協定を締結 - 08月05日(水)14:00 

2020年8月5日 KDDI株式会社 新潟県長岡市 独立行政法人国立高等専門学校機構長岡工業高等専門学校 新潟県長岡市、長岡工業高等専門学校、KDDI、 ICT人財・起業家人財育成による地域産業創出に向けた協定を締結 ~5GやIoTなどを活用した人財育成を通じて地域産業のDXを推進~ 新潟県長岡市(市長:磯田 達伸、以下 長岡市)、独立行政法人国立高等専門学校機構長岡工業高等専門学校(所在地:新潟県長岡市、校長:原田 信弘、以下 長岡高専)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、5GやIoTなどの先端技術を活用したICT人財や起業家人財の育成による地域産業創出を目指し、「地方創生に向けた産業創造連携協定」(以下 本協定)を2020年8月5日に締結しました。 長岡市は、鉄工や鋳物、電子・精密機器など多様な「ものづくり企業」が集積する工業都市であり、人口26万7千人を擁する新潟県内第二の都市です。市内には4つの大学と工業高等専門学校があり優秀な学生を輩出していますが、地元への定着が課題であり、起業・創業や新技術の開発・活用支援、企業との実践的協働機会の提供など若者が魅力に感じる施策が必要となっています。 まちの未来をつなぐため、長岡市は、米百俵の故事で知られる教育文化を背景に、市内4大学1高専の知見と企業の技術力を活かし、人...more
カテゴリー:

生活費の補填、全額貯金、「Go To」で旅行…「特別定額給付金10万円」どう使う? - 08月05日(水)11:30 

新型コロナウイルスにより、すべての国民に配布されることとなった1人当たり10万円の特別定額給付金。それぞれの地域での時間差はあったものの、ようやくほとんどの人の手に渡った様子。「10万円」という金額をこのコロナ禍のなか、どんなふうに使っているのでしょうか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月3日(月)の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなと、月曜パートナーでCIAやFBIなどの内定を受けつつも辞退したベンチャー企業・執行役員のREINAさんが「特別定額給付金10万円の使い道」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。
カテゴリー:

日本企業が開発のスマートマスク、8カ国語翻訳の機能も - 08月05日(水)10:08 

日本でロボット製作を進めていたベンチャー企業が、その技術を応用して新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)に対応した「スマートマスク」を開発し、話題を呼んでいる。 ドーナッツ・ロボティクス社の小野泰助CEOによると、スマートマスク「C―FACE」は通常のマスクの上に装着し、スマートフォンのアプリと連携させて使う。 素材はプラスチックとシリコン。内蔵マイクと自分のスマホを近距離無線通信...
カテゴリー:

株式投資型CF「ユニコーン」の評判は?メリット・デメリットや始め方も - 08月04日(火)18:40 

将来性のあるベンチャー企業に投資をする方法として、株式投資型クラウドファンディングサービスが注目されています。株式投資型クラウドファンディングは、投資を求める企業や企業に関する情報を探しやすいのが特徴で、中でも上場企業が運営する「ユニコーン」は、人気のAI関連の案件も多く、未上場の成長企業に投資できるサービスとして話題になっています。 そこでこの記事では、「ユニコーン」の特徴やメリット・デメリット、評判について詳しく解説します。ベンチャー企業に投資をしたい方、AI分野の未上場株式を取得したい方は参考にしてみてください。 目次 ユニコーンとは 1-1.未上場の成長企業に投資できる 1-2.上場企業によるサービス運営 1-3.人気のAI案件を中心に提供 ユニコーンのメリット 2-1.成長企業の株主になれる 2-2.経済的なリターンが期待できる 2-3.有望なビジョンを持つ企業を応援できる ユニコーンのデメリット 3-1.好きなタイミングで現金化できない 3-2.株式の価値は保証されていない 3-3.1社当たりの年間投資額は50万円まで ユニコーンの評判 ユニコーンを始める手順 まとめ 1 ユニコーンとは ユニコーンのウェブサイトを見る ユニコーンは株式会社ユニコーンが運営する株式投資型のクラウドファンディングプラットフォームです。まずは、どのような特徴のあるサービスなのかを確認して...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ベンチャー企業」の画像

もっと見る

「ベンチャー企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる