「ヘルスリテラシー」とは?

関連ニュース

陳副総統、2020年「グローバル・ヘルス・リテラシー・サミット」開催に期待 - 11月08日(金)00:00 

陳建仁副総統は7日午後、「グローバル・ヘルス・リテラシー・アカデミー(The Global Health Literacy Academy)」のKristine Sørensen理事長、Sabrina Kurtz-Rossi秘書長など、訪問団一行の表敬訪問を受けた。   陳副総統は歓迎の挨拶で、「グローバル・ヘルス・リテラシー・アカデミー」がヘルスケアとヘルス・リテラシー(=健康や医療に関する情報を入手、理解、評価、活用するための能力)の促進で最大規模を誇る国際組織であり、「あらゆる人々にヘルス・リテラシーを提供する:人々と社会が、実践を通して健康と生活の質を改善できる世界を作る」ことをビジョンに掲げ、各国の力を結集して、ヘルス・リテラシーの普及に取り組んでいることを称賛した。   陳副総統はまた、台湾が2020年「グローバル・ヘルス・リテラシー・サミット」の誘致に成功したことは非常に喜ばしいことだと指摘した上で、分野、国、地域を超越したこの学術プラットフォームを通して、台湾が世界と手を組み、ヘルス・リテラシーのために声を上げることができるよう期待を寄せた。   2009年から2012年にヨーロッパ諸国で行われた調査によると、ヘルス・リテラシーの不足を感じると答えた人は、最も少ない国で約29%、最も多い国で約62%に達した。2016年に中...more
カテゴリー:

B Dash Camp 2019 FallのPITCH ARENA優勝は複数のSaaSをつなぎ合わせるiPaaSのAnyFlow - 10月31日(木)18:59 

独立系ベンチャーキャピタルのB Dash Venturesは10月30日、31日の2日間、福岡にてB Dash Camp 2019 Fall in Fukuokaを開催した。目玉企画の1つであるピッチイベント「Pitch Arena」(ピッチアリーナ)は2日間に渡って熱戦が繰り広げられた。参加できるスタートアップは、創業が2016年1月1日以降であること、株式などによる資金調達額が累計2億円未満であること、大企業の子会社でないこと、デモが可能なプロダクトがあることが条件。本戦に出場したスタートアップ企業は以下の16社。 Anyflow 複数のSaaSをつなぎ合わせることで定型業務を自動化・効率化できるiPaaS Bespo LINEで友だちになって希望条件をチャットで伝えることで予約できるサービス Boulder エンプロイーサクセスプラットフォーム「Well」を運営 bunch ゲームしながらのグループビデオチャットサービスを提供 ウェルネス パーソナルドクターによるヘルスリテラシーコーチングサービス Elaly 家具のサブスクリプション型サービス「airRoom」を運営 cookpy 使われていない店舗のキッチンを間借りできるクラウドキッチンサービスを提供 estie 物件探しのプロとのマッチングによって企業のオフィス探しをサポート Tippsy 日本酒のサブスクリプション型...more
カテゴリー:

「ヘルスリテラシー」の画像

もっと見る

「ヘルスリテラシー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる