「ヘクトパスカル」とは?

関連ニュース

台風19号という国家的危機にエース級を投入せぬNHKの危機感不足 - 10月16日(水)04:45 

大型で強い勢力を保ったまま日本に上陸し、列島に甚大な被害をもたらした台風19号。多くの人命が失われる事態となってしまったのですが、防ぐすべはなかったのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんは今回、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、今回の台風に関するNHKの報道姿勢・内容を強烈に批判するとともに、犠牲者を減らすためにも改善すべきと記しています。 台風被災、犠牲者を出さないために報道姿勢の見直しを 台風19号については、上陸前の伊豆諸島沖で中心気圧が915ヘクトパスカル、上陸時の予想でも945ヘクトパスカルという「壊滅的な規模」であり、政権の中枢では、もしかしたら数百から千の単位の犠牲者数を覚悟したのかもしれません。仮にそうだとして、60前後という犠牲者数を知って「安堵」したにしても、二階幹事長はそんなことを口にすべきではなかったと思います。 理由は簡単です。 いまだに予測技術の確立していない地震と比較しますと、同じ自然災害ではありますが、台風の上陸や接近というのは予測可能だからです。 予測が可能であるにも関わらず、犠牲が出てしまうというのは「人災」です。そこには様々な問題が潜んでいますが、今回は台風接近時点での報道について見直しを提言したいと思います。 まず「特別警報」が「出た」ということをニュースにするというのは、そのぐらい深刻だから「すぐに避難を」という警告のため...more
カテゴリー:

【台風19号】巨大台風、高水温で発達 「大気の川」合体、衰えず - 10月13日(日)23:05  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20191013/k00/00m/040/319000c 巨大台風、高水温で発達 「大気の川」合体、衰えず 毎日新聞 2019年10月13日 22時17分(最終更新 10月13日 22時28分)  今回の台風19号は強い勢力を保って上陸し、東日本の広範囲で記録的な大雨をもたらした。日本の南海上や周辺の海面水温が高かったため、「急速に発達し、あまり衰えなかった」ことが要因として挙げられる。  19号は6日午前、南鳥島近海で発生。台風は海面水温が26~27度より高いと発達する。坪木和久・名古屋大宇宙地球環境研究所教授(気象学)...
»続きを読む
カテゴリー:

台風19号、関東を縦断 13日も交通機関に大きな影響見込み - 10月12日(土)21:47 

台風19号は、12日午後9時時点で非常に強い勢力から強い勢力に変わり、関東地方を通過している。 10月12日午後9時には、東京都町田市付近にあって、1時間におよそ35キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南東側330キロ以内と北西側260キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。 この台風19号の影響で、関東地方を中心とした13都県に大雨の特別警報が発令された。東京23区では板橋区、練馬区、豊島区、北区にも大雨の特別警報が発令された。河川の増水による氾濫の恐れがある。多数の河川で既に水位が上昇し氾濫する恐れがあるかすでに氾濫が発生している。 明日13日も、台風が直撃した東海地方や関東地方、それに東北地方などで鉄道・バス・航空などの交通機関に大きな影響の恐れがある。 投稿 台風19号、関東を縦断 13日も交通機関に大きな影響見込み は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

台風19号 静岡・伊豆半島に上陸 - 10月12日(土)19:50 

 大型で強い台風19号は午後7時前、静岡県の伊豆半島に上陸しました。  気象庁によりますと、大型で強い台風19号は午後7時前、静岡県の伊豆半島に上陸しました。  午後6時現在、中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルとなっていて、台風は今後、関東地方を通過し、福島県沖へ進む見込みです。(12日19:00)
カテゴリー:

嫌儲にヘクトパスカルをミリバールで習ってたやつがいるってマジ? - 10月12日(土)08:45  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif 台風19号 今夜にも東海か関東に上陸 記録的な大雨と暴風 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010000-wmap-soci ...
»続きを読む
カテゴリー:

19号の傷跡癒えぬ間に…台風20号のたまご フィリピン東方沖に発生 - 10月15日(火)07:39 

 15日、フィリピンの東の海上に熱帯低気圧が発生した。週末から来週初めにかけて新たな台風20号に発達する可能性がある。    気象庁によると15日正午現在、熱帯低気圧の中心気圧は1010ヘクトパスカルで、ルソン島の東方沖を北西に向けてゆ…
カテゴリー:

【台風19号】太平洋に抜ける 特別警報は順次解除 - 10月13日(日)08:09  newsplus

2019/10/13 07:58 (JST) ©一般社団法人共同通信社 https://this.kiji.is/555887018053731425?c=39550187727945729 台風19号の予想進路(13日0時現在)  台風19号は13日、関東を縦断して福島県付近から太平洋に抜け、日本の東に進んだ。大雨特別警報は午前0時40分に発表された岩手県を除く12都県で順次解除された。  気象庁によると、今回の台風で神奈川県箱根町では48時間降水量が1001.0ミリ、静岡県伊豆市で760.0ミリ、埼玉県秩父市で687.0ミリを記録。それぞれ年平年値の3~4割に達し、史上最高記録を更新した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【 #日本原発事故 】台風19号で福島原発は…? 直撃なら汚染水ダダ漏れの危機【ヤバい速報】 - 10月12日(土)19:51  newsplus

公開:19/10/11 15:00 「命を守るため、早めの対策、避難をしてほしい」――。9日、気象庁が注意を呼び掛けた超大型台風19号が、12日にも日本列島を直撃する可能性が高まってきた。  台風19号は、11日午前6時時点で、父島の西約380キロの海上にあり、中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。 予想では紀伊半島沖を北上し、その後、12日夕方から夜遅くにかけて関東付近に接近、または上陸する恐れがあるという。  ◆とりわけ懸念されているのが、台...
»続きを読む
カテゴリー:

【台風19号】福島原発、直撃なら汚染水ダダ漏れの危機 - 10月12日(土)10:39  newsplus

http://e.gendai.net/ 台風19号で福島原発は…? 直撃なら汚染水ダダ漏れの危機 東京を襲った台風で最も低い気圧は1917年10月の「東京湾台風」(953ヘクトパスカル)とされる。今回はその気圧を大きく下回る可能性があり、上陸すれば、暴風や大雨で甚大な被害をもたらしかねない。とりわけ懸念されているのが、台風19号の予想進路上にある福島原発だ。 ■東電の備えは? 福島原発は過去、台風による大雨で原発周辺の地下水位が上昇。原子炉冷却などに使われた汚染水を処理した水をためるタンク周囲の漏水防止用の...
»続きを読む
カテゴリー:

台風19号、暴風・高潮・大雨に厳重警戒 気象庁「重大な災害のおそれ」 - 10月12日(土)06:17 

大型で非常に強い台風19号は、12日夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込みで、既に本州の一部が暴風域に入ったとみられる。 大型で非常に強い台風19号は、12日夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込み。東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなり、東日本では記録的な暴風や大雨、高潮のおそれがある。気象庁は、暴風や高波、高潮、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけている。 台風19号は、12日午前6時には八丈島の南西にあって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいるとみられる。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている(暴風域)。台風は、次第に進路を北北東に変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方から夜にかけて、東海地方または関東地方に上陸する見込みだ。 既に東日本から西日本の太平洋側の海上では、非常に強い風が吹いている。12日から13日にかけて、北日本から西日本にかけての広い範囲で非常に強い風や猛烈な風が吹き、台風が接近・上陸する東海地方や関東地方を中心に記録的な暴風が吹く見込みだ。13日にかけて予想される最大瞬間風速は、東海地方と関東甲信地方で60メート...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ヘクトパスカル」の画像

もっと見る

「ヘクトパスカル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる