「プロペラ」とは?

関連ニュース

【競艇】峰竜太や山口達也も激闘!ボートレース蒲郡G1 - 11月12日(火)18:20  mnewsplus

 11月10日から開幕したボートレース蒲郡G1オールジャパン竹島特別。今回は、ナイターで開催中の蒲郡レース場に突撃した。  ナイターレースは、ライトに照らされた水面でくり広げられる激闘が煌びやか。この日はお月様もキレイで、幻想的な雰囲気を漂わせていた。  そんな中で、峰竜太選手や松井繁選手、井口佳典選手、柳沢一選手、山口達也選手など、トップレーサーが大激突! いやがうえにも、テンションは上がってしまうのだ。 ■江頭2:50も参戦!  レース以外にも、選手たちのセレモニーやトークショーもお...
»続きを読む
カテゴリー:

DJI Mavic Miniの日本向け特別仕様は199gで気軽に飛ばせる - 11月12日(火)08:45 

Mavic Miniは399ドル(日本では4万6200円)という低価格ながら、基本的な機能をすべて実現している。優れたカメラ、長い飛行距離、よくできたコントローラーなど、高品質のドローンとしての重要な条件をすべて満たしている。風にも強く、飛行速度も速くて楽しめる。サイズは非常に小さく、さっとバッグに入れて簡単に持ち運べる。Instagram用の撮影にもぴったりだ。 Mavic Miniの最大のセールスポイントは、もちろんサイズが小さいこと。離陸重量は249g(日本仕様は199g)だ。もちろんこの半端な数字は偶然ではない。重量が250g(日本では200g)以上のドローンを飛ばすには事前の登録や許可が必要となる場合があるからだ。Mavic Miniは軽量で折りたたみも可能なタイプだが、基本的な仕様は優れている。30分間(日本仕様は18分)の飛行時間、4kmまでのHDビデオ送信、2.7Kカメラを保持する3軸ジンバル、AndroidおよびiOSデバイスと組み合わせて動作する物理コントローラーなどを装備している。DJIの他のドローンと比べると、欠けている機能もあるが、399ドル(日本では4万6200円)という価格に対しては、十分な仕様のドローンと言える。 もっと高い金額を出せば、より多くの機能を搭載したドローンが買える。私自身、そうしたドローンのほとんどを所有している。豊富な機能も楽しいこ...more
カテゴリー:

極小飛行ロボRobobeeが柔らか人工筋肉で進化。壁にぶつかっても壊れず - Engadget 日本版 - 11月07日(木)09:10 

極小飛行ロボRobobeeが柔らか人工筋肉で進化。壁にぶつかっても壊れず - Engadget 日本版Robobeeはドローンのように回転するプロペラを持たず、トンボのような透明の羽根を羽ばたかせて空中に飛び上がり、自由に飛行するしくみです。その羽根をばたつかせているのが人工筋肉であり、そこに柔らかさを加えることで衝突時のダメージを吸収するアプローチです。 これまでにも柔らかな人工筋肉は存在しましたが、...
カテゴリー:

DJIが超小型軽量ドローン「Mavic Mini」を発表、1回の充電で30分間飛行、障害物回避機能はなし - 10月31日(木)16:15 

DJIが3年前に発表したMavic Proは衝撃的な新製品だった。折り畳み可能なドローンはこのテクノロジーをもっと大衆に広めるために業界が必要としていたカンフル剤だった。 去る7月私は深圳を訪れて、そのデザインが業界全体にさらには大衆のドローンに対する概念に大きな影響を与えてきたことを確信した。DJIは過去数年、Mavicの製品ラインを洗練し、堅牢なソフトウェアの開発に努めてきた。 MavicのデザインはDJIの他の製品にも影響を与えた。代表的なのがDJI Sparkだ。しかし、表面的な類似性とは裏腹に、このセルフィー用ドローンはMavicシリーズの一員とはみなされていない。つまるところ、このハイエンド機は小さな体にもかかわかず長時間の撮影が可能であることからプロフェッショナルに長く愛されてきたということだろう。 米国時間10月30日に発表されたMavic Miniは、そんな進化の中で起きた次の論理的ステップだ。Sparkと同じく、新しいドローンは手のひらに無理なく収まる小ささだ。しかしSparkとは異なり、250gを切る本製品は本格的な映像機材として設計されており、2.7 Kビデオを30fps、1080p ビデオを60fpsで撮影できる。静止画は2.3分の1インチセンサーを搭載して1200万画素で撮影する。すべてが3軸モーター式ジンバルの上に載っている。 もちろん、どこをとって...more
カテゴリー:

DJI、199gの折りたたみ式ドローン「DJI Mavic Mini」 - 10月31日(木)12:14 

 DJIは、超軽量の折りたたみ式ドローン「DJI Mavic Mini」の日本特別モデルを発表した。価格はスタンダード版が4万6200円、プロペラガードや予備バッテリーなどがセットになったフライモアコンボが5万9400円。10月31日より予約を受け付け、11月中旬に発売となる。
カテゴリー:

台風19号直撃から1か月...ガイアが見た命を救う現場:ガイアの夜明け - 11月12日(火)11:05 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。11月12日(火)の放送では、台風19号の被災者を救う挑戦者たちの姿を追った。自衛隊の手が届かない被災地で活躍。執念が生んだ民間ボート10月12日、過去最大級の勢力で東日本に上陸し、猛威を振るった台風19号。長野県の千曲川では約70メートルにわたって堤防が決壊し、甚大な被害をもたらした。多くの家が床上浸水。決壊から丸1日が過ぎた10月14日、長野市内で自衛隊員らが救助にあたる中、巨大なプロペラを持つ不思議な形のボートが町中を走っていた。プロペラの風力で進む「エアボート」を操るのは佐々木甲(こう)さん(62)。宮城県出身で東日本大震災の際、津波で友人を失った経験を持つ。「エアボートならあの人のもとに行けたのに...」。後悔の念がボート完成の原動力になったという。エアボートはスクリューがないため、路面が見えるような浅瀬でも走行することができる。佐々木さんは試作を重ね、数々の失敗を繰り返しながらも、2年がかりで完成させた。そして佐々木さんは今回、大規模な浸水被害があった長野市でエアボートを自ら操縦して、自衛隊では手が回らない場所で救助活動を行なっていた。逃げ遅れた人々を救助する、その活動に密着した。佐々木さんが独自で開発し、製造しているエアボート。「水害がある...more
カテゴリー:

飛行機通じ園児と交流 - 11月07日(木)20:25 

佐賀市の鍋島保育園(石橋一徳園長)が5日、佐賀空港や近くの公園で同市の佐賀工業専門学校の学生たちと交流した。園児20人は公園に展示されている旧型の国産旅客機の機内を一緒に楽しんだ。 2010年から春と秋の年2回実施している。園児たちは至近距離で、戦後に開発されたプロペラ機YS11を見ると「わあ、大きい」「早く、中に入りたい」と喜んだ。操縦室に入ると、学生と会話を交わしながらハンドルやスイッチなどに触れ、目を輝かせていた。 学生が手を貸しながら遊具で元気に遊ぶ姿もあった。
カテゴリー:

特攻隊員の遺書など110点 船迫窯跡公園で企画展.. - 11月05日(火)06:03 

特攻隊員の遺書など110点 船迫窯跡公園で企画展「戦争の時代」 今春発見の木製プロペラ初公開 #西日本新聞
カテゴリー:

【ドローン】DJI、249gの超小型ドローン「Mavic Mini」海外発表。2.7Kカメラ搭載 - 10月31日(木)13:49  bizplus

DJIは30日、超小型ドローン「Mavic Mini」を海外で発表した。プロペラ部分が折りたたみでき、コンパクトに収納可能。展開時もコンパクトかつ軽量で、重さは249g。価格は399ドル。プロペラケージや合計3個のバッテリーなどをセットにした「Mavic Mini Fly More Combo」は499ドル。海外では11月11日に出荷開始予定。 3軸のジンバルとカメラを備えており、1/2.3インチCMOSのカメラを搭載。最大2.7Kでの空撮も可能。視野角は83度。35mm版換算で24mmのレンズを搭載する。最大2,720×1,530ドット/30p、MPEG-4 AVC/H.264での撮影が可能で、最...
»続きを読む
カテゴリー:

プロペラを折りたたむと手のひらサイズ! DJIが新ドローン「Mavic Mini」発表 - 10月31日(木)12:00 

ドローンやスタビライザーを展開しているDJIが、“日常使いのドローン”としてプロペラを折りたたむと手のひらサイズになる「Mavic Mini」を発表した。 これまでのラインナップの中で最小の249グラム。小さな躯体にカメラを搭載し、最長30分のフライトとなる。 ・動画は2.7K Mavic Miniは、名称にある通りプロペラを広げても小型だ。そして小さくなったからといって、これまでのモデルと比較して機能が格段に劣るというわけではない。 3軸ジンバルやGPS、ビジョンセンサー、1/2.3インチCMOSカメラなどを搭載し、写真とビデオの撮影に対応する。ビデオの場合、2.7K(30fps)で、写真は12MPで撮影が可能だ。 ・4キロの範囲で転送できる また、小型にもかかわらず飛行時間が30分と長いのもセールスポイント。HDビデオを4キロの範囲で転送できるので存分に撮影が楽しめそうだ。 操作は専用のリモコンにスマホを取り付けて、映像を確認しながら行う。ドローン初心者でもすぐに操作できるように設計されていて、いくつかのタップのみで撮影が行えるモードも用意されている。 一方、Mavic Miniには衝突回避機能がなく、撮影モードも従来のモデルより少ない。つまり、Mavic Miniはカジュアルなバージョンで、DJIは日常使いを想定しているようだ。 一般消費者にアピールしようと、価格も399ドル...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「プロペラ」の画像

もっと見る

「プロペラ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる