「プロフェッショナル」とは?

関連ニュース

なぜ外国人はすぐ辞めるのか? 彼らが日本企業をあきらめた、本当の理由。 - 12月08日(日)09:37 

外国人労働者の受け入れ拡大に向けた「改正入管法」が成立して12月8日で1年。 外国人労働者の受け入れが進む中、「外国人はすぐやめる」という声をしばしば耳にする。実際、様々な理由で辞めてしまう外国人はあとを断たない。技能実習生に対する待遇の問題は言うに及ばず、日本で学位を取得した留学生であっても、日本企業の社風に馴染めず離職する割合は高い。(2006年を最後に同様の調査は実施されていないが、外国人労働者の2006年時点での離職率*1は44.5%だ。)アメリカ、オーストラリアでの海外生活を経て、現在は日本で翻訳などの仕事をする筆者の周りでも、日本企業を辞めて独立したり外資系企業に転職したりする外国人は珍しくない。母国語に加え日本語・英語を流暢に話し、成長意欲も高く、日本に根を下ろして生きていきたいと希望している、まさに日本企業が求める「グローバル人材」。日本の煩雑な「シューカツ」をくぐり抜け、自分の強みを活かせるようなポジションを勝ち取ってもなお、半年や1年といった短い期間で彼らに退職を決断させてしまうのは、一体どこに原因があるのだろうか? こうしたミスマッチを防ぐために、留学生と企業とは、どう歩み寄るべきなのだろうか? 世界各地から日本にやって来た外国人労働者たちの声を聞いた。(プライバシーに配慮し、文中の名前は全て仮名を使用)「やめたくてやめるんじゃない」出せなかった、社長への手...more
カテゴリー:

グローバル・ブレインの新戦略、海外進出を加速しスタートアップ支援体制を強化 - 12月06日(金)19:16 

ベンチャーキャピタル(VC)グローバル・ブレイン代表取締役社長の百合本安彦氏は12月6日、同社が運営するイベント「グローバル・ブレイン アライアンスフォーラム 2019」にて、2020年における新戦略を発表した。 グローバル・ブレインの新ミッションは「Going Beyond、未踏社会の創造」 「グローバル・ブレインのミッションを再定義した。Going Beyond、未踏社会の創造。ミッションの基となる考え方としては、起業家による事業創造への支援、大企業によるオープンイノベーションの支援、それから我々自身による新規事業の創出といったところがある。ビジョンとしては、グローバルカンパニーおよびスタートアップのイノベーションハブとなって、我々自身もイノベーションの主体として、事業創出の核であり続けるというところ」(百合本氏) ミッションやビジョンを達成するために、行動指針も再明瞭化した。そのうちの1つが、「王道主義(Play it straight)」だ。百合本氏は、「20年やってこられたのは、王道主義だから」と話した。 2020からは活動領域を更に拡大 グローバル・ブレインは日本の本社以外にも、韓国、シンガポール、アメリカ、イギリスにもオフィスを構えている。そして2020年1月にはインドネシアにオフィスを開設する。 「成長市場で、ユニコーンも増えている。まだ投資家のマーケットはまだ未...more
カテゴリー:

宅配型トランクルームサービス「sharekura」分譲マンション向けサービスを開始 - 12月06日(金)15:31 

データサイエンスプロフェッショナルズの宅配型トランクルームサービス「sharekura」が、野村不動産の新築分譲マンションの入居者専用サービスとして導入される。
カテゴリー:

アメフト史に残る「100年前の伝説の試合」は本当にあったのか? - 12月06日(金)08:30 

約100年前、1920年の11月25日、誰も知らない、アメリカンフットボール史上最大で最も重要な試合がシカゴで行われた。アメリカン・プロフェッショナル・フットボール・アソシエーション(APFA)はオハイオ州カントンの自動車ディーラーで設立さ・・・
カテゴリー:

福岡県警科学捜査研究所のプロフェッショナルに迫.. - 12月05日(木)12:09 

福岡県警科学捜査研究所のプロフェッショナルに迫る連載 #科捜研のリアル 。第4回は事件事故で残された画像を鑑定する物理科のベテランが登場します。雨の日、衝突事故を起こした車のドライブレコーダーに残された不鮮明な画像…。どう真実を導いたのか、ご一読を!
カテゴリー:

孫正義「人のまねではなく、新しいものをクリエイトして新しいチャレンジをするのが起業家です。模倣するんじゃなくて『起こす』」 - 12月07日(土)19:58  bizplus

あなたに翼はあるか 翼があるかどうか。  世の中に「おれも起業家だ」というベンチャー経営者は多くいるけれど、「おまえ、翼はあるのか」と。しょせん一時的なジャンプではないかと。  100万人規模のユーザーをつかむと、1ビリオンぐらいの企業価値になる。それ未満のものというのは、一時的にちょこっと出ても、競争相手に抜かれていくか、あるいは途中でもう事絶えてしまう。それらは僕にしてみれば、起業家もどきです。  人のまねではなく、新しいものをクリエイトして新しいチャレンジをするのが起業家です。業を起こ...
»続きを読む
カテゴリー:

エンジニアが明かすあのサウンドの正体 第9回 サカナクション、Chara、フジファブリック、女王蜂、米津玄師らを手がける土岐彩香の仕事術(前編) - 12月06日(金)17:00 

誰よりもアーティストの近くでサウンドと向き合い、アーティストの表現したいことを理解し、それを実現しているエンジニア。そんな音のプロフェッショナルに同業者の中村公輔が話を聞くこの連載。今回は、これまで実に多くのバンドがレコーディングを行っている青葉台スタジオでキャリアをスタートさせフリーに転身した土岐彩香に登場してもらった。前編ではCharaとサカナクションのレコーディング話を中心にお届けする。
カテゴリー:

CROが臨床試験の迅速化に向けて大きく変化していることが世界規模の調査で明らかに - 12月06日(金)11:00 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、臨床開発業務のプロフェッショナルを対象にした、過去最大規模の調査の1つである「Veeva 2019 Unified Clinical Operations Survey:Annual CRO Report」の調査結果を公開しました。それによると、臨床試験パフォーマンスの改善に向けた業界全体の動きの中で、医薬品開発業務受託機...
カテゴリー:

AIが2020年代のテクノロジー環境を方向付けるが、意図しない結果が大きなリスクとなることを世界的リサーチが示す - 12月05日(木)22:12 

米イリノイ州シャンバーグ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 2020年代のテクノロジー環境を調査した新たなISACAのリサーチによれば、人工知能、オートメーション、人間の間の関係の進化は、テクノロジー要員の間で有望な機会を創出すると予想されますが、同時に一般の人々に深刻な懸念も引き起こします。 ISACAの「テクノロジーの次の10年:2020年代の展望」調査は5000人以上のビジネス・テクノロジー・プロフェッショナルを対象とし、ISACAが50周年を迎えた年に実施されました。世界的な専門職団体のISACAは、会員がテクノロジーの未来を適切に歩む支援をすることに継続的に力を入れています。このリサーチは、回答者が、次の10年のテクノロジーの進歩が自分のキャリアに与える影響(59%)に関して、社会全体に与える影響(40%)よりも大きく楽観的であることを示しています。 職場については、回答者は、テクノロジーの大規模な変化によって自分の組織が有利になり自分の報酬も上昇すると楽観的です: 回答者の10人中9人近く(87%)が、AIや機械学習が企業の収益性に大規模あるいは
カテゴリー:

黛敏郎の幻の邦楽曲「阿吽」再演を含むコンサート「三木稔ゆかりの作曲家たち」を開催。三木稔と同門の黛敏郎、眞鍋理一郎、今井重幸、三木門下、三木作品を集めて現代邦楽の歴史をたどる特集となる - 12月05日(木)11:30 

スリーシェルズは、西耕一が司会、プロデュースをつとめる邦楽創造集団Aura-Jのコンサート「三木稔ゆかりの作曲家たち」が12月16日に開催されることを12月5日に発表した。コンサートについて(西耕一/企画構成)オーラJの定期も第37回をむかえた。様々な意味で自身の出自を見据え、今回は日本の現代邦楽作曲史を形作ってきた一人である故・三木稔を中心に、オーラJの未来を担う作曲家を聴く。加えて、戦後の日本作曲界に大きな道を示した伊福部昭と池内友次郎に師事した作曲家の作品もとりあげる。つまりは三木稔の作曲仲間、同じ師匠を持つ兄弟弟子と言えよう。それぞれに独自の活動を行った作曲家が、日本の楽器へどのようなアプローチを行ったか改めて聴くことでその可能性を検証したい。また、今回は、洋楽器であるヴィオラをゲストに、東西の弦楽器の共演として21絃箏とヴィオラのための作品も上演する。ヴィオラは、伊藤美香が客演する。黛敏郎の『阿吽』は、今回の演奏が一体、いつ以来の再演になるのかもわからないほど貴重な機会である。第37回定期演奏会「三木稔ゆかりの作曲家たち」2019年12月16日(月)19:00開演 豊洲シビックセンターホール●伊福部昭、池内友次郎門下の作曲家(三木稔と同門)黛 敏郎 作曲阿吽小鼓:望月太喜之丞 太鼓:若月宣宏 笛:松尾慧今井 重幸 作曲農楽舞箏:小林道恵 ヴィオラ:伊藤美香真鍋 理一郎 作...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「プロフェッショナル」の画像

もっと見る

「プロフェッショナル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる