「プロトコル」とは?

関連ニュース

「DDoS攻撃、次の大きな標的はIoT機器に使われるCoAPプロトコル」--米研究者が指摘 - 12月14日(金)06:30 

IoT機器に使われているRFC 7572、別名Constrained Application Protocol(CoAP)というプロトコルが、DDoS攻撃に最も悪用されるプロトコルの1つになろうとしていると、複数のセキュリティ研究者が警告を発している。
カテゴリー:

7年前からファーウェイのスパイ告発をしている人物が発見される。警察や政治家に掛け合うも糖質扱いされ追い返されていた - 12月12日(水)07:08  poverty

深田萌絵 @Fukadamoe ファーウェイ記事を書き終えました。ファーウェイの工作で自分の会社を潰され、億単位の損失を被りましたので、ファーウェイの工作を調べ続けてました。 八年分の怒りが迸ったかもw 2018年12月11日(火) 17時27分14秒 リツイート: 1,294お気に入り: 3,080 貼れないのでとりあえず偽装リンク http://www.knowledge.jp ファーウェイにスパイに遭った被害についてブログを書いてから4年が過ぎました。 ファーウェイの存在を知ったのは2012年8月31日のことで、うちが日本の棒研究所の仕事を落札し...
»続きを読む
カテゴリー:

3分でわかる OpenID Connect - 12月12日(水)05:00 

 OpenID Connectは、送信者の認証ができないOAuthの弱点を補うためのプロトコル。OAuthはサーバー同士がデータを相互に融通し合う際にセキュリティーやプライバシーを保護するための仕組みだが、OpenID Connectで誰の認可に基づくアクセスなのかを把握できる。
カテゴリー:

マウザー、IoTおよびウェアラブル向けのオン・セミコンダクター社製RSL10マルチプロトコルSiPの販売を開始 - 12月07日(金)10:00 

[Mouser Electronics, Inc.] [画像: https://prtimes.jp/i/34430/53/resize/d34430-53-981060-0.jpg ] 最新の半導体及び電子部品の幅広い品揃えと新製品投入(New Product Introduction: NPI)を行う、ネット販売商社のマウザー・エレクトロ...
カテゴリー:

OAuth徹底入門(須田智之 株式会社Authlete)|翔泳社の本 - 12月05日(水)14:01 

OAuth徹底入門(須田智之 株式会社Authlete)|翔泳社の本OAuthは近年、WEBアプリケーションで使われる主要な認可プロトコルです。本書ではOAuthをどのようなプラットフォームでも適用できるように解説をしています。 本書は全体で16章あり、4つのパートに分割しています。パート1にあたる第1章と第2章はOAuth 2.0のプロトコルの概要を説明しており、基盤となる知識を得るための...
カテゴリー:

ウォッチガードの「トップ10マルウェアリスト」にMacマルウェアが初登場 - 12月13日(木)11:00 

2018年第3四半期のインターネットセキュリティレポートで著名Webサイトの6.8%が安全性に欠けるSSLプロトコルを使用していると報告
カテゴリー:

中央主権的なHTTPから脱却し新しいインターネットの世界を生み出す壮大な分散型システム「IPFS」とは? - 12月12日(水)06:00 

インターネットの世界は通信プロトコルの「HTTP」によって成り立っていますが、情報(データ)を管理するサーバーが存在するシステム設計上、そのサーバーがオフラインになるとウェブから情報が失われるという欠点を抱えています。このような構造的な欠点を抱える中央集権型のHTTPと違い、分散型のファイルシステム「Interplanetary File System(IPFS)」が考案され、新しいインターネットの世界の構築に向けてプロジェクトが動き始めています。
カテゴリー:

Introduction · HTTP/3 explained - 12月07日(金)18:17 

Introduction · HTTP/3 explained詳解HTTP/3 この本の試みは2018年3月に始まりました。HTTP/3 と、その根幹のプロトコルである QUIC を文書化することがその目的です。 どうして、どのようにして動作するのか、プロトコルの詳細、その実装など。 この本は完全に無償で提供され、援助したいと考えるすべての人を巻き込んだ共同作品です。 前提条件 この本...
カテゴリー:

【Interview】3分トークから始まる新たな恋愛!第4世代恋活マッチングアプリ「LiveDuo」に密着 - 12月06日(木)09:00 

「出会いがない」と嘆く男女の救世主、マッチングアプリ。現在は3つに分類され、好みの異性を検索する“第1世代”、検索よりも直感的にマッチングする〝第2世代“、すぐデートにつなげられる“第3世代”が存在する。しかし、いずれも相手を見つけるまでに手間がかかったり、安全面に不安があるなど、それぞれが課題を抱えている状況だ。 そこで登場したのが、この第4世代恋活アプリ「LiveDuo」。最大のメリットは、思い立ったらその場で、相手と会話ができること。3分間話すことで、相性のいい相手を効率的に見つけられる、まさに次世代と呼ぶにふさわしい、マッチングサービスだ。 提供元は、今夏スタートしたばかりの企業LiveDuo。代表取締役の比留間 大地(ひるま だいち)氏に、話を聞いた。 ・実際に会う前にお互いの相性がわかる Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。 私は、大学にはほとんど通っていなかったのですが、仮にきちんと通学したとしても、実質男子校ですから、出会いもありませんでした。そんな私にとって、恋愛の基軸は、マッチングアプリだったのです。 人生2人目の彼女はマッチングアプリ、3人目の彼女も、マッチングアプリです。そして、まだ出会っていない次の4人目の彼女も、もちろん、この「LiveDuo」で作ります(笑)。余談ですが、CCOとは、「LiveDuo」以外で...more
カテゴリー:

被災地や建設現場、イベント会場で、広域な無線LAN空間を“電源&中継LANケーブル&設置工事無し”で簡単に構築する「PicoHUB station」 - 12月04日(火)10:20 

地震、台風、津波など、大規模な災害が起きたとき、ライフラインの確保が最重要課題になるのは誰しも想像できるだろうが、一方で“適切で迅速な情報の確保”のために、インターネットなどの通信網の確保も、ときに生命を左右する非常に重要な事項となる。 しかし、頼みの綱である携帯電話網が被災した場合、無線LAN環境を構築して代替の通信手段を確保する手法がとられるが、一刻を争う状況の中ではいかに迅速に無線LAN環境を構築できるかが課題であると同時に、住民や被災者が保有するスマートフォンやタブレット端末の電源供給も課題となっていた。 また、建設・土木現場では、作業員にタブレットなどの情報機器を支給し、現場で図面をダウンロードしたり施工後の写真をアップロードするなどして作業効率アップをはかる取り組みがされているが、従来の携帯電話網を使用すると、遠隔地では高額な通信費が発生したり、そもそも電波の届かない場所が多かった。 同じく、イベント会場など多数の人々が集まる場所でも、携帯電話網が混雑のために繋がりにくくなることがしばしば発生している。 ・広域かつ高品質な無線LAN空間を簡易に構築できる「PicoHUB station」 大容量な無線LAN環境の構築が望まれるこのような現状を改善するため、多段無線中継機能と企業グレードの無線LANアクセスポイント機能を搭載したエッジコンピュータ「PCWL-0400」を販...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロトコル」の画像

もっと見る

「プロトコル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる