「プロセス開発」とは?

関連ニュース

抗体受託製造の世界市場、2030年までに138億米ドル規模到達へ(ROOTS ANALYSIS発行レポートより) - 03月25日(水)17:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「抗体受託製造の世界市場:2020年~2030年」(ROOTS ANALYSIS発行)の販売を3月25日より開始いたしました。【市場には100を超える治療用モノクローナル抗体と抗体ベースの製品 - 製品開発および製造の需要はイノベーター企業単独の能力を超えて増加予想】バイオ医薬品は大きな収益率をもたらし、無数の病気の治療に効果的であることが証明されていますが、一般的に高い開発コストと複雑な製造プロトコルが関連しています。これは、抗体ベースの製品にも当てはまります。現在、抗体の開発から商業生産に至るまで、エンドツーエンドのソリューションを提供すると主張する企業が多数あります。一般的な傾向は、スポンサー企業が抗体ベースの製品開発と製造のさまざまな側面について契約サービスプロバイダーに依存し続ける可能性が高いことを示唆しています。【主要な市場の洞察】100を超えるCMOが抗体の製造サービスを提供現在、抗体受託製造市場は、業界関係者の70%を占める中小企業の存在に支配されています。また、CMOの55%が、あらゆる規模のオペレーション(前臨床、臨床、商業)で抗体を製造する能力があると主張しています。90%以上のサービスプロバイダーがモノクローナル抗体の生産に注力アジアを拠点とする企業は現在、治療用の二重特異性抗体の開発にますます注力して...more
カテゴリー:

細胞治療薬製造の世界市場、2030年までに100億米ドル規模に迫る勢い(ROOTS ANALYSIS発行レポートより) - 03月24日(火)12:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「細胞治療薬製造市場」(ROOTS ANALYSIS発行)の販売を3月23日より開始いたしました。【KYMRIAH、YESCARTA、Alofisel、Zyntelgoの承認により、細胞療法における製薬関係者の関心高まる。技術的な課題解決のため、製造業務のアウトソーシングが不可欠に】さまざまな理由から細胞療法の需要は今後数年で増加すると予想されています。したがって、治療開発者と契約サービスプロバイダー双方が能力を強化し、処理能力を拡大する必要があります。これに関連して、自動化は、細胞療法の製造および契約サービス業界における重要な実現要因となることが期待されています。【主要な市場の洞察】160以上の組織が細胞療法の製造に従事市場情勢は、すべての利害関係者の60%以上を占める業界関係者に支配されています。このうち、55社以上が大企業または中規模企業(従業員50人以上)です。100超のプレーヤーがT細胞および幹細胞療法に注力これらプレーヤーのほとんどは、CART、TCRまたはTILを含むT細胞療法の製造に注力しています。 35を超える組織が、これらのタイプの治療法製造に必要な能力を持っていると主張しています。70社以上が商業規模の能力を持つ細胞治療製品の大半は臨床試験中であるため、この規模では需要が高くなっています。ただし、注目すべ...more
カテゴリー:

「プロセス開発」の画像

もっと見る

「プロセス開発」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる