「プロジェクト内容」とは?

関連ニュース

【矢野経済研究所 未来企画室「未来を数字に」プロジェクト調査報告】個人情報の流通価値は2,500円/月!金銭見返りで2割が流通を許可!? - 05月24日(金)09:30 

矢野経済研究所 未来企画室「未来を数字に」プロジェクトでは、利用者が多く代表的なSNSであるTwitter、Facebook利用を対象に、個人情報の流通利用に関する若者(首都圏、近畿圏在住の15歳から34歳男女1,744人)の意識について調査・分析いたしました。今回、調査分析した内容は、自分自身の個人情報について、(1)情報種別に流通利用させることへの意識、(2)流通利用させることに対して求めたい対価の2つです。まずは「(1)情報種別に流通利用させることへの意識」です。これは、予め設定した示した個人情報9項目それぞれについての、流通利用させることについての意識を確認するもので、以下の3つの選択肢の中からより近いものを選んでもらいました。(もちろん、匿名化処理を前提、個人が特定されないことを条件とした流通利用についての意識を確認しています。)1.いかなる場合でも流通を許可しない(以下、「流通利用NO」と略す)2.納得できる利用目的ならば流通を許可(以下、「利用目的次第」と略す)3.適正な対価と引き換えならば流通を許可(以下、「対価と引き換え」と略す)また個人情報項目とは、”プロフィール登録内容””閲覧履歴””位置情報(GPS情報など)”などです。その結果、個人の特定につながりやすそうな個人情報項目において、心理的抵抗が強いことが確認されました。さらに、リコメンド機能の拡張につながりそ...more
カテゴリー:

【矢野経済研究所 未来企画室「未来を数字に」プロジェクト調査報告】SNS(TwitterとFacebook)の価値をあれこれ比較、金銭換算では大よそ2倍の差  - 05月15日(水)09:30 

矢野経済研究所 未来企画室「未来を数字に」プロジェクトでは、利用者が多く代表的なSNSであるTwitterとFacebookについて、若者(首都圏、近畿圏在住の15歳から34歳男女1,744人)が感じている価値を調査、比較分析しました。今回、調査分析した価値は、(1)利用により充足するであろう価値の大きさ、(2)自らの心の豊かさにつながる価値観項目と(1)との関係から算出する心の豊かさへ直結する価値の大きさ、(3)そして金銭的な価値の大きさの3つです。まずは「(1)利用により充足するであろう価値の大きさ」です。下図は、予め設定した20の価値観項目について、各SNS利用が、どの程度価値を満たすと感じるかを調査、集計し、スコア化したものです。結果、全体的にTwitterもFacebookもほぼ同じような傾向を示していました。また比較的高い値を示していた項目から浮かび上がるキーワードは「つながっていたい」「変化、刺激を受けたい」「個性を主張したい、知って欲しい」などです。すなわち若者は、TwitterやFacebookを利用するとこれら欲求が満たされやすいと考えているようです。SNSの性質を考えるとある意味当たり前ですが、反対に「人の上に立つ」「競争に勝つ」「エコ/地球にやさしい」などは低い値を示していました。さらに、TwitterとFacebookでやや異なる傾向もうかがえました。概ね...more
カテゴリー:

「プロジェクト内容」の画像

もっと見る

「プロジェクト内容」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる