「プロジェクションマッピング」とは?

関連ニュース

デジタルハリウッド×プロジェクションマッピング協会による実践的カリキュラム始動|デジタルハリウッド東京本校・本科デジタルアーティスト専攻/2019年4月開講 - 02月13日(水)15:00 

[デジタルハリウッド株式会社]  IT 関連及びデジタルコンテンツの人材養成専門スクール[デジタルハリウッド東京本校]は、自ら主体となって表現するデジタルアーティストを育成する選抜制クラス、「本科デジタルアーティスト専攻」を2019年4月...
カテゴリー:

札幌に仕事で行くんで、釧路の友達に「ついでに遊び行く」って言ったらアホかて言われた もう絶交だわ - 02月08日(金)21:30  news

友情なんてこんなもんか JR貨物/さっぽろ雪まつり、機関車の大雪像でプロジェクションマッピング https://lnews.jp/2019/02/l0208305.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

生産者の想いをのせて全国を走る。プロジェクションマッピングで彩られた大雪像「レッドベア」最終上映11日 - 02月08日(金)12:00 

2019/2/8 日本貨物鉃道株式会社 北海道の新鮮な農作物を全国へ! 雑誌・宅配便等を北海道へ! プロジェクションマッピングで彩られた白銀の大雪像「レッドベア」 2月4日(月)から始まった第70回さっぽろ雪まつりは11日(月・祝)にフィナーレを迎えます。  北海道の農家・酪農家が作った野菜・乳製品等を本州へ運び、本州からは雑誌・宅配便等の一般雑貨を北海道へ運ぶ貨物列車をけん引する「レッドベア」(DF200)と「EH800」の大雪像を、連日多くの皆さま方に見て頂いています。  夜になるとステージから飛び出す白銀の大雪像を、プロジェクションマッピングが彩ります。  雄大な北海道から九州までを繋ぐ路線を、貨物列車が走る距離は1日当り約地球5周分に相当します。  北海道の新鮮な生産物を運ぶ貨物列車の活動をダイナミックな映像でお楽しみください。 雪像名【届いたあたり前が、届ける喜び。~今日も走るレッドベア~】 今回の大雪像には、「届けたい」「届いた」を、普段当たり前に感じておられるのと同様、送った側も送られた側にも「無事届いた」「時間通り着いた」など様々な安心感が有ることを『届いたあたり前』とういう言葉に思いを込めて、表現しました。  貨物列車が通ると、運んでいる中身は何?と思う方も多いと思います。    JR貨物は、自然と闘い品質の高い農作物を作る農家さん、一年を通して牛...more
カテゴリー:

マツコ、世界の技と筋肉美に息をのむ!サーカス空中芸の最前線に迫る - 02月04日(月)17:35 

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。2月5日の放送では、「池の世界」と「サーカスの世界」に迫る。「池の世界」を語るのは、全国7000か所の池をデータベース化する男、市原千尋さん。池は日本全国におおよそ20万か所以上あるが、市原さんは「そもそも池とは人の手で造られたもので、自然に出来ることはほぼない」といい、田んぼに水を引くため干ばつ時の貯水目的で、人間の英知と努力で造られてきたという。そこで今回、市原さんが、女性におススメの美しい池や、研究で明らかになった意外な事実をレクチャー。50年以上も池を守り続けている「田主」という役割の存在や、池の水を全て抜くメリット、そしてあの空海が中国から持ち帰った土木技術で造られた池など、知る人ぞ知る池の話を明かす。また、数年に1度しか現れないという幻の池を求めて、市原さんが高知県の山奥へと向かう姿をドキュメンタリータッチで紹介。マツコを驚かす幻の池は現れるのか?一方、「サーカスの世界」を語るのは、サーカスに人生を捧げた女性、谷川育子さん。空中ブランコや猛獣たちのショー、ピエロの笑いなど、サーカスと聞いて思い浮かべるシーンは人それぞれだと思うが、その現状は大きく進化。伝統的なサーカス団は今や衰退の一途をたどり、空中サーカスなど1...more
カテゴリー:

JR貨物/さっぽろ雪まつり会場に貨物列車の大雪像 - 02月04日(月)12:30 

日本貨物鉄道(JR貨物)は2月4日から11日まで開催の「さっぽろ雪まつり」で、貨物列車をモチーフとした大雪像の展示を行う。 <大雪像> <プロジェクションマッピング> 展示に合わせて、光り輝く映像が音楽とともに大雪像に浮 […]
カテゴリー:

AR機能を活用した砂場「iSandBOX」が登場 - 02月10日(日)17:00 

「iSandBOX」は、世界で初めて製品化された 「AR砂場」。世界40ヶ国で販売されており、幼稚園・小学校・テーマパーク・博物館・科学館・心理療法・介護など、様々な施設に1000台以上、110都市で導入されている。子どもから大人まで「遊ぶ・学ぶ・癒される」進化した砂遊びを楽しめるAR砂場だ。 ・AR砂場って何? 砂の入ったサンドボックス、3D CGとサウンドを演算するPC、砂の高低差を計測する深度センサー、砂場に映像を投影するプロジェクターで構成されている「iSandBOX」。 天井部にある深度センサーがサンドボックスにある砂との距離をリアルタイムに計測して、その数値を元に演算した様々な映像をプロジェクションマッピングし、インタラクティブコンテンツを提供するシステムだ。 ・幅広い活用分野に期待 「iSandBOX」は、高いインタラクティブ性を兼ね備えているため、様々な分野での活用が期待されている。例えば、教育の場では地球環境や自然・科学について、楽しみながらインタラクティブな授業の教材として、エンターテイメントの分野では「iSandBOX」はスクリーンレスなシステムが評価されている。 また、砂療法に基づいた健康に害を及ぼさない設計は医療の分野でも注目されている。砂を使った箱庭療法は、心の自然な回復能力を促進する心理療法などへの導入も検討されているようだ。 子ども向けのイメージもあ...more
カテゴリー:

大雪像に映像投影も/弘前城雪燈籠まつり開幕 - 02月08日(金)20:30 

第43回弘前城雪燈籠(どうろう)まつりが8日、青森県弘前市の弘前公園で開幕した。園内には、陸上自衛隊弘前駐屯地が制作した高さ約8.5メートルの大雪像「旧弘前市庁舎」のほか、市民ら60団体による雪燈籠や雪像約220基がずらりと並び、来園者約3万人(まつり本部発表)を出迎えた。夜には大雪像に映像を投影するプロジェクションマッピングが行われ、雪夜の園内を彩った。まつりは11日まで。降りしきる雪の中、同公園四の丸の大雪像前で行われた開会式で、同駐屯地の木原邦洋司令と雪像制作代表者の木村匠さん(弘前工業…
カテゴリー:

NOISEMAKER、プロジェクションマッピング駆使した幻想的MV - 02月07日(木)17:12 

NOISEMAKERの楽曲「One Day」のミュージックビデオがRed Bullのオフィシャルサイトにて公開された。
カテゴリー:

【札幌】「さっぽろ雪まつり」開幕 3会場194基 - 02月04日(月)14:48  newsplus

冬の祭典「さっぽろ雪まつり」が大通公園などで開幕し、多くの観光客でにぎわっている。 今年70回目を迎える「さっぽろ雪まつり」。大通4丁目のSTV広場では「音楽の楽しさ」をテーマに、バーチャルシンガー・初音ミクなどをモチーフにした大雪像が登場した。 大通公園をはじめとした札幌市内3つの会場には、期間中、194基の雪や氷の像が設けられ、訪れた人たちを楽しませている。 夜には、音と光と映像が広がるプロジェクションマッピングも行われ、会場を華やかに彩る。 「さっぽろ雪まつり」は、今月11日まで開催...
»続きを読む
カテゴリー:

第70回さっぽろ雪まつり 大雪像のプロジェクションマッピング - 02月03日(日)23:07 

 「第70回さっぽろ雪まつり」(4日開幕)で、大雪像のプロジェクションマッピング試験上映やライトアップが3日夜、札幌市内で行われた。
カテゴリー:

もっと見る

「プロジェクションマッピング」の画像

もっと見る

「プロジェクションマッピング」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる