「プラスチック製品」とは?

関連ニュース

アセンドがPoliblendおよびEsseti Plastのコンパウンド事業およびマスターバッチ事業を買収 - 02月18日(火)00:02 

ヒューストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大の総合ポリアミド66樹脂製造企業のアセンド・パフォーマンス・マテリアルズは本日、PoliblendおよびEsseti Plast GDをドッターヴィオ・グループより買収する契約を締結したと発表しました。買収対象はイタリアのモッツァーテにある製造施設、Esseti Plast GDのマスターバッチ・ポートフォリオ、バージングレードおよびリサイクルグレードのPA66、PA6、PBT、POMから構成されるPoliblendのエンジニアリング・プラスチック・ポートフォリオです。 アセンドの社長兼最高経営責任者(CEO)であるPhil McDivittは、次のように述べています。「この戦略的買収は、当社が欧州における製造販売の展開規模を拡大する上で重要な転換点となります。さらに重要な点として、当社が高性能で持続可能な製品のポートフォリオをさらに拡大して顧客に提供し、高まる需要に対応する上で役立ちます。」 1999年設立のPoliblendは、プラスチック製品、パッケージ、繊維の外観および最終製品での性能を高める
カテゴリー:

深刻なプラスチックの海洋汚染…ストローは紙製に! 魚からヒト、水にも影響 - 02月09日(日)10:00 

 スターバックスやマクドナルドなどの大手外食チェーンをはじめ、“環境意識高い系”カフェなどで出されるストローがプラスチックから紙製に変わってきた。理由は、化石燃料由来のプラスチック製品の海洋汚染問題だ。近年、特に懸念されているのは、5ミリ以下のマイクロ(微小)プラスチックによる生態系への影響だろう。
カテゴリー:

「エビアン(R)」2020年3月より、日本でもリサイクルプラスチック使用率10%のペットボトルを導入 - 02月12日(水)15:00 

2020年2月12日 ダノンジャパン株式会社 プラスチック使用において100%「資源循環型」ブランドをめざす「エビアン(R)」 2020年3月より、日本でも リサイクルプラスチック使用率10%のペットボトルを導入 目標は2025年までにリサイクルプラスチック使用率100% フレンチアルプス生まれのナチュラルミネラルウォーターブランド「エビアン(R)」(伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ株式会社 本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小野寺達哉)では、2020年より、日本で販売する同ブランドのペットボトル製品すべてにおいて、「リサイクルプラスチック(rPET)」を10%使用いたします。 <2025年までに、すべての商品で「リサイクルプラスチック」使用率100%をめざす「エビアン(R)」の挑戦> 2018年1月、エビアン(R)は、2025年までに、すべてのペットボトル製品において「リサイクルプラスチック」(使用済みのペットボトルを再生して作られたプラスチック)使用率100%を目指すことを宣言いたしました。 この目標を達成するため、エビアン(R)は資源循環型の経済モデルを推進するイギリスのエレン・マッカーサー財団との協業を経て、大量調達→大量生産→大量販売→大量利用→大量廃棄といった「直線型」モデルから、リサイクル・再利用・再生産などにより資源の循環を図る「資源循環型」モ...more
カテゴリー:

「プラスチック製品」の画像

もっと見る

「プラスチック製品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる