「プラスチック容器」とは?

関連ニュース

子グマの頭にプラスチック容器がハマって前が見えない。必死に泳いでるところを一家が救助 - 06月30日(火)15:20 

頭にプラスチック容器をつけた状態で泳いでいた子グマを、一家が力を合わせて助けた。人助けならぬクマ助けをしたのは、アメリカ・ウィスコンシン州に住むハートさんの一家だ。トリシアさん、ブライアンさん、そして息子のブレーディさんで、6月27日、同州にあるマーシュ・ミラー湖を訪れていた。一家がボートに乗っていると、泳いでいる生き物が目に入った。最初は犬だと思ったその生き物は、近づいてみると子グマであることがわかった。「クマは必死に泳ごうとしていました。頭にはまっていた容器のせいで、前が見えていなかったんじゃないかと思います」とブライアンさんは地元メディア、
カテゴリー:

ヤクルトをジョッキで飲んだ感想 - 06月30日(火)11:00 

小さなプラスチック容器に入ったヤクルト。その量1本65ミリ。飲もうと思えば一口で飲み切ってしまえる量だ。ヤクルトをコップいっぱい飲んでみたい――。子どもの頃、そんな...
カテゴリー:

歌舞伎町カラオケスナックのいま...三密の店が生き残る条件:ガイアの夜明け - 06月23日(火)10:32 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。6月23日(火)の放送では、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食業界と、"ドクター"として飲食店の支援にあたる企業を取材。これからの飲食店のあり方を考える。まさに三密...窮地に立たされる歌舞伎町スナックの今街に活気が戻ってきたかに見える一方で、この数カ月大打撃を受けた飲食業界では、閉店を余儀なくされる店も多い。閉店した店から運び出された厨房機器を追跡すると、運び込まれたのは巨大な倉庫。串カツ店のフライヤーから焼肉店の鉄板までうず高く積まれた光景は、さながら飲食店の墓場...。しかしそこは、飲食店経営者にとって希望の場でもあった。東京・大田区に本社を構える「テンポスバスターズ」は、厨房機器をリサイクルして販売。全国に59店舗を展開し、年商は290億円にのぼる。同社はこのノウハウを活かし、去年飲食店支援事業「ドクターテンポス」をスタート、飲食店経営者たちから様々な相談を受けてきた。社長の森下篤史さんは、今こそ飲食店の役に立ちたいと、このプロジェクトに一層力を注ぐことに。「ドクターテンポス」のリーダー・鬼頭一将さんのもとを訪れたのは、新宿・歌舞伎町でカラオケスナック「スタジオ向日葵」を営む立花たくやさん。芸能人や文化人も訪れるなど店は繁盛してい...more
カテゴリー:

「プラスチック容器」の画像

もっと見る

「プラスチック容器」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる