「ブロックチェーン」とは?

関連ニュース

新型コロナウイルスの危機の中、ブロックチェーンが適用されるべき3つの業界とは - 07月13日(月)15:08 

ブロックチェーンを使ったフィンテック事業を手がける「ナッシュ」の共同創業者ファビオ・カネシン氏は、世界が新型コロナウイルスの危機から脱却するために、「ボーダレス」な性格を持つブロックチェーン技術は3つの中核産業に最大のユースケースがあると述べている。
カテゴリー:

日本暗号資産ビジネス協会、ステーブルコイン部会を発足【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 07月13日(月)14:28 

暗号資産(仮想通貨)ビジネスの健全な発展を目指す会員組織「日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)」は10日、ステーブルコイン部会を発足し、 7月8日に第1回会合を開催したと発表した。同部会には、暗号資産交換業者、金融機関、ブロックチェーン事業者、ウォレット業者など暗号資産関連ビジネス業者、弁護士法人、税理士法人、監査法人など39社の会員企業から69人が参加し、初回はステーブルコインの法的分類や論点の
カテゴリー:

10種類の仮想通貨から積立投資できる!「Coincheckつみたて」を徹底解説 - 07月13日(月)12:00 

仮想通貨に興味を持ちながらも、なかなか投資に踏み出せない方は多いのではないでしょうか。仮想通貨は価格変動が激しいので、購入時期を決断しにくいこともそうした要因の一つかと思います。そのような場合に、おすすめの投資戦略が「積立投資」です。 仮想通貨取引所Coincheckは自動積立サービス「Coincheckつみたて」を提供しており、ユーザーのニーズに沿うように複数のプランを用意しています。ここでは、Coincheckつみたてについて、特徴やメリット、注意点などを詳しく解説します。 目次 仮想通貨の自動積立投資ができるCoincheck 「Coincheckつみたて」の4つのポイント 2-1. 一定期間毎に一定金額で資産を購入する「ドルコスト平均法」 2-2. 1万円からビットコインを積立可能 2-3. 10種類の仮想通貨積立に対応 2-4. 選べる2つのつみたてプラン 「Coincheckつみたて」のメリット 3-1. 相場の急変動に左右されずに長期的な資産形成に役立つ 3-2. トレードに自信がない人でも簡単投資 3-3. Coincheckユーザーなら誰でも利用できる 「Coincheckつみたて」の注意点 4-1.短期的な投資リターンを狙う戦略ではない 4-2.好パフォーマンスが保証されているものではない まとめ ①仮想通貨の自動積立投資ができるCoincheck Coi...more
カテゴリー:

丹青社、「アートとしての工芸×空間デザイン」を提案する展示を実施 - 07月13日(月)11:00 

2020年7月13日 株式会社丹青社  商業施設・⽂化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹⻘社(本社:東京都港区/代表取締役社⻑:⾼橋貴志/以下、丹⻘社)は、2020年7月13日(月)~8月21日(金)の期間中、本社 クリエイティブミーツにて「アートとしての工芸×空間デザイン」を提案する展示を実施し、伝統工芸・アート・空間デザインの融合が生み出す新たな可能性を発信します。   本社 クリエイティブミーツに公開された 「Artをもっと身近に」をテーマとした展示の様子     アートとインテリア素材のサイズを合わせ、融合させている      本展示は、丹青社がサービスを提供するアート・工芸作品のプラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」参画アーティストと連携し、伝統工芸・アート・空間デザイン、そしてビジネスの立場から、アートをインテリアとして昇華させた新しい空間づくりにより、空間表現における価値創出を試みるものです。   ■コロナ禍で発表の場を失った展示ブースとトークセッションを新たな形で公開  当初、2020年3月3日(火)~6日(金)に東京ビッグサイトで開催が予定されていた国内最大級の店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2020」の特別展示「NIPPON プレミアムデザイン」での展開を計画して...more
カテゴリー:

DeFi(分散型金融)のオプション取引プラットフォームOpynが216万米ドルの資金調達を完了 - 07月13日(月)10:33 

サンフランシスコに本社を置くOpynは、216万米ドルの資金調達を完了したことを発表した。チームはオプション取引を介して、イーサリアム(ETH)とDeFi(分散型金融)関連投資におけるヘッジ手段としてのポジションを確立したいと表明している。 6月22日のOpynの公式ブログによると、投資ラウンドには、Dragonfly Capital、Version One Capital、DTC Capital、CoinFund他、またエンジェル投資家であるBalaj Srinivasan、Robert Leshner、Dylan Filed、Linda Xie等が参加している。 DeFi(ディファイ)とはDecentralized Finance(分散型金融)の略称であり、仲介者の必要性を排除した形でブロックチェーン上に構築される金融産業の総称である。Opynは2020年5月に取引量で1438万米ドルを記録するなど、既に分散型のオプション市場で支配的な立場にある。 DeFiのユーザーは高い利回りを享受する一方、イーサリアム(ETH)や市場のボラティリティ、ハッキング等のリスクに晒されている。Opynで現在発行されているプットオプション「oTokens」はこうしたリスクから保護するために使用される。イーサリアム・ユーザーや開発者は金融保険やヘッジのために、スマートコントラクトに担保を預けてプット...more
カテゴリー:

多様な家族形態が当たり前に認められる社会を目指す 「Famiee Progect のパートナーシップ証明書」受入れを決定 - 07月13日(月)15:00 

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、一般社団法人 Famiee(所在地:東京都千代田区 代表理事:内山幸樹、以下:Famiee)の展開するFamiee Projectに賛同し、Famieeが2020 年 7 月 より発行する「パートナーシッ プ証明書」を受入れることを表明いたします。■「パートナーシップ証明書」について「家族」という概念が多様化し、従来の「夫婦」「親子」「家族」に当てはまらない新しい家族の形が生まれてきているなか、既に複数の地方自治体では同性カップル向けのパートナーシップ制度が導入され始めています。一方で、パートナーシップ制度を享受できるのが居住者に限られるなどの課題も依然としてあります。Famieeでは、法的に婚姻関係と認められない多様な家族形態の方々が、住んでいる国や地区などに関わらず家族関係を証明することができるよう家族関係証明書を提供。その第一弾として、2020年7月より同性カップル向け「パートナーシップ証明書」の発行を開始します。スターティアグループでは、その経営理念に社会のニーズとマーケットを見極め人と企業の未来を創造し優れた事業と人材を輩出するリーディングカンパニーを目指すを掲げています。多様な家族形態が求められる中、社会の公器としての責任と、多様な価値観を持つ従業員がいてこそ、優れた事業の創...more
カテゴリー:

【代表取締役、事業責任者向け】ブロックチェーン導入コンサルティングを無料で実施します! - 07月13日(月)13:00 

これまで250名以上の方にコンサルティングを行っているブロックチェーンビジネスコンサルタントが業種業界にとらわれない豊富なノウハウとユースケースを基にお話を伺い、コンサルティングいたします! ブロックチェーンは自社事業に活用できるのか? ブロックチェーンをそもそも使う必要はあるのか? ブロックチェーンを〇〇事業部で活用しようと考えているので、壁打ちして欲しい! など少しでも気になっていることがございましたらお気軽にご参加ください。ベンチャー企業から大手企業までブロックチェーンによる新規事業開発支援を行ってきたプロならではの目線でお答えいたします。 ブロックチェーンを活用したプロジェクトを生み出すきっかけとしてご活用ください。 リソース、マーケットニーズを踏まえ、抽出したアイデアの絞り込みもサポートさせて頂きます。https://bc-authority3.peatix.com/view
カテゴリー:

DeFi(分散型金融)は、ビットコインから受動的収入を得るベストな方法 - 07月13日(月)11:33 

「マスタリング・ビットコイン」の著者アンドレアス・M・アントノプロス氏は、DeFi(分散型金融)を活用して保有しているビットコインから受動的収入を得る方法を紹介した。米ブロックチェーンニュースメディアDecryptが6月30日、伝えている。 アントノプロス氏はビットコインの保有から受動的収入を得るにはDeFiを活用するのが最良の方法であると述べ、代表的なDeFiプラットフォームであるMakerDAOについて語った。MakerDAOはイーサ(Ether)ベースのトークンを担保にローンを組み、ステーブルコインDAIを借り入れるプラットフォームだ。 現在では、ビットコインに裏付けられたEtherトークンであるWBTCもMakerDAOの担保資産の一つとされている。アントノプロス氏はWBTCを担保にMakerDAOでDAIを発行し、DAIを貸し出すことで「副次資本」を得ることに成功したとしている。 しかし、アントノプロス氏はイーサリアム・プラットフォームであるDeFiにビットコインを移行することにリスクが伴うと忠告している。イーサリアムの手数料(ガス)が高騰することもあれば、スマートコントラクトにバグが無いことを証明するのは不可能に近い。「単に資産を保有しているだけの状態と比べれば、ユーザーは資産の一部か全部を失うリスクを負っている」と同氏は加えた。 暗号資産FXやアルトコインへの投資など...more
カテゴリー:

ジャパンコンピューターサービスがAcronis Cyber Protect Cloudを活用したエンドポイント統合管理サービス「JCS Cyber Protect Cloud」の提供を開始 - 07月13日(月)11:00 

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役 嘉規 邦伸、以下アクロニス)はこの度、Acronis Gold Cloud Partnerである株式会社ジャパンコンピューターサービス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:唐沢 俊樹、以下、ジャパンコンピューターサービス)がAcronis Cyber Protect Cloudを活用したエンドポイント統合管理サービス「JCS Cyber Protect Cloud」の提供を本日より開始することを発表します。「JCS Cyber Protect Cloud」は、情報システム部門やITスタッフのいない中堅中小企業やIT化に課題をお持ちの企業をターゲットにしており、従来型のパターンマッチングによるアンチウイルスと振る舞い検知型の高度なマルウェア/ランサムウェア対策、簡単・高速クラウドバックアップなどを企業のクライアントPC向けに提供します。当サービスを利用することで、ユーザーは自然災害を含むさまざまな脅威からPCやデータを確実に保護することができ、被害の増え続けるマルウェアやランサムウェアによる攻撃を検知・遮断する高度なサイバーセキュリティ対策の他、Windows Updateのポリシー管理やパッチ適用時のインターネットのトラフィック問題を解決できます。当サービスは、アクロニス...more
カテゴリー:

稼げる放置ゲー『CrossLink』が、4コマ漫画『ちょこっとくろりん劇場』連載スタート記念、RTキャンペーンを開催中! - 07月13日(月)09:00 

TheotexGroupHD株式会社のグループ会社である株式会社プラチナエッグは、8月末サービス開始予定のスマートフォン向けアプリ、『CrossLink』のRTキャンペーンをTwitterの公式アカウントで開催中です。Twitterではゲームの最新情報なども随時配信しています。『CrossLink』とはCrossLinkは「片手間にゲームをプレイしてお小遣いも稼げる」放置型GPS連動ブロックチェーンゲームです。ゲーム内でヒーローを目的地に向かわせて敵を倒すことで、完全放置でもアイテムやビットコインを獲得することが可能。ヒーローを強化して行動範囲を広げたり、他のプレイヤーと協力してレイドボスと戦い、その貢献度によって、より強力なアイテムや多くのビットコインを獲得することができます。お小遣いを稼げる要素はゲーム中で獲得できるビットコインだけではなく、ゲーム内のアイテムを取り出してリアルマネーや暗号資産で売買できるプラットフォームの実装も予定しています。ナビキャラ『明星あみ』もTwitterで稼働中クロスリンクのナビキャラクターの「明星あみ」が、クロスリンク公式のTwitterアカウントとは別に、明星あみのアカウントとして現在稼働中です。気になる方はぜひチェックしてみてください。▼明星あみTwitterアカウント▼https://twitter.com/crosslink_AITwitt...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ブロックチェーン」の画像

もっと見る

「ブロックチェーン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる