「フラワーデモ」とは?

関連ニュース

身体固まり逃げられない人も… 複数回、性被害の女性 「抵抗」の有無を問題視、法改正求める 被害の記憶は消えない - 10月14日(月)10:00 

 花を手に、性暴力を許さない思いを共有する「フラワーデモin沖縄」が11日、那覇市の県庁前県民広場であった。参加者約70人が性暴力に無理解な社会に抗議し、法制度の改正を求めた。3月に性犯罪の裁判で4件の無罪判決が言い渡されたことをきっかけに、全国各地で毎月11日に同様のデモが開かれている。県内で開催される...
カテゴリー:

声をあげることから世界は変わる。性暴力に抗議する「フラワーデモ」に彼女が参加する理由 - 10月11日(金)07:00 

性暴力への抗議の意思を示そうと、花を手にした人々らが始めた「フラワーデモ」。2019年に東京から始まった連帯は、全国21カ所で開催されるまでに広がり、これまで「デモ」とは縁遠かった女性たちが大勢集まっている。美容ライターとして、美容を通じて女性たちの自尊心を応援することを仕事にしている長田杏奈さんも足を運んでいる一人だ。長田さんが参加するのはなぜなのか、そこで見たものは何だったのか?話を聞いた。 裁かれるべきことが裁かれる土壌がないことへの疑問 ——参加のきっかけは何だったのでしょうか?今年の春、生花でアクセサリーを制作する「花鳥風月lab」としてイベントに出店しました。趣味の活動なのですが、ブースを訪れた女性たちに、花飾りや花冠をつけて、仕上げに好きな色のリップを塗ってあげる。表情がパッと華やいで、喜んでもらえたことがとても嬉しくて。私のライフワークは、こんな風に美容やお花の力で女の子に喜んでもらうことだなと、再確認したんです。でも、イベントの打ち上げに行った中華料理屋さんで幸せな気分は台無しに。隣の男女のグループのテーブルから、男性たちの下品なセクハラトークが聞こえてきたからです。女性たちが空気を読んで合わせたり流したりして、耐えながらやり過ごしている。そんな様子を目の当たりにして、さっき会ったキラキラと輝いていた子たちも、きっと日常...more
カテゴリー:

【表現の自由】女が性的対象にされていない作品<何を思い浮かべる? - 10月12日(土)20:02  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/hikky.gif 性暴力、許さない 高崎で県内初フラワーデモ /群馬 https://mainichi.jp/articles/20190914/ddl/k10/040/121000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

性被害「痛みを語る、一緒に変える」フラワーデモ重ねる女性たち - 10月11日(金)06:30 

 3月に全国で相次いだ性暴力事件を巡る無罪判決は、今まで声をあげることのできなかった性被害の当事者や支援者が連帯する契機となった。相次ぐ無罪判決を受けて、「いてもたってもいられない」と半年前の4月にJR東京駅前に集まった約400人から始まった毎月11日の「フラワーデモ」。9月には天候不良で中止となっ
カテゴリー:

「フラワーデモ」の画像

もっと見る

「フラワーデモ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる