「フライト」とは?

関連ニュース

安く航空券を買えるタイミングを教えてくれるアプリ「Hopper」は強力な旅プランナー - 06月26日(水)18:00 

航空券やホテルの価格はシーズンによって大きく変動する。旅行者が増えるハイシーズンに価格が高くなるのは常識として、それ以外にもさまざまな要素で価格は動く。 しかしできることならおトクなプライスで予約・購入したいもの。それを手助けしてくれるアプリが「Hopper」だ。 ・AIが1年先まで予測 読者の中には、航空券やホテルの価格が下がっていないか頻繁にウェブサイトをチェックしたことのある人もいるのではないか。こまめにチェックすれば、おトクなプライスに行き当たることがある。しかし、いつもそうタイミングよくはいかない。 そこで使えるのがHopper。なんと最大1年先まで価格を予測する。過去のデータに基づき人工知能(AI)がさまざまな要素を勘案して価格レンジを示す。 泊まりたいホテルや、訪れたい都市へのフライトを検索すると、カレンダーに色付きで価格帯を示す。もし「絶対にこの期間しか休みが取れない」というのでなければ一番安い日を選んで予約すればいいわけだ。 ・価格が下がると通知 あるいは、価格帯が確認できても「もう少し安くなるかも」と即座の購入をためらう場合もある。そんなときは、価格が下がったときに通知が来るようにできる機能を使うといい。 Hopperではもちろん、価格の検索だけでなく予約もできるので、通知を受け取って間髪入れずにそのまま予約すれば旅費を抑えられる。 HopperはiOS、And...more
カテゴリー:

飛行機の中で快適睡眠!着るように使う旅行用毛布「 The Layover」が画期的 - 06月26日(水)10:45 

もうすぐやってくる夏休み、遠方への旅行を計画している人も多いだろう。 でも、飛行機の中が寒く、備付けの毛布も小さく薄くて、よく眠れなかったという経験はないだろうか。 今回登場したのは、飛行機の中や長い待ち時間での睡眠を快適にしてくれる、着るように使う旅行用毛布「 The Layover」だ。 ・コンパクトで持運び簡単 The Layoverは、上質な旅のために作られた。 素材にはナイロンを使用し、暖かく柔らかで、まるで家のベッドに寝ているよう。 重量は320gと軽く、サイズは横105cm、縦170cm。付属の収納袋に入れると、横12,5cm、縦18cmとさらにコンパクトになるため、持運びも簡単だ。 ・手足を入れるポケットがあり、スナップボタンで体にフィット そして、The Layoverのユニークな点は、手足を入れるポケットが付いていること。 手を入れるポケット内部はフリース生地を使用しており、柔らかで気持ちがよさそうだ。また、このポケットに接して貴重品ポケットも付いているので、安心して眠れる。足は、断熱性に優れたポケットに入れられる。 さらに、毛布の角にスナップボタンが付いており、首に巻いて毛布を固定できるということで、至れり尽くせり。これでフライト中に、足が寒くて目が覚めたり、毛布がずれ落ちるのを気にしたりせずに、ぐっすり眠れそうだ。 もちろん洗濯もでき、毛布同士をボタンで留め...more
カテゴリー:

DJIが米政府の懸念払拭目的に組立工場をカリフォルニアに設置へ - 06月25日(火)11:45 

Huawei(ファーウェイ)やZTEなど中国のメーカーへの圧力の高まりを受け、深セン拠点のドローン大手DJIは間違いなく懸念材料を抱えている。2017年後半に米移民・関税執行局はDJIのカメラを搭載したドローンがデータを中国に送っているかもしれない、との懸念を示した。 数週間前、米国土安全保障省は中国の商用ドローンについて同様に注意を喚起した。その一方で、先週開かれた「ドローンセキュリティ:イノベーションの促進とサプライチェーンリスクの抑制」という名称のヒアリングで、National Defense大学のHarry Wingo氏は上院の交通小委員会で「米国の地理空間情報が前代未聞のレベルで中国のデータセンターに送られている。これは文字通り、中国企業に我々の国土を上空から眺めさせている」と述べた。 DJIはTechCrunchへの文書で以下のように反論している。 ドローン産業は米国の中小事業者、そして米国全体の経済にとってなくてはならない原動力になりつつあるため、この産業の主要素に影響を及ぼす決断は事実に基づくことが不可欠だ。小委員会のヒアリングで示されたチェックされていない根拠のない推測や不正確な情報が、米国全体のドローン産業をリスクのある状態に追いやり、経済成長を妨げて社会保護や救命のためにDJIのドローンを使用している公的機関を無力にすることを我々は深く懸念している。 文書では...more
カテゴリー:

1日でDTPの基本を習得できるAdobe InDesign講座を開講します - 06月25日(火)08:10 

[株式会社ロクナナ] パンフレットやカタログなどの冊子を作成したい方にオススメ! ページレイアウトソフト・Adobe InDesignの基本的な使い方を学習します。 InDesignを使えば、美しいドキュメントの作成とプリフライト、入稿が可能...
カテゴリー:

いますぐ「マリーナベイ・サンズ」の予約をしたほうがいい理由 - 06月24日(月)19:00 

「シンガポールのマリーナベイ・サンズ……いつか行きたいなぁ」と憧れながら公式HP(https://jp.marinabaysands.com/hotel/offers/book-direct-and-save.html)を眺めていて、驚いたことがあるんです。直接予約をするほうが、他の旅行予約サイトなどから申し込むよりもお得で「最低価格」を保証。し、知らなかった……! これから夏休みの計画を立てようとしていたあなたも、まずは予約してみては? 泉里香さんも、少し早めの夏休みで訪れた「マリーナベイ・サンズ」。その魅力を紹介していきたいと思います。安心のセキュリティとスタッフのおもてなしが嬉しいマリーナベイ・サンズには「日本語対応デスク」が用意されていて、たとえば「スカイパークへはどうやって行けばいいですか?」「スペクトラのショーは何時から始まりますか?」といった何気ない疑問も、スムーズに解決できます。必要なときには日本語対応のコンシェルジュがサポートしてくれるので、ひとり旅でも安心してマリーナベイ・サンズを楽しむことができるんです。また、スタッフの方々の丁寧な接し方も、人気の理由のひとつ。「日本人スタッフがよろしければ、呼んでまいりますね」と、滞在中もこまめに声をかけてくれます。家族や恋人と遊びに来ているお客さんも多いので...more
カテゴリー:

ファン待望の「Microsoft Flight Simulator」最新作は「ユーザーコミュニティと連携しながら」開発する方針 - 06月26日(水)14:00 

2019年6月に開催された世界最大級のゲームイベント「E3 2019」でMicrosoftは、名作フライトシミュレーター「Microsoft Flight Simulator」シリーズの最新作を2020年にリリースすることを発表しました。その反響はかなり大きかったようで、開発スタッフ一同が開発についての基本方針を公式サイトで表明しています。
カテゴリー:

パイロット養成に使う飛行機も電動に! H55が小型機の初フライトに成功 - 06月26日(水)07:30 

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の有人ソーラープレーンプロジェクト「Solar Impulse」のスピンオフ企業「H55」はこのほど、同社の電気推進システムを搭載した電動飛行機のフライトが成功したと発表した。 飛行に成功したのは2人乗りの小型飛行機「Bristell Energic」で、同社によるとすでに航空学校などから“かなりの引き合い”があるという。 ・電気代は1時間7ドル Bristell Energicは2つの50kWhバッテリーパックを搭載し、90分の飛行が可能。完全電動なのでもちろんエミッションフリーで、騒音も従来タイプより少ない。しかも飛行コストは1時間あたり推定7ドルとリーズナブルなのも売りだ。 こうしたメリットから、飛行を日々繰り返す航空学校がBristell Energicの導入に前向きのようだ。航空学校での訓練飛行は1回あたり平均45〜60分で、Bristell Energicで十分トレーニングができる。 ・ソーラー発電機の経験 電気飛行に関しては、H55はSolar Impulseでかなりの実績を積んでいる。Solar Impulseは名称にある通り太陽光で発電し、それをもとに飛ぶ飛行機。これまでに4万5000キロも飛行した。 航空業界ではこのところ、小型機で電動化の動きが活発になっている。Techableでも紹介したように、すでにHabour Airのように...more
カテゴリー:

米MIT発ドローンベンチャーと戦略提携、インフラメンテ専用機体を共同開発 ~ 目視外飛行でコンクリート自己治癒材料を自動塗布へ ~ - 06月25日(火)09:30 

會澤高圧コンクリート株式会社(本社:北海道苫小牧市、代表取締役社長:會澤 祥弘)は、ドローンビジネスに本格参入致します。米マサチューセッツ工科大学(MIT)発の航空宇宙ベンチャーであるトップフライトテクノロジーズ(TFT、本社:ボストン、CEO:ロン・ファン博士)と戦略的に提携し、TFTが特許を持つハイブリッド電力システムを搭載した長距離・大容量の産業用ドローン(UAV)を共同で開発、コンクリート系インフラを中心に監視...
カテゴリー:

クラウドファンディングで資金調達した太陽帆走宇宙船が間もなく打ち上げへ - 06月25日(火)08:00 

米国時間の6月24日に打ち上げが予定されているFalcon Heavyには、数多くの宇宙船や人工衛星が搭載されるが、Planetary Society(惑星協会)のLightSail 2には、中でも一番興味が惹かれる。すべて順調にいけば、打ち上げから1週間後に、ゆっくり、しかし着実に、太陽光の力だけで航行し始める。 LightSail 2は、太陽光発電エンジンを搭載しているわけではない。太陽エネルギーや熱を別のものに変換して使うこともない。これは文字通り、非常に大きな輝く帆に光子を受けて、その物理的な力で推進する。間違えないで欲しいのは、太陽風ではないということ。これとはまったくの別物だ。 このアイデアの起源は、Planetary SocietyのCEOで、テレビ番組『Bill Nye the Science Guy』のホストとしても知られるBill Nyeが打ち上げ前の記者会見で話したことによると、数世紀前に遡るという。 NASAは深宇宙原子時計などの実験をSpace XのFalcon Heavyで行うと詳細を発表(本文は英語) 「それは実に1600年代にまで遡ります。ケプラーは、太陽が発する力が、彗星の尾やその他の効果を生み出しているに違いないと推測した。そして、いつの日か勇敢な人々が虚空を帆走するようになると、思いを巡らせていました」という。 現代の天文学者やエンジニアたち...more
カテゴリー:

狭い機体で長距離フライト、増えそうな理由 #航空.. - 06月24日(月)16:45 

狭い機体で長距離フライト、増えそうな理由 #航空 #飛行機 #エアバス
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「フライト」の画像

もっと見る

「フライト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる