「フォルクスワーゲン」とは?

関連ニュース

【コラム】VCは気候変動との戦いで極めて重要な役割を果たすが、すべてを行うことはできない - 11月29日(月)13:45 

TechCrunch Global Affairs Projectでは、ますます関係が複雑化しているテック業界と世界政治の関係を検証する。 先にグラスゴーで行われたCOP26は、大惨事を食い止めるだけでなく、気候変動との戦いで民間セクターが果たす役割の重要性を明確にした。メタン排出対策とすり減った経済協力の再燃などいくつか注目すべき政治的成果があったものの、最も期待されていたのは民間セクターの新たな関与だ。 去る2006年、アル・ゴア氏の映画「不都合な真実」は、250億ドル(約2兆8410億円)のベンチャー投資をクリーンテックのために引き出すきっかけとなり、ソーラーとエタノール分野がその中心だった。投資家たちの楽観をよそに、投資のほとんどは数年後に燃え尽き、その結果ベンチャー投資家の多くがその後10年間の大半でクリーンテック分野を回避した。 最初のクリーンテックブームで成功したおかけで、我々はごく自然に、革新的クリーンテックソリューションへの資金提供と規模拡大におけるVCの役割に関して楽観的でいる。COP26が終わり、気候変動に取り組むためのクリーンテックの迅速な導入に世界が依存する今、我々はVCのさらなる可能性だけでなく、その限界も理解する必要がある。 VCの強み 最もうまく行った場合、このベンチャーモデルは若い企業がリスクを負って早期テクノロジーに取り組み、大企業にできないイノ...more
カテゴリー:

温室効果ガスを競争戦略に ~温室効果ガスの追跡はなぜブロックチェーンが適切なのか?~ - 11月29日(月)10:00 

温室効果ガス(以下GHG (Green House Gas))の抑制・削減は間違いなく21世紀最大の課題である。GHG削減は、日々行われているビジネスにおいても身近なテーマだ。近年では、企業がサプライチェーン上の取引先に対し、GHG排出量の削減努力を求める動きが加速。例えば、独フォルクスワーゲンは重油を使わないLNG燃料船の使用を実質上の入札条件にしており、これによりGHG排出量が40%削減できるとしている。本稿ではGHGを巡る社会の動きを解説し、これを追跡するうえで有力な方法となるブロックチェーンの活用について紹介したい。
カテゴリー:

フォルクスワーゲンが、SUVの「T-Roc」のマイナー.. - 11月23日(火)19:00 

フォルクスワーゲンが、SUVの「T-Roc」のマイナーチェンジモデルを発表。新型のエクステリアは灯火類のデザインが変更された。
カテゴリー:

女「あ、外車!」 俺「あれはフォルクスワーゲンだね。とりあえず外車乗りたいって人が買うメーカーだよ」 - 11月21日(日)03:42  news4vip

女「あ、スポーツカー!」 俺「あれはトヨタ86だね。値段は安いしスピードも遅いけどカッコつけたいって人が買う車さ」 どういう印象をいだく? ...
»続きを読む
カテゴリー:

【本日UP】新型フォルクスワーゲンT-Roc登場! - 11月19日(金)13:21 

【本日UP】新型フォルクスワーゲンT-Roc登場!
カテゴリー:

アップルがサムスンから引き抜いたバッテリー開発の第一人者、今度はVWに引き抜かれる - 11月29日(月)13:00 

かつてアップルがサムスンから引き抜いた次世代バッテリー開発の第一人者が、今度は大手自動車メーカーのフォルクスワーゲン・グループに引き抜かれました。
カテゴリー:

EV急速充電ネットワークのIONITYが、充電器の数を4倍以上に増やすために約905億円を投資 - 11月26日(金)08:45 

Daimler AG(ダイムラーAG)やVolkswagen Group(フォルクスワーゲングループ)などの大手自動車会社が共同で設立した、電気自動車用急速充電ネットワークプロバイダーのIONITY(アイオニティ)は、資産運用会社のBlackRock Global(ブラックロック・グローバル)と既存の株主から7億ユーロ(約905億円)の投資を獲得。欧州全域における事業拡大を目指している。 EV用の超急速充電ステーションを欧州各地に設置しているIONITYは、ダイムラーとフォルクスワーゲングループの他、BMW Group(BMWグループ)、Ford(フォード)の4社による合弁事業として2017年に設立され、後にHyundai Motor Group(現代自動車グループ)も加わった。同社は今回の投資により、現在設置されている約1500基の充電器を、2025年までに4倍以上の7000基に増やすことを計画している。 新たに建設される充電ステーションは、高速道路などの主要道路や主要都市の近くに設置され、それぞれの場所で6~12台分のEVを同時に充電できるようにする予定だ。また、需要の高い既存の施設にも、充電器の数を追加していくという。 IONITYは、車両の充電中にドライバーも「充電」できるフルサービスステーションの所有・運営も計画している。同社で「Oasis(オアシス)」と呼ぶこのステーシ...more
カテゴリー:

新型フォルクスワーゲンT-Roc登場! - 11月20日(土)11:15 

考古学者とは多くの場合、「遺跡」や「化石」を研究するんでしょうけど、ぼくは「服」に焦点を当てた考古学者だと思っています。「服」も時代によってデザインが変わりますし古い時代の服はとくに、当時の社会背景とデザインがリンクしている。
カテゴリー:

スバル初のグローバル展開、新型電気自動車「ソルテラ」がLAオートショーで米国デビュー - 11月19日(金)08:30 

SUBARU(スバル)は、2021年5月にチラ見せしていたクロスオーバー型電気自動車の全貌を、11月11日に世界初公開した。そして米国時間11月17日、この「SOLTERRA(ソルテラ)」と名づけられた同社初のグローバル展開となる電気自動車は、ロサンゼルスオートショーで米国デビューを果たした。 関連記事スバル初のグローバル展開、新型電気自動車「ソルテラ」がLAオートショーで米国デビュートヨタの電気自動車 「bZ4x 」が2022年半ばに米国登場、最大航続距離402kmトヨタの新型EV「bZ4X」はスバルとの共同開発、一充電走行距離460kmでルーフソーラーパネルも選択可能 ソルテラは、スバルとトヨタの共同プロジェクトから誕生したサブコンパクトクラスのバッテリー駆動クロスオーバーで、トヨタが4月に発表した電動クロスオーバー「bZ4X」とほとんど双子に近い兄弟関係にある。つまり、従来の「スバル BRZ」と「Toyota 86(トヨタ86)」の関係と同様だ。 このクルマを一文でまとめると次のようになる。ソルテラは、アメリカ人の飽くなきクロスオーバーへの欲求をターゲットにしており、トヨタの協力を得てスバルがEV市場に参入する足がかりとなる。 この2年間は、半導体不足により生産が滞ったにもかかわらず、スバルにとっては非常に良い年だった。米国では過去最高の販売台数を記録している。 四輪駆動の中...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる