「フェイクニュース」とは?

関連ニュース

【芸能】石田靖「スリムクラブ真栄田、会見したい悔しいと泣いてた」 - 07月20日(土)14:31  mnewsplus

吉本新喜劇の石田靖が20日、司会を務めるバラエティ『かがくdeムチャミタス!』(テレビ大阪)の記者会見後、一連の芸人による反社会的勢力との闇営業問題について、 心中を話した。 吉本興業からの契約を解消となった雨上がり決死隊・宮迫博之について、「宮迫と会社がちゃんと話し合ったことやと思う。同じ芸人ですけど、事実関係は細かいところまでは わからないんで」と石田。 「報道されていることが全部正しいのかっていうのが・・・。自分が報道番組やらしてもらってて、やっぱりフェイクニュースもあるやろうし、そん...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】 本人が知らないうちに勝手にスキャンダル・・・AI技術を使ったフェイク情報 「ディープフェイク」 人気アイドルや女優の動画も - 07月20日(土)10:25  mnewsplus

AI技術「ディープラーニング」を使ったフェイク情報、"ディープフェイク"が物議を醸している。 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、あらゆる情報を収集・管理し、 数十億もの人々をコントロールできるかのような話をしている映像がInstagramにアップされ、人々に大きな衝撃を与えた。 しかしこれはイベント用に作られたディープフェイクで、喋っている内容も架空のものだった。 さらに、トランプ大統領と思しき人物が「私がなぜこんなに人気者なのか教えてやるよ。それは頭が柔軟だからだよ、多分な」と話す動画。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【昭和史に学べ!】皇道派と戦い、フェイクニュースに殺された軍人を知っていますか? - 07月20日(土)05:30 

「昭和史の分水嶺」を尋ねられた時、日本人はどのような史実を思い浮かべるだろうか。満洲事変や真珠湾攻撃、ポツダム宣言受諾など、いろいろな回答が並ぶに違いない。 私が挙げたいのは、昭和10(1935)年8月…
カテゴリー:

【速報】山田太郎、表現の自由について正論『右も左も極端な考え方は「表現の自由」を嫌う』 - 07月17日(水)23:43  poverty

右も左も極端な考え方は「表現の自由」を嫌う――前参議院議員、山田太郎さん https://www.excite.co.jp/news/article/E1507102952423/?p=2 意見の多様性を認め、寛容になることが必要 「表現の規制を望む人たちは『好きか嫌いか』という物差しに依るところが非常に大きいです。 そしてこの好き嫌いは、ある種の世代間抗争になっている部分があります。例えば昨今の若い子の中では、オタク文化は非常に強い市民権を得ています。 そういう世代からは『規制しろ』という声はあまり上がりません。 一方で私たちのような、40代から50...
»続きを読む
カテゴリー:

【東大王】水上颯の中絶報道はフェイクニュースの可能性?+襲撃されて入院中か? - 07月16日(火)06:37  mnewsplus

クイズ番組で人気沸騰中の水上颯。 週刊誌の報道で女性に中絶させたと報じられ騒然となる中、ある人物の幼なじみを名乗る者が裏側を激白! なんと中絶報道はフェイクニュースだという。 信じるか信じないかはあなた次第m9 https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=j4w0u89pH18 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「アポロが月に行ったは嘘」信じる若者たち - 07月20日(土)13:57  news

月面着陸50年、人類はやっぱり月に行っていた 月面着陸は本当はなかったと、いまだにちょこっと信じていたりとかしませんか? 月面着陸50周年を心の底から楽しむために、陰謀説の出元を振り返ってスッキリしましょう。 決定打は1冊の自費出版本 月面着陸陰謀説は、ネットでフェイクニュースが社会現象になる遥か前に生まれて広まりました。 出元は1974年にBill Kaysingという人が自費出版した「We Never Went to the Moon」という本です。 Kaysing氏は冷戦の最中の1950年代、宇宙開発関連企業Rocketdyneでテクニカルライタ...
»続きを読む
カテゴリー:

Netflix、衝撃作「13の理由」の自殺シーンを削除。佐々木俊尚さん「文化の保存としていいのだろうか」 - 07月20日(土)09:32 

アメリカの大手動画配信サイト「Netflix(ネットフリックス)」は7月15日(日本時間)、オリジナルドラマ「13の理由」から、10代女性の自殺シーンを削除したとTwitterで発表した。私たちは、「13の理由」を視聴したたくさんの若者が、うつや自殺といった難しい問題について話せるようになり、助けを求めることができるようになったと聞いています。今夏、シーズン3を配信するための準備をするにあたり、このドラマに関して議論されていることについて気を配りました。アメリカ自殺防止協会クリスティーヌ・ムーティエ医務部長らのアドバイスにより、私たちは製作総指揮を担当したブライアン・ヨーキーやほかのプロデューサーたちと話し合い、ハンナが自ら命を絶つ場面を編集することを決断しました。An update on 13 Reasons WhyIf you or someone you know needs help finding crisis resources please visit https://t.co/cNtjtuNG1ppic.twitter.com/SxGjbYpZF6— Netflix US (@netflix) July 16, 2019 「13の理由」は、ある日、男子高校生クレイ・ジェンセンが、謎のカセットテープを受け取ったことをきっかけに、好意を寄せていた同...more
カテゴリー:

東京オリンピックを日本人選手団がボイコット? 挑発的な映像作品を芸術家・丹羽良徳さんが作ったわけ - 07月19日(金)18:24 

2020年の東京オリンピックを、日本人選手全員がボイコットする━━。そんな架空の映像作品を、社会問題を芸術で表現する丹羽良徳さん(36)=ウィーン在住=が完成させた。作品はオリンピックの1年前にあたる7月24日から、東京都内のギャラリーで展示される。世界的な祭典に向けてムードが盛り上がる中、挑発的な作品を生み出した狙いは何か。帰国した丹羽さんに聞いた。作品のタイトルは「想像したはずの共同体」。ナショナリズム(国民国家というまとまりを重視する考え方)の誕生をひも解きつつ、国民という概念が想像の産物でしかないことなどを述べた名著「想像の共同体」(ベネディクト・アンダーソン)にちなんで名付けた。作品は約15分。ドキュメンタリー風の映像で、ストーリーは、東京オリンピックの開会式に日本人選手団が姿を現さず、大騒ぎになるところから始まる。政府が必死に事態の収束を図ろうとする中、日本人選手たちが独自に記者会見を開き、オリンピックをボイコットすることを表明。世の中は大混乱におちいる。ボイコット劇を外国人選手に語らせるシーンも盛り込むなど、視点の相対化を試みている。丹羽さんによると、映像は自ら撮影した動画もあるが、ほとんどがYouTubeに投稿されているニュース動画などを利用して編集したという。例えば、日本人選手が開会式を欠席した際、安倍晋三首相が記者会見で「事態は収束に向かっている」と発言する場面...more
カテゴリー:

Libraはスイスの規制下に入るとFacebookが米国議会で証言予定 - 07月16日(火)17:45 

ブロックチェーンを扱うFacebookの子会社Calibraの代表のDavid Marcus(デヴィッド・マーカス)氏は、米国時間7月16日、17日に予定されている米国連邦議会での証言に先立ち、その内容を公開した。これによると、Libra Associationは、本社を置くスイスの政府による規制下に入るとのことだ。それまでの間は、Libra AssociationとFacebookのCalibra Walletは米国の税制、反資金洗浄規制、不正防止に関する法律に準拠するという。 「Libra Associationは、認可を受け、規制に従い、監督当局による監視の下に置かれることを期待しています。Libra Associationはジュネーブに本社があるため、スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)の監督下に置かれることになります」とマーカス氏は記している。「私たちはFINMAと予備会談を行いました。そして、Libra Associationのための適正な規制の枠組みの中で彼らと関わっていくことになります。またLibra Associationは、FinCEN(米国財務省の金融犯罪捜査網)に金融業者として登録する意向があります」 関連記事:Facebookは暗号通貨Libraを発表:知っておくべきこと(未訳) 米国の資金洗浄対策(AML)や顧客確認(KYC)の法律にLibraがど...more
カテゴリー:

「ごぜえ!!!」のせいで相対的に「神房男」の方がマシじゃね?感が出てきたよね。  - 07月13日(土)19:20  poverty

ネットを騒がせたフェイクニュース「モモ・チャレンジ」が映画化決定 https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_nl_20190713036/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「フェイクニュース」の画像

もっと見る

「フェイクニュース」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる