「フィードバック」とは?

関連ニュース

Mouseflowを使ったSaaSコンサルティング、SaaSのカスタマーサクセスを実現します。 - 05月25日(水)12:30 

Webマーケティング事業を行っている株式会社APOLLO11(本社:愛知県名古屋市、代表:吉丸彰)は、5月18日、SaaS事業者に向け、SaaS改善コンサルティングのランディングページを公開しました。https://mouseflow-jp.com/lp/saas/SaaSビジネスの成功においてカスタマーサクセスによって解約率を下げることが一番重要になります、解約率を下げるために、UI.UXを改善することが必須です、mouseflowはUI.UX改善ができる分析ツールです、レコーディング機能、クリックヒートマップ、フィードバック機能を使ってSaaSのカスタマーサクセスを実現します。当ページでは、ヒートマップツール「Mouseflow」を使い、SaaSを改善する方法を説明しています。mouseflowでSaaS改善ができる理由理由1:ファネル機能を使うことで、どのコンテンツが、サインアッププロセスに良い影響をもたらしているのかを知ること       ができる。理由2:レコーディング機能を使ってサインアッププロセスを確認し、ユーザーの感情を読み取ることができる。理由3:アップグレードユーザーがどういう理由・傾向でアップグレードするかを分析することができる。理由4:クリックヒートマップでサインアップボタンを最適化することができる。理由5:フィードバック機能を使ってユーザーにアンケートをと...more
カテゴリー:

二重スリット実験 粒子の分割と判明 確率でないと確認される 広島大学 - 05月25日(水)09:44  news

確率では無い ことが確認される🤗 二重スリット実験では1つの粒子が2つの経路に分割されている、広島大が確認  広島大学は5月2日、光などの粒子は、粒子であると同時に波でもあるという二重性が未解決の問題となっているが、「フィードバック補償法」を中性子干渉に応用することにより、有名な二重スリット実験における、2つの経路を通過した中性子の分割比の定量的な測定に成功したほか、この結果が単一粒子の分割であり、集団の統計的な確率ではないことを示したことを発表した。 https://news.mynavi.jp/techpl...
»続きを読む
カテゴリー:

Microsoft開発チーム「タスクバーの位置変更機能?需要無い。やらない。計画すらない。無いったら無い。」 - 05月24日(火)14:27  poverty

Windows 11のタスクバー位置移動機能の開発にMicrosoftは消極的 Windowsのタスクバーは、デフォルトでは画面下側に配置されていますが、ディスプレイの解像度や使い方によっては上や左右に配置したほうが便利なこともあります。これまでは位置を自由に動かすことができましたが、Windows 11では下部固定となっており、Microsoftも移動可能にすることについては消極的だそうです。 MicrosoftがYouTubeで行ったテックコミュニティ配信の「Ask Me Anything」(なんか質問ある?)コーナーで、エンジニアリングチームと製品チームがさまざ...
»続きを読む
カテゴリー:

Microsoft Edge の長すぎるメニュー、どう思う? - 05月22日(日)10:59 

Microsoft Edge の長すぎるメニューにユーザーが不満を感じていることを Microsoft は認識しており、対処を試みているそうだ (Neowin の記事、 Microsoft Edge Insider のブログ記事)。 メニューの長さ (項目数) は拡張機能の有無によっても変動するが、Microsoft Edge のコンテキストメニューは他のブラウザーと比較して非常に長い。テキスト選択時のコンテキストメニューは文字数に応じて幅が大きく広がる。Microsoft Edge はアプリのメインメニュー (…メニュー) も長いが、同様にメインメニューの長いブラウザーは Brave や Firefox など他にもある。 本件は 4 月に寄せられたフィードバックに関する Microsoft Edge Insider のブログ記事で触れられている。Microsoft は、長過ぎて幅広すぎるメニューがカスタマイズもできないことに対する不満を聞いており、どうにか対処しようとしているという。その一部は既に Canary チャネルで利用可能となっているように説明されているが、Canary 版をちょっと見た限りではむしろメニュー項目が増えているようだ。 Microsoft Edge に限らず、多機能化するウェブブラウザーはメニュー項目が増える傾向にある。スラドの皆さんはウェブブラウザー...more
カテゴリー:

二重スリット実験 粒子の分割と判明 確率でないと確認される 広島大学 - 05月21日(土)17:18  poverty

確率では無い ことが確認される🤗 二重スリット実験では1つの粒子が2つの経路に分割されている、広島大が確認  広島大学は5月2日、光などの粒子は、粒子であると同時に波でもあるという二重性が未解決の問題となっているが、「フィードバック補償法」を中性子干渉に応用することにより、有名な二重スリット実験における、2つの経路を通過した中性子の分割比の定量的な測定に成功したほか、この結果が単一粒子の分割であり、集団の統計的な確率ではないことを示したことを発表した。 https://news.mynavi.jp/techplus...
»続きを読む
カテゴリー:

ラック、ICT・IoT活用で地域活性をサポートする、地域商社事業「黒こ」を発表 ~地域に根差したビジネスの成長を、黒子となって継続的に支援する~ - 05月25日(水)10:30 

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、地域活性をテーマにした新規事業開発のひとつとして、ICTやIoTを活用し、地域に根差したビジネスが成長するサイクルをサポートする、地域商社事業「黒こ」を2022年5月25日に発表しました。人口減少や少子高齢化により、多くの地域で生産活動を担う人口が減少しています。さらに、地域外の事業者に商流を依存することによって、所得の流入よりも、地域外への価値・利益・投資の流出が大きくなり、地域の経済が縮小する問題が生じています。地域をより豊かにしていくためには、地域外に特産品や観光サービスを販売し、その利益や投資が地域内に還元されることが重要です。ラックの地域商社事業「黒こ」は、あくまで地域が主体となった事業サイクルの強化と総合的なマーケティングをサポートします。地場の既存産業と連携し、ITを駆使した課題の調査・企画・調達・流通など、地域のビジネスが成長するサイクルを提案します。さらに、地域の外の消費者に地域の商材・サービスを提供することによって得られる、消費者の動向、お客様の声の回収・分析フィードバック等、地域事業者が商品の改善や新たな商品開発、販路開拓に役立てられる情報を入手できる仕組みを提案します。地域外の消費者とは、フィードバックの還流だけでなく、「関係人口」として継続的に地域のファンとして繋がっている...more
カテゴリー:

166㎝ 150㎏で取り返しの付かないレベルでデブってしまった・・・・ 歩くのもしんどいし どうすればいいんだ・死にたくないよ - 05月24日(火)23:25  poverty

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2204/12/news048.html お菓子を食べ始めると「そしゃく音」と「ゲップ音」を流す、袋止めクリップ 「間食をやめろ」と暗に警告 中国の北京理工大学の研究チームが開発した「Hicclip: A Smart Sealing Rack Using Interactive Sounds to Intervene Snack Addictions」は、スナック菓子の過剰摂取を軽減を支援する袋止めクリップスタンドだ。スタンドのクリップから外してスナック菓子を食べている最中は、同時にそしゃく音を再生し、50秒後にゲップ音を流して間食をやめるように暗黙のう...
»続きを読む
カテゴリー:

二重スリット実験 粒子の分割と判明 確率でないと確認される 広島大学 - 05月22日(日)13:33  news

確率では無い ことが確認される🤗 二重スリット実験では1つの粒子が2つの経路に分割されている、広島大が確認  広島大学は5月2日、光などの粒子は、粒子であると同時に波でもあるという二重性が未解決の問題となっているが、「フィードバック補償法」を中性子干渉に応用することにより、有名な二重スリット実験における、2つの経路を通過した中性子の分割比の定量的な測定に成功したほか、この結果が単一粒子の分割であり、集団の統計的な確率ではないことを示したことを発表した。 https://news.mynavi.jp/techplus...
»続きを読む
カテゴリー:

二重スリット実験 粒子の分割と判明 確率でないと確認される 広島大学 - 05月22日(日)09:44  poverty

確率では無い ことが確認される🤗 二重スリット実験では1つの粒子が2つの経路に分割されている、広島大が確認  広島大学は5月2日、光などの粒子は、粒子であると同時に波でもあるという二重性が未解決の問題となっているが、「フィードバック補償法」を中性子干渉に応用することにより、有名な二重スリット実験における、2つの経路を通過した中性子の分割比の定量的な測定に成功したほか、この結果が単一粒子の分割であり、集団の統計的な確率ではないことを示したことを発表した。 https://news.mynavi.jp/techplus/a...
»続きを読む
カテゴリー:

英テスコ 従業員の給与、ベネフィット、スキルに多額の投資 - 05月19日(木)11:44 

英スーパーマーケット大手のテスコ(ティッカーシンボル:TSCO)は4月7日、従業員の給与とベネフィット(福利厚生など給与以外の便益)、スキルに多額の投資を行うことで英小売流通関連労働組合USDAWと合意したと発表した(*1)。 テスコはUSDAWとの交渉の末、基本給の大幅な増額と従業員割引の拡大、スキルアップのための研修の実施などを行うことを決定した。主な変更点は以下の通りとなる。 時間給の店舗とカスタマー・フルフィルメント・センター(物流配送拠点)に勤務する従業員を対象に、時給を5.8%引き上げ、9.55ポンド(約1,500円)から10.10ポンドにする。テスコによると、時間給制を敷く店舗とCFCの従業員を対象とする単年の投資としては、過去10年で最大の金額となるという。また、直近10年間で時給は40%超増加しているとのことだ。 カスタマー・デリバリー・ドライバーとクリック・コレクト・デリバリー・アシスタント業務に従事する従業員に関しては、職能給を引き上げる。経済環境に不透明感が漂っていることを考慮し、賃金の改定は1年単位とし、23年にUSDAWと見直しを行う方針である。 また、すべての従業員を対象にテスコのポイントカードClubcardの割引を500ポンド増額する。これにより、年間の割引合計額は1,500ポンドになる。従業員の家族にも10%割引を適用するほか、週末が給料日となる...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる