「フィンランド航空」とは?

関連ニュース

サンタクロース、JALで成田に到着 トナカイ休暇中で - 12月03日(火)14:32  newsplus

フィンランドの財団が公認したサンタクロースが3日、同国から空路で成田空港に到着した。5日まで日本に滞在し、一足早くクリスマスムードを盛り上げる。 到着したサンタは手を振りながらタラップを下りると、通訳を介して報道陣に「トナカイはクリスマス前で休んでいるから飛行機で来ました」と笑顔で話し、子どもたちに向けて「クリスマスはもうすぐだから良い子にしていてね」と呼び掛けた。 来日はフィンランド航空がPRの一環で毎年企画している。同社の広報担当によると、サンタは日頃、トナカイの世話をしながら、世界中の子...
»続きを読む
カテゴリー:

成田空港にサンタクロースが到着 - 12月03日(火)13:20 

 タラップの上で手を振るのは、北欧フィンランドからやってきたサンタクロースです。3日午前、ソリの代わりに飛行機で成田空港に到着しました。  「メリークリスマス」 これは、フィンランド航空が毎年企画しているもので、今後、全国をまわって子どもたちと交流する予定だということです。(03日10:44)
カテゴリー:

サンタクロース、成田に到着 - 12月03日(火)14:12  news

sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif フィンランドの財団が公認したサンタクロースが3日、同国から空路で成田空港に到着した。 5日まで日本に滞在し、一足早くクリスマスムードを盛り上げる。 到着したサンタは手を振りながらタラップを下りると、通訳を介して報道陣に 「トナカイはクリスマス前で休んでいるから飛行機で来ました」と笑顔で話し、 子どもたちに向けて「クリスマスはもうすぐだから良い子にしていてね」と呼び掛けた。 ターミナル内では、地元の保育園児にぬいぐるみをプレゼントしたり、記念撮影に応じた...
»続きを読む
カテゴリー:

「幸せになるには?」フィンランドに暮らす7人の答え - 11月25日(月)19:30 

フィンランド大使館が主催するヘルシンキのプレスツアーに行ってきた。プログラムの大部分を占めたテーマが「幸福度」。ご存知の通り、フィンランドは国連の「世界幸福度報告」で2年連続でトップに立つ国。その道のりを政府の質と安定、行政の透明度など、さまざまな側面から解き明かすものだった。さて、問題はその内容をどう記事にするかだ。フィンランドの社会システムがいかに優秀であるかを説いたところで、日本の読者には響きづらい。日本には日本の社会システムがある。そのうえで、何かしら行動を促せるような内容にしたい。だから、訪れる先々でこんな質問をぶつけてみた。「幸せを感じるために、“日本人でも今すぐ始められるコト”を教えてください!」ヘルシンキ大学で政治哲学を専門としているアンティ・カウッピネン教授は、幸福度を考えるうえでの大切なポイントを教えてくれた。「『周囲から敬意を受けていると感じられるか』『自分の行動に情熱を持てるか』が大切な要素。それらが自信となり、幸福度の向上につながっていくのです」そんな彼にアドバイスを求めると……「ハハハ、面白い質問だね。そもそもだけど、日本人はアンハッピーなの?裕福だし寿命も長いのに!そうだなあ、まず幸福と快楽は分けて考える必要があると思うよ。そのうえで私から言えることがあるとしたら、『自転車に乗って図書館へ行こう!』か...more
カテゴリー:

「フィンランド航空」の画像

もっと見る

「フィンランド航空」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる