「フィンテック」とは?

関連ニュース

ギグワーカーやクリエイターに金融サービスとしての福利厚生を提供するCatch - 07月31日(土)13:00 

Catch共同創業者アンドリュー・アンブロジーノ氏とクリステン・アンダーソン氏(画像クレジット:Catch) Catchは、すべてのギグワーカーが、彼らが必要とする保健医療や退職手当などの福利厚生を得られるよう努力している。 現在、本社をニューヨークへ移転中の同社は、フリーランサーや契約社員など企業からの福利厚生のない人たちに直接、健康保険や退職貯蓄、源泉徴収などの福利プランを売っている。 同社は現在、シリーズAで1200万ドル(約13億2000万円)の資金を調達中で、そのリード投資家はCrosslinkで、初期からの投資家であるKhosla VenturesやNYCA Partners、Kindred VenturesおよびUrban Innovation Fundが参加した。資金は、代理店パートナー網の拡大とボストンからの移転費用に充てられる。 共同創業者のKristen Anderson(クリステン・アンダーソン)氏とAndrew Ambrosino(アンドリュー・アンブロジーノ)氏はCatchを2019年に創業し、これまでに610万ドル(約6億7000万円)を調達しているので、総調達額は1810万ドル(約19億9000万円)になる。 関連記事:健康保険や福利厚生が必要なフリーランスにはCatchがある Catchの15名のチームがそのプラットフォームを連邦市場の38の州で売...more
カテゴリー:

取引先会社のサーバーに公開鍵を勝手に設定、不正アクセスし13時間サイトを閲覧不能に - 07月30日(金)18:47 

取引先企業のウェブサイトを閲覧不能にした疑いで男が逮捕された。容疑者は2020年3月8日、運営用サーバーに不正アクセスを行い、13時間にわたって閲覧不能にしたと報じられている。このとき男は端末側に秘密鍵、サーバー側に公開鍵を勝手に設定、外部から不正アクセスを行い閲覧不能にしたとしている。公開鍵認証の不正利用による逮捕者は全国初とされる。男と被害に遭った企業の間では、業務内容をめぐってトラブルがあった模様。なお本人は容疑に対して「思い出せません」と否認しているとのこと(毎日新聞、FNNプライムオンライン)。 この件に関しては別の視点の報道も行われている。読売新聞によると会社側のサーバーが「IPv4」だったのに対して、男の端末では「IPv6」が使用されていたたため、加害者の特定が難しかったとのこと。なお、この男は6と7月にも同社のサーバーに不正アクセスしたとして逮捕されていたしている(読売新聞)。 すべて読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | 関連ストーリー: 五輪チケット購入者やボランティアの個人情報が流出。フィッシングサイト経由か 2021年07月26日 昨年 7 月の Twitter アカウント大規模侵害事件、新たな逮捕者が出る 2021年07月25日 ...more
カテゴリー:

新たな顧客体験をもたらす金融サービス仲介業とは?【後編】 - 07月30日(金)11:06 

今秋から金融庁による法改正により創設される「金融サービス仲介業」。前編ではその概要や必要性、金融業界にもたらされる影響などを紹介しました。既存の金融事業者やフィンテック市場への新規参入を狙う新興事業者にとっては、横断的な事業展開を実現する金融サービス仲介業の魅力が増してきています。一方、消費者にとってはどのような影響があるのでしょうか?
カテゴリー:

パンデミック後のアフリカのモバイルアプリ市場と急上昇するモバイルゲームアプリ利用率を読み解く - 07月29日(木)16:30 

パンデミックは世界のアプリ市場に大きな影響を与えている。モバイルアプリに対する消費者の支出は2021年第1四半期および上半期にそれぞれ320億ドル(約3兆5200億円)、649億ドル(約7兆1700億円)となり、新記録を樹立した。 関連記事:2021年上半期のモバイルアプリ支出額が過去最大の7兆円超え、ダウンロード成長は鈍化 アフリカの状況は世界のアプリ市場に関するレポートでもあまり言及されないので、正確な消費者支出を求めるのは難しい。それでも、Google(グーグル)とAppsFlyer(アップスフライヤー)が共同で発表した最新のレポートでは、2020年のパンデミック発生以降のアフリカにおけるアプリ市場の状況について、いくつかの重要な情報を読み取ることができる。 このレポートは、アフリカの3大アプリ市場(ケニア、ナイジェリア、南アフリカ)における、2020年第1四半期~2021年第1四半期のモバイルアプリのアクティビティを追跡している。 この3大市場における6000のアプリと20億のインストール数を分析したところ、2020年上半期から2021年上半期にかけて、アフリカのモバイルアプリ業界(主にAndroid)全体でインストール数が41%増加した。ナイジェリアは最も多く43%増、南アフリカ、ケニアではそれぞれ37%増、29%増となった。 ロックダウン期間の数字 アフリカでは2020...more
カテゴリー:

自らを「爆弾探知犬」と呼ぶ、暗号資産取引プラットフォーム間不正操作検出ソフトのSolidus Labs - 07月28日(水)15:45 

写真左から右へ、前方に座っているのはCTOのPraveen Kumar(プラヴィーン・クマール)氏とCEOのAsaf Meir(アサフ・メイル)氏、立っているのはCOOのChen Arad(チェン・アラド)氏。 自社の監視およびリスクモニタリングソフトウェアが暗号資産取引プラットフォーム間の不正操作を検出できるとするSolidus Labsは2021年5月下旬、シリーズAラウンドで2000万ドル(約21億9660万円)を調達したことを発表した。ちょうどその前週に、米国政府から暗号監視の取り組みを改善する意向があるという種々のシグナルが送られてきたことを考えると、タイミングはかなり良い。例えば、米国財務省はIRSに対する暗号資産コンプライアンスの強化を求めている。 もちろん、Solidusは先週突然生まれたわけではない。同社は2017年、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)の元従業員数人によって設立された。当時、ビットコインは流行り始めたばかりだったが、エンジニアたちがビットコインの多様なユースケースを予想していた一方で、コンプライアンスツールがないことが大手金融機関による導入の障害になることも認識していたため、その開発に着手した。 Solidusは現在、従業員30人、資金調達額は2375万ドル(約26億860万円)で、需要の増加に対応するために人員を倍増しようと計画...more
カテゴリー:

メッセージ機能を含むPayPalの新しい「スーパーアプリ」が立ち上げ準備完了 - 07月31日(土)10:00 

PayPal(ペイパル)が自らを「スーパーアプリ」に変身させる計画が、立ち上げに向け動き出した。 PayPalのCEOであるDan Schulman(ダン・シュルマン)氏が、今週行われた第2四半期の決算説明会で投資家に向けて語ったところによると、同社の新しい消費者向けデジタルウォレットアプリの初期バージョンの「コードは完成」しており、同社はゆっくりと立ち上げに向け準備を整えているとのことだ。今後数カ月の間に、同社は米国内でのサービスを十分に強化し、四半期ごとに新しい決済サービス、金融サービス、コマース、ショッピングツールを提供していく予定だ。 これは、PayPalを、中国のWeChat(ウィーチャット)やAlipay(アリペイ)、インドのPaytm(ペイティーエム)の米国版にしようとするプロダクトの方向性の転換だ。こうしたアプリと同じように、PayPalはモバイル決済だけでなく、多くの消費者サービスをワンストップで提供することを目指している。 PayPalは過去の四半期で上記の新機能には、高機能な口座振替、小切手現金化、予算管理ツール、請求書払い、暗号資産サポート、サブスクリプション管理、今買って後で支払う機能などが含まれる可能性があると述べていた。また、2019年に40億ドル(約4400億円)を投じて買収したHoney(ハニー)のモバイルショッピングツールにより、商取引機能を統合...more
カテゴリー:

フィンテックRobinhoodの株価が初日の取引で8%下落 - 07月30日(金)14:15 

Robinhood(ロビンフッド)は米国時間7月28日の夜に、IPO範囲の下限である1株あたり38ドルの価格で公開を行った。その価格での評価額は約320億ドル(約3兆5578円)だった。 しかし、この米国の消費者向け投資・取引アプリRobinhoodの、株式取引が開始されると、株価は急速に下落し、浮動株としての取引が始まった最初の数時間で10%以上の下落を記録した。その後の取引でRobinhood株はある程度回復したものの、Yahoo Finance(ヤフー・ファイナンス)によれば8.37%減の1株あたり34.82ドル(約3811円)でその日の取引を終えた。 同社はIPOで5500万株を売出し、総売上高は21億ドル(約2299億円)となった。もし引受銀行が利用可能なオプションを購入するなら、この数字はさらに増える可能性がある。とはいえ、同社は現在、十分な資金を有しており、自分たちの思い通りに未来を描くことができる。 では、なぜ株価が下がったのだろう?2020年、多くの大手ブランド、消費者向けハイテク企業の周辺で見られた旺盛な投資騒動を考えると、Robinhoodがその日のうちに80%以上の上昇で終わらなかったことにむしろ驚くかもしれない。なにしろDoorDash(ドアダッシュ)やAirbnb(エアービーアンドビー)は派手なデビューを果たしたのだから。 関連記事:フードデリバリーのD...more
カテゴリー:

借金に悩むユーザーに代わり債権者と交渉してくれるアプリを目指すRelief - 07月30日(金)10:15 

Jason Saltzman(ジェイソン・サルツマン)氏はシリアルアントレプレナーだ。最初にSeamlessDocs(シームレスドックス)を共同設立し、それからニューヨークでコワーキングスペースのAlley(アレイ)を設立した。AlleyがVerizon(ベライゾン)とのジョイントベンチャーになった後、何か新しいものを作りたいと考えていたサルツマン氏は、債務整理と救済の分野に惹かれた。 その結果、サルツマン氏がBryan Okeke(ブライアン・オキキ)氏やRam Barrouet(ラム・バルエ)氏と3人で共同設立したRelief(リリーフ)が誕生した。このスタートアップは米国時間7月28日、Collaborative Fund(コラボレーティブ・ファンド)、BFV、Necessary Venture(ネセサリー・ベンチャー)、The Fund(ザ・ファンド)が主導するコンバーチブルノートにより、200万ドルを調達したと発表。このラウンドには、Justin Kan(ジャスティン・カン)氏、Ben Kaplan(ベン・カプラン)氏、Elliot Tabele(エリオット・テーブル)、David Galanter(デイヴィッド・ギャランター)氏などのエンジェル投資家も参加した。 サルツマン氏の命題は、この分野の観察から生まれた。第三者の債権回収会社は多くの自動化ツールを使用しているが、...more
カテゴリー:

【コラム】世界中のエコシステムでエグジットの効果を最大化するためにVCが行うべき4つのこと - 07月29日(木)11:15 

多くのベンチャーキャピタル企業(VC)にとって、エグジット、すなわち現金化によって投資を回収して次に進むことは、その投資案件の終わりを意味する。しかし、知っての通り、スタートアップの世界は進化している。つまり、投資によってもたらされるインパクトを左右する要素は今や投資金額の大小だけではないということだ。 VC企業は、投資家として、各投資案件が人類にとって何を意味するのか、VCの使命と資本をどう連携させていくか、という点について掘り下げて考えている。長期に及ぶインパクトにつながる強力な機運を生み出すきっかけの1つは、ポートフォリオ企業のエグジット成功だ。しかし、そのエグジットの効果が最大限に生かされていない。 エグジットは、適切に活用すれば、本当の意味で影響力を持つ企業を誕生させることにつながる。すべての創業者に平等にチャンスを与えて優れたアイデアに力を与えようとする場合はなおさらだ。米国以外の国々で生まれた製品が世界を席巻し、国際的な取引が当たり前になっている今、投資業界は「アメリカファースト」のアプローチからゆっくりと離れつつある。 投資家は、非常に高いポテンシャルを持つ企業が、その所在地に左右されずに、世界中で重宝されるような製品を生み出すことを可能にする原動力になる。そのような企業の手法には、業界を刷新し、海外の創業者でも国内の創業者と同じチャンスを与えられる場所へと変える力...more
カテゴリー:

消費者が家計の「管理と計画」を行うためのサブスク式の財務プラットフォーム「Monarch」が5.3億円調達 - 07月26日(月)15:15 

Monarch(モナーク)は、消費者が家計の「管理と計画」を行うためのサブスクリプション方式のプラットフォームだ。このほど同社は480万ドル(約5億3000万円)のシード資金を調達した。 調達ラウンドをリードしたのはAccel(アクセル)で、SignalFire(シグナルファイア)も参加した。カリフォルニア州マウンテンビュー拠点のスタートアップは、2019年の創業以来の総調達額を550万ドル(約6億1000万円)とした。 共同ファウンダーでCEOのVal Agostino(バル・アゴスティノ)氏は、Mint.com(ミント・ドットコム)を作ったチームで最初のプロダクトマネージャーだった。当時同氏は、米国の家計をよく理解している人たちが「単なる予管理以上のソフトウェアソリューションを必要としている」ことを直に体験したことを話した。 「消費者は、将来の家計を計画し、さまざまな金融商品の損得を理解するためのツールを必要としていました」と彼は語った。 Monarchの目標は、人々のそんなニーズに対応するためのソフトウェアを提供して、家計の目標を設定し、それを実行するための詳しい将来計画を立てる手助けをすることだ。 「その後も顧客が自分の計画の進捗を追跡するのを助け、将来必ず起きる財務状態の変化に合わせて自動的に調節します」とアゴスティーノ氏は述べた。 Monarchは2021年にウェブとi...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる