「フィナンシャルグループ」とは?

関連ニュース

銀行内にスペイン料理店!? 山口FG、窓口に「にぎわいの場」創出 ランチついでに“お堅い”払拭 - 09月12日(木)15:30 

山口フィナンシャルグループ(FG)はこのほど、傘下の山口銀行油谷支店(山口県長門市)を改装し、店舗内にスペイン料理を楽しめるバルを併設した。金融業界関係者による…
カテゴリー:

みずほシステム統合の謎、移行時に活躍した「天眼システム」の正体 | 日経 xTECH(クロステック) - 09月10日(火)07:49 

みずほシステム統合の謎、移行時に活躍した「天眼システム」の正体 | 日経 xTECH(クロステック)システムの品質をいくら高めても移行でミスが出れば、それまでの苦労は水の泡だ。トラブルなく新システム「MINORI」の全面稼働にたどり着けた裏には移行作業の進捗を管理・共有できる仕組みを整えていたことがある。事前の入念な訓練も奏功した。 「安全・着実な移行が大命題だった」。みずほフィナンシャルグループ(FG...
カテゴリー:

Tポイントやdポイントで株式投資やETFが購入できる!注目のポイント投資サービス - 09月07日(土)15:07 

私たちの日常生活に深く浸透しているポイントサービス。そのポイントを使って投資ができる「ポイント投資」が今人気を呼んでいます。これまで使い道のなかったポイントを資産運用に回すことで、気軽に投資が始められるという内容です。 今回は、ポイント投資の詳しい内容とそのメリット、おすすめのポイント投資サービスなどをご紹介します。手元にあるポイントを利用して気軽に投資体験をしたい方は参考にしてみてください。 目次 ポイント投資とは 1-1.ポイント投資を始めるメリット 1-2.ポイント投資にかかる税金 主なポイント投資サービス 2-1.dポイント投資 2-2.Tポイント投資 2-3.楽天ポイント投資 2-4.セゾン永久不滅ポイント投資 運用すればポイントが貰えるサービス 3-1.THEO+docomo 3-2.ウェルスナビ東急カードポイント 3-3.松井証券ポイントプログラム まとめ 1 ポイント投資とは ポイント投資は、現金ではなく楽天ポイントやドコモのdポイントなどのポイントを使って投資ができるサービスです。従来のポイントサービスには、共通ポイントやクレジットカードのポイント、会員になると貰えるポイントなどさまざまあり、その使い道は、貯まったポイントで買物をするか景品と交換するのが主流でした。 しかし最近では、ポイントを使って株式投資や投資信託などの運用ができるサービスが始まっています。...more
カテゴリー:

みずほ銀行、「J-Coin Pay」加盟店管理に関わるテスト用システムへ不正アクセス【フィスコ・ビットコインニュース】 - 09月06日(金)10:56 

みずほフィナンシャルグループは4日、みずほ銀行がサービス提供を行う「J-Coin Pay」(以下、Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムにおいて、第三者による不正アクセスが判明したと発表した。 不正アクセスを受けたのは、加盟店である法人(7930件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10539件)の名称、連絡先等の情報、ならびにJコインに参画している一部金融機関名(32件)。なお、現時点では、対象加盟店に不審なメールや電話等があったことは確認されていないとしている。 同社はテスト用システムで使用していた加盟店関連データに不正なアクセスがあったことを、8月27日に認識し、調査を開始したという。その後、現時点までの調査において、手順の誤りにより一時的にテスト用システムにインターネットを通じた外部からのアクセスが可能な状況となっていたことが判明したと報告している。 テスト用システムについては、既に外部からのアクセス遮断等の措置を行っており、不正アクセスのあったデータについては、漏えいの可能性が排除できないことから、対象加盟店に対して個別に同件に関する連絡と注意を促す案内を行っているとしている。 警察当局、監督当局に対しても、同件の発生について報告しており、今後の調査も踏まえ、再発防止に取り組んでいくと述べている。
カテゴリー:

みずほ銀行、「J-Coin Pay」加盟店管理に関わるテスト用システムへ不正アクセス【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 09月05日(木)16:06 

みずほフィナンシャルグループ<8411>は4日、みずほ銀行がサービス提供を行う「J-Coin Pay」(以下、Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムにおいて、第三者による不正アクセスが判明したと発表した。不正アクセスを受けたのは、加盟店である法人(7930件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10539件)の名称、連絡先等の情報、ならびにJコインに参画している一部金融機関名(32
カテゴリー:

山口FG銀行支店にスペイン料理バル 窓口に併設 - 09月10日(火)11:30 

 山口フィナンシャルグループ(FG)は傘下の山口銀行油谷支店(山口県長門市)を改装し、店舗内にスペイン料理を楽しめるバルを併設した。金融業界関係者によると、銀行の支店内に窓口とアルコールを出す飲食店を併設するのは極めて珍しいという。
カテゴリー:

みずほシステム統合、日本中のITベンダーの少なくとも約1割に当たる「約1000社」が参加 - 09月09日(月)15:53 

みずほ銀行のシステム統合に関わったITベンダーは約1000社にも上るそうだ。情報通信業を行う日本の企業数は2015年度調査で9806社とのことで、日本のITベンダーの1割が関わったことになるという(日経xTECH)。 内訳は一次委託先が70〜80社、2次、3次委託先が900社強。また、「トップマネジメント定例」には富士通や日立製作所、日本IBM、NTTデータなど16社が参加、この16社が全体開発工数の75%を占めたという。 すべて読む | ITセクション | ビジネス | ニュース | IT | 関連ストーリー: みずほ銀行・みずほ信託銀行、新勘定系システム全面稼働開始 2019年07月16日 複数の銀行でネットバンキング障害、GW明けでアクセスが集中か 2019年05月09日 みずほフィナンシャルグループ、来年にも独自の電子マネーを発行との報道 2018年12月28日 銀行間振り込みの24時間365日運用が始まる 2018年10月11日 みずほFGのシステム移行、初回作業では大きなトラブルはなし 2018年06月11日
カテゴリー:

【IT】みずほシステム統合の謎、参加ベンダー「約1000社」の衝撃 - 09月06日(金)15:25  bizplus

新システム「MINORI」の開発に参加したITベンダーの数は、前代未聞の規模に膨れ上がった。取りまとめ役であるみずほ情報総研(IR)の1次委託先だけで70~80社。2次委託先、3次委託先を合わせると約1000社に上る。総務省の調査によると情報通信業を手掛ける企業数は5474社で、子会社や関連会社を含めても9806社(2015年度)。実に日本中のITベンダーの少なくとも約1割が集結した。  とりわけ重要な役割を担ったのが富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータの主要4ベンダーだ。MINORIを構成する業務アプリケーションの大半を開発した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

みずほシステム統合の謎、メインフレームは無くせたのか | 日経 xTECH(クロステック) - 09月06日(金)07:38 

みずほシステム統合の謎、メインフレームは無くせたのか | 日経 xTECH(クロステック)みずほフィナンシャルグループ(FG)は新システム「MINORI」の構築に当たって「基本的にオープン技術を採用した」(みずほ銀行の間仁田幹央IT・システム統括第一部次長)。多くの業務アプリケーションがLinux/UNIXサーバーで稼働している。ただし大規模な処理能力と高い信頼性が求められる領域だけはメインフレームを採...
カテゴリー:

Jコインペイに不正アクセス - 09月05日(木)05:00 

みずほフィナンシャルグループ(FG)は4日、QRコードを使って代金の支払いや送金ができる「Jコインペイ」のテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。加盟…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「フィナンシャルグループ」の画像

もっと見る

「フィナンシャルグループ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる