「ファーストクラス」とは?

関連ニュース

【解剖・JALのエアバスA350型機】伝統の「赤」取り入れた新シート、クラスJ編 - 06月20日(木)15:43 

日本航空(JAL)は、9月から国内線で運航を開始する最新鋭機エアバスA350型機の機内を公開した。 クラスJは、コーポレートカラーの赤を大胆に取り入れながらも落ち着きとフレッシュさを感じられるインテリア。座席は「2-4-2」配列で94席を設けている。シートはドイツ・リカロが新たに開発した。従来のSKY NEXT仕様では全面に本革が使用されていたが、新仕様では背面部分がファブリック素材となっている。シートピッチは普通席より約18センチ広い38インチ(約97センチ)。各座席には11.6インチの個人モニターのほか、USBポート、AC電源を装備した。レッグレストは細かな調整が可能な新機構になっている。 ■関連記事 【解剖・JALのエアバスA350型機】個室のような上質空間、ファーストクラス編 JAL、最新鋭機A350の客室仕様発表 全クラスに新デザインシート 投稿 【解剖・JALのエアバスA350型機】伝統の「赤」取り入れた新シート、クラスJ編 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

JAL、最新鋭機A350の客室仕様発表 全クラスに新デザインシート - 06月20日(木)11:58 

日本航空(JAL)は、9月の就航を予定しているエアバスA350型機の客室仕様を公開した。 標準の座席配置は、ファーストクラスが「2-2-2」配列で12席、クラスJが「2-4-2」配列で94席、普通席が「3−3−3」配列で263席の計369席。繁忙期などの需要増に対応するため、短期間で座席数を変更できる仕様となっている。全席にタッチパネル式の個人モニター、PC用電源、USBポートを備え、機内Wi-Fiサービスも提供する。 ファーストクラスは「新たなる最上級」をテーマに、黒を基調とした配色とした。前方にしつらえた壁面の造形で、12席のみの特別な空間を演出する。シートピッチは53インチ(約153センチ)、座席幅は約51センチ。ジャムコとの共同開発で、柔らかなクッションがもたらすソファのような座り心地を実現した。座席操作は同社の国内線では初の電動式となったほか、振動式のマッサージ機能を装備。国内最大級の15.6インチモニターが各席に設けられている。 クラスJおよび普通席では、コーポレートカラーの赤を取り入れつつ、落ち着きとフレッシュさを感じられるインテリアとした。クラスJのシートピッチは38インチ(約97センチ)、座席幅は約48センチ。独・レカロ製の新開発シートで、位置・角度調整機能が拡大した新機構のレッグレストが備わる。個人用モニターは11.6インチ。 普通席のシートピッチは3...more
カテゴリー:

おれ「ファーストクラスって一度乗ってみたいなあ。5万くらいかな?」→ - 06月17日(月)22:26  news4vip

ファーーーーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ...
»続きを読む
カテゴリー:

39歳「誕生日にファーストクラスに乗ったのに祝ってもらえなかった…期待した俺が馬鹿でしたね…」 - 06月15日(土)00:50  livejupiter

口コミのタイトルは「ANAさんに期待した俺がバカだったよ。ファーストクラスで最悪のバースデイフライト」。 投稿によれば、男性は39歳の誕生日を迎えた1月14日、羽田空港から米ロサンゼルスへ向かうANAの国際線にファーストクラスで搭乗した。 誕生日のフライトを記念すべきものにするため、元々「大好きだった」というANAを選んだという。 投稿では「ANAの国際線ファーストクラスで誕生日とか最高!って予約を入れた時からワクワクしてました」とも書いていた。 しかし、誕生日フライトに胸を躍らせていた男性を落胆させる出来事...
»続きを読む
カテゴリー:

エミレーツ航空、ドバイ〜マスカット線にエアバスA380型機を7月投入 A380の世界最短路線 - 06月13日(木)14:58 

エミレーツ航空は、ドバイ〜マスカット線にエアバスA380型機の投入を7月1日より開始する。 投入するのは、1日3便のうち2便。ファーストクラス14席、ビジネスクラス76席、エコノミークラス429席の計519席を配置した機材を投入する。飛行距離は340キロで、エアバスA380型機で運航する、世界最短路線となる。 エミレーツ航空は、1993年よりオマーンへの運航を開始しており、現在は、ドバイ〜マスカット線を1日3便、ボーイング777-300ER型機で運航している。マスカットとニューヨーク、ロンドン、ムンバイ、香港、ロサンゼルス、パリなど各地へ、エアバスA380型機のみでのシームレスな移動を提供できるとしている。 ■ダイヤ EK862 ドバイ(08:25)〜マスカット(09:40) EK863 マスカット(11:15)〜ドバイ(12:25) EK864 ドバイ(16:10)〜マスカット(17:25) EK865 マスカット(19:05)〜ドバイ(20:15) ⇒詳細はこちら 投稿 エミレーツ航空、ドバイ〜マスカット線にエアバスA380型機を7月投入 A380の世界最短路線 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

【解剖・JALのエアバスA350型機】個室のような上質空間、ファーストクラス編 - 06月20日(木)15:05 

日本航空(JAL)は、9月から国内線で運航を開始する最新鋭機エアバスA350型機の機内を公開した。 機内インテリアは英国・tangerineが監修。L1ドアから機内に入ると、鶴丸ロゴが乗客を迎える。ファーストクラスは「新たなる最上級」をとした黒が基調のデザインとなり、「2-2-2」配列の12席を設置。前方にしつらえた特徴的な壁面の造形で、12席のみの特別な空間が演出されている。 各座席は大型シェルとセンターディバイダー(仕切り)で、個室のようなプライベート空間を創出した。シートはジャムコとの共同開発で、ソファのような座り心地を実現。同社国内線では初めてとなる電動リクライニングシートが採用された。さらに、振動式の電動マッサージ機能も備えられている。 シートピッチは53インチ(約153センチ)確保し、座席幅は約51センチ。各座席には国内最大級の15.6インチモニターのほか、USBポート、AC電源を設置している。 ■関連記事 JAL、最新鋭機A350の客室仕様発表 全クラスに新デザインシート 投稿 【解剖・JALのエアバスA350型機】個室のような上質空間、ファーストクラス編 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

JAL、羽田空港 国際線「サクララウンジ スカイビュー」を約4か月間閉鎖。7月1日からリニューアル工事 - 06月18日(火)15:54 

 JAL(日本航空)は、7月1日から2020年3月末にかけて羽田空港国際線ファーストクラスラウンジ、サクララウンジのリニューアル工事を行なうことともに、その第1期工事として7月1日から10月末の間、サクララウンジ スカイビューを閉鎖することをアナウンスした。
カテゴリー:

「ファーストキャビン京都二条城」、8月8日開業 レンタサイクルも提供 - 06月17日(月)12:19 

ファーストキャビンは、「ファーストキャビン京都二条城」を8月8日に開業する。 「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに、飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルホテルであり、館内には宿泊者専用ラウンジのほか、半露天風呂や、外部からの利用も可能なカフェも併設。キャビンはファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラス・プレミアムクラスの4タイプあり、計144室設けられている。2時間からのショートステイも可能。 アクセスは、京都市営地下鉄東西線二条城前駅から徒歩8分。レンタサイクルサービスも予定しており、四条河原町や鴨川などへの自転車観光も可能。 ⇒詳細はこちら 投稿 「ファーストキャビン京都二条城」、8月8日開業 レンタサイクルも提供 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

JALのエアバスA350型機、羽田に到着 9月1日就航へ - 06月14日(金)09:36 

日本航空(JAL)のエアバスA350型機初号機(機体記号:JA01XJ)がきょう14日、羽田空港に到着した。 JALは2013年10月に、エアバスA350-900型機18機、同A350-1000型機13機の計31機を確定発注している。この他、オプションとして25機を発注。6年程度かけて、現行のボーイング777型機を置き換える。日本の航空会社としては初めてのエアバスA350型機で、JALにとっては初のエアバス機導入(統合前の日本エアシステムが受領したエアバスA300型機を除く)となる。 機内仕様は、ファーストクラス12席、クラスJ94席、普通席263席の369席。全席にパーソナルモニターやPC用電源、USBポートを装備している。3号機までは特別塗装機で、初号機はJALのシンボルカラーでもあり「挑戦」を示す赤色がテーマとなっている。 現地時間13日午後零時35分に仏・トゥールーズを出発した初号機は、日本時間14日午前7時46分に羽田空港B滑走路に着陸。同56分に211番スポットに入り、M2格納庫に移動した。 投稿 JALのエアバスA350型機、羽田に到着 9月1日就航へ は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

全日空商事 オリジナル商品がけん引、大型機運行でハワイ関連強化 - 06月13日(木)14:00 

 全日空商事では、前期よりANAオリジナル商品の販売が堅調に推移している。加えて、今期は日本・ハワイ間での大型旅客機の就航に伴ってハワイ関連商品の販売を強化しており、順調な立ち上がりを見せている。  前期にオリジナル商品をけん引したのは、航空機部品の再生メモリアルグッズとして展開する「Reproduced goods」シリーズ。特にファーストクラスシートのストック生地を使用した商品が好調で、座椅子については企画の面白さからSNSで拡散が進み、発売から10日間で完売した。  同じく同素材を活用したバッグ類は初回販売の5商品が初期発注分を完売し、一部商品については現在、追加生産をかけているという。公式フェイスブックやANAからのメルマガなども活用して露出を高めたことも奏功した。  また、今期は5月24日から成田・ホノルル間で大型旅客機エアバス A380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」が運行を開始。航空機ファンをはじめ、搭乗客の拡大に伴って旅前後での関連商品の需要拡大が見込まれることから、新商品のリリースを加速している。4月にはハワイ在住のアーティストとコラボレーションした旅小物ブランドや、同機内で働く設定のCAスタイル「リカちゃん」人形(画像)を相次いで発売した。立ち上がりの販売状況としては計画通りに推移しているという。  今後も2機目、3着目が順次投入される...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ファーストクラス」の画像

もっと見る

「ファーストクラス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる