「ファーウェイ」とは?

関連ニュース

【レビュー】HUAWEI WATCH FIT 3のバッテリーは本当に10日持つ? - 07月20日(土)12:00 

電池持ちに定評があるファーウェイのスマートウォッチ。しかし、スマートウォッチの使い方は人によって差があります。そこで、Watchの設定や使い方を変えて、電池持ちを比較してみました。
カテゴリー:

ドイツ、ファーウェイとZTEの5G機器使用禁止 2国間の関係が更に冷え込む懸念 - 07月13日(土)15:54  news

独、国内の5G通信網から中国2社の製品排除へ 安保対策 https://www.cnn.co.jp/tech/35221456.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

ドイツ、華為とZTEの製品を5G通信網から排除へ、安全保障を強化 - 07月12日(金)05:00 

 ドイツ内務省は11日、2029年末までに、国内の高速通信規格「5G」の通信網の主要機器から、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を段階的に排除することで、通信事業各…
カテゴリー:

中国、Androidの販売数が急減、9999元(約21万4000円)のファーウェイがバカ売れで日本のiPhone状態に - 07月08日(月)10:07  news

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/a5b574a8fdcd22cf037d4215003e01febc5d333c ファーウェイの積極的なマーケティング攻勢はアップルへの脅威になるといわれている。米調査会社のIDCのデータによると、24年1~3月期の中国における「iPhone」の出荷台数は、前年同期比6.6%減の1080万台へと落ち込んだ。一方、ファーウェイは2.1倍の1170万台となり、中国第2位のスマホメーカーに浮上した。 ファーウェイの復活によって打撃を受けたのはアップルだけではないようだ。シンガポールに本部を置く調査会社カナリスのアナリスト...
»続きを読む
カテゴリー:

ファーウェイの縦折りスマホ「Pocket 2」はミドルクラスながらカメラの仕上がりはかなりイイ! - 07月06日(土)12:00 

好調なファーウェイをけん引するのが2024年2月に発売された縦折り式、フリップスタイルの「Pocket 2」だ。
カテゴリー:

日本の文化やITの発信地アキバにファーウェイ製品が美しく並ぶショップが登場! 詳しく見てきた - 07月18日(木)11:00 

スマートウォッチの国内シェアで2位につけるファーウェイ。その好調さを反映する形か、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba内に「ファーウェイ・ショップ」をリニューアルオープン。国内外の来店者が行き交う好立地に移動した。
カテゴリー:

独、国内の5G通信網から中国2社の製品排除へ 安保対策 - 07月13日(土)15:30 

ドイツ内務省は13日までに、国内の高速通信規格「5G」の通信網の機器から中国の「華為技術(ファーウェイ)」、「中興通訊(ZTE)」両社の製品を今後5年で排除するとの方針を明らかにした。 ドイツを含む欧州諸国と中国との貿易関係は中国の国家補助金の問題などが原因で既にきしんでおり、ドイツの今回の措置がさらなる悪化を招く可能性もある。 ドイツ国内のボーダフォン、ドイツテレコムやテレフォニカなどの主要...
カテゴリー:

【ワロタ】米国防総省、ファーウェイ製品への規制の緩和を求める。米軍の世界での任務遂行に不可欠のため - 07月11日(木)16:41  poverty

米国防総省、ファーウェイ製品への規制の緩和を求める。米軍の世界での任務遂行に不可欠のため https://smhn.info/202407-pentagon-huawei VIPQ2_EXTDAT: checked:default:1000:512:donguri=1/4: EXT was configured ...
»続きを読む
カテゴリー:

ヨドバシAkibaにファーウェイのストア! スマートウォッチやオーディオ機器をじっくり試して購入可能 - 07月06日(土)19:00 

ファーウェイ・ジャパンはヨドバシカメラ マルチメディアAkiba内にあるショップインショップ「ファーウェイ・ショップ」をリニューアルオープン。同社が注力するスマートウォッチやオーディオ機器を実際に試してから購入できる。
カテゴリー:

メルセデス・マイバッハより2千万円も安い上に快適。中国ファーウェイ自動車事業トップが“自画自賛”するEVの乗り心地 - 07月05日(金)16:40 

2020年にEV事業を始動させ、翌年の上海モーターショーでスマートEVを発表して以来次々とヒットを飛ばすファーウェイ。そんな中国のIT大手が高級EVの売り出しに「本気」の姿勢を見せ始めたようです。日刊で中国の自動車業界情報を配信するメルマガ『CHINA CASE』は今回、ドイツの超高級車マイバッハの販売価格を2,000万円も下回るという中大型セダンを取り上げた記事を紹介。高級車が売れない中国にあって、ファーウェイ自動車事業部門のトップが自社製品を「自画自賛」する動画の内容を伝えています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:ファーウェイ「マイバッハより2,000万円安く快適」セダンBEV ファーウェイ「マイバッハより2,000万円安く快適」セダンBEV ファーウェイ「鴻蒙智行(HIMA)」、「界」シリーズ第三弾、北汽集団との享界(STELATO)の初弾となる中大型セダンBEV「S9」の予約受付価格が45万元(約900万円)からに決まった。 中国勢で、この価格帯でセダンBEVを出しているのは蔚来(NIO)のeT7程度であり、主流は30万元(約600万円)。 だからシャオミーカー初弾「SU7」も20~30万元の価格帯に収まったのだが、この強気の価格設定の裏にあるものとは? 北京ショーで発表 「S9」は2024年4月開催の北京モーターショーで発表されたが、その際...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる