「ファッション業界」とは?

関連ニュース

エコスタッフ・ジャパン、廃棄物収集コースをAIで最適化。コロナによる事業見直しと都市の低炭素化に貢献目指す - 06月06日(土)16:42 

廃棄物処理やリサイクルに関するコンサルティングを手掛けるエコスタッフ・ジャパン株式会社は6月1日、AI(人工知能)を用いて廃棄物の最適な収集コースを算出する廃棄物処理業者向けサービスを事業化した。廃棄物収集運搬業界では新型コロナウイルス感染症の影響で顧客数と廃棄物量が減少、廃棄物収集コースの見直しや合理化が急務となっている。同社の新サービス「AI配車シミュレーションサービス」はAIを用いた収集コースの最適化により、配車担当者が時間をかけて行っていた収集車両ごとのコース設定やコースの見直し作業を補助することで、作業負荷や車両台数、トータルコストを削減する。 同サービスで使用するAI配車システムは、エコスタッフ・ジャパンの認定企業である白井グループ株式会社が2014年にイー・トラック株式会社と共同開発したもので、収集コストを定常的に10~15%削減してきた実績がある。排出事業場所の住所、収集する廃棄物の種類、収集する曜日・時間などの基礎情報を入力すると、AIが最適な収集コースと収集車両台数を算定する。これにより、配車係の作業負荷の軽減(勘と経験の排除)、収集車両の効率化・台数削減 (低炭素化)、トータルコストの削減 (利益の創出)といったメリットを提供する。 サービスの提供対象は、産業廃棄物収集運搬企業、一般廃棄物収集運搬企業、資源物回収企業、廃棄物・資源物回収の協業組合、自治体など。...more
カテゴリー:

【ニュース】ジムの八木原社長が旭日双光章 ファ.. - 06月05日(金)22:30 

【ニュース】ジムの八木原社長が旭日双光章 ファッション業界に長年の貢献
カテゴリー:

【インタビュー】ファッション業界のスローダウン.. - 06月05日(金)17:55 

【インタビュー】ファッション業界のスローダウン、人種差別問題の今後は?元「ランドロード」川西遼平が語る 【下】
カテゴリー:

【インタビュー】ファッション業界のスローダウン.. - 06月04日(木)18:02 

【インタビュー】ファッション業界のスローダウン、人種差別問題の今後は?元「ランドロード」川西遼平が語る 【下】
カテゴリー:

世界最大級のデザイン賞A’DESIGN AWARDのソーシャルデザインアワード受賞 : ファッション業界の労働環境と着物の文化を守るエシカルブランドKUDEN - 06月04日(木)10:00 

世界最大規模のデザインコンペA’Design Awardのソーシャルデザイン部門にてデザイナー佐藤貴浩によるKUDEN projectがIRONを受賞しました。ブランディングと伝統的な着物を海外や現代において広く着られるよう新しくデザインしたSamurai Mode Seriesが評価されました。KUDENのソーシャルデザインの特徴は3つ。 生産に関わる人々の生活や自然環境に配慮してモノやサービスを買う”エシカル”。お客様自身が判断出来るよう情報を開示する”透明性”。着物を1デザインとして捉え着付けのいらない現代の着物としてリデザインし、世界中に着物の需要を高め文化を守る”Next Kimono Platform”。 リオ五輪閉会式出演の車椅子ダンサーかんばらけんた氏出演PVの先行配信メディアを募集。「誰かを犠牲にしたファッションは格好悪い」というソーシャルデザインへの思いをこめました。
カテゴリー:

【インタビュー】ジョルジオ・アルマーニが語る、.. - 06月05日(金)23:50 

【インタビュー】ジョルジオ・アルマーニが語る、新型コロナ後のファッション業界 「メインのコレクションにプレも含めて発表すれば十分だ」
カテゴリー:

【ニュース】ジムの八木原社長が旭日双光章 ファ.. - 06月05日(金)18:01 

【ニュース】ジムの八木原社長が旭日双光章 ファッション業界に長年の貢献
カテゴリー:

【インタビュー】ファッション業界のスローダウン.. - 06月04日(木)22:30 

【インタビュー】ファッション業界のスローダウン、人種差別問題の今後は?元「ランドロード」川西遼平が語る 【下】
カテゴリー:

コロナショックを別にしても、ファッション業界に.. - 06月04日(木)12:50 

コロナショックを別にしても、ファッション業界には「毎シーズン、飛行機で二酸化炭素をまき散らし、大勢のバイヤーがパリやミラノに集まるような業界の仕組みは時代遅れだ」といった批判も出ていた。「ジョア」さえあれば、もうパリやミラノに毎シーズン集まる必要はなくなる
カテゴリー:

世界最大級のデザイン賞A’DESIGN AWARDのソーシャルデザインアワード受賞 : ファッション業界の労働環境と着物の文化を守るエシカルブランドKUDEN - 06月04日(木)10:00 

世界最大規模のデザインコンペA’Design Awardのソーシャルデザイン部門にてデザイナー佐藤貴浩によるKUDEN projectがIRONを受賞しました。ブランディングと伝統的な着物を海外や現代において広く着られるよう新しくデザインしたSamurai Mode Seriesが評価されました。KUDENのソーシャルデザインの特徴は3つ。 生産に関わる人々の生活や自然環境に配慮してモノやサービスを買う”エシカル”。お客様自身が判断出来るよう情報を開示する”透明性”。着物を1デザインとして捉え着付けのいらない現代の着物としてリデザインし、世界中に着物の需要を高め文化を守る”Next Kimono Platform”。 リオ五輪閉会式出演の車椅子ダンサーかんばらけんた氏出演PVの先行配信メディアを募集。「誰かを犠牲にしたファッションは格好悪い」というソーシャルデザインへの思いをこめました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ファッション業界」の画像

もっと見る

「ファッション業界」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる