「ピアニスト」とは?

関連ニュース

米ジャズ・ピアニストのエリス・マルサリスJr.が新型コロナ肺炎で死去 ジョン・レジェンド/Appleティム・クックらが追悼 - 04月03日(金)12:50 

 2020年4月1日、米ジャズ・ピアニストのエリス・マルサリスJr.が新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。享年85…
カテゴリー:

【訃報】ジャズピアニストのE・マルサリス氏が死去 新型コロナ感染 85歳 息子4人をジャズ奏者に - 04月02日(木)21:05  newsplus

米メディアによると、ジャズピアニストのエリス・マルサリス氏(85)が1日、新型コロナウイルス感染に伴う合併症のため、南部ルイジアナ州ニューオーリンズの病院で死去した。  トランペット奏者のウィントン氏ら息子4人をジャズ奏者に育て上げた。AP通信によると、最近病院に搬送されて以降、サックス奏者のブランフォード氏やドラム奏者のジェイソン氏ら家族が付き添っていた。  長年にわたってニューオーリンズを中心に活動したほか、各地の大学でジャズを教えた。(共同) 毎日新聞2020年4月2日 15時37分(最終更新 4月2日...
»続きを読む
カテゴリー:

河村尚子さんにサントリー音楽賞 映画「蜜蜂と遠雷」で演奏も - 04月02日(木)17:36 

 日本音楽界の発展に顕著な功績を上げた個人・団体に贈られる第51回サントリー音楽賞は、ピアニストの河村尚子(ひさこ)さんに決まった。主催のサントリー芸術財団が2日、発表した。
カテゴリー:

吉村崇とジャニーズWEST桐山照史が初タッグ!ロバート秋山ら人気芸人が「笑える新曲」を披露 - 04月02日(木)11:02 

吉村崇(平成ノブシコブシ)と桐山照史(ジャニーズWEST)がMCとしてタッグを組む、『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系)が、4月3日(金)24時20分から放送される。同番組は、芸人がアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露するゴングSHOW。第7世代芸人を筆頭に、旬の人気芸人たちが様々な「笑える新曲」をターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々に披露。歌の半分の時点で、5人のゲスト審査員が「もっと聞いていたいか」を判定し、5人中3人以上がもっと聞きたいと判定すれば、そのまま完奏することが出来る。しかし3人に届かなかった場合は、せっかく作ってきた曲もそこで強制終了。全員が完奏を目指してチャレンジする。このゴングSHOWに挑むのは、「クリエイターズ・ファイル」で様々なキャラクターを演じる秋山竜次(ロバート)をはじめ、多くの歌ネタをもつ阿佐ヶ谷姉妹(木村美穂、渡辺江里子)、歌唱力に定評のあるトレンディエンジェル(たかし、斎藤司)をはじめ、アイデンティティ(田島直弥、見浦彰彦)、アイロンヘッド(ナポリ、辻井亮平)、アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太) 、お見送り芸人しんいち、怪奇!YesどんぐりRPG(サツマカワRPG、Yes!アキト、どんぐりたけし)、COWCOW(多田健二、善し)、トニーフランク、トム・ブラウン(布川ひろき、みちお)、...more
カテゴリー:

マルサリス家の家長、新型コロナの合併症で死去 85歳 - 04月02日(木)23:55 

 ジャズが盛んな米ニューオーリンズ市の音楽一家、マルサリス家の家長で「ニューオーリンズの父」とも呼ばれたピアニスト、エリス・マルサリスさんが1日、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなった。85歳だっ…
カテゴリー:

サントリー音楽賞に河村尚子さん - 04月02日(木)18:07 

 サントリー芸術財団は2日、第51回サントリー音楽賞にピアニストの河村尚子(ひさこ)さんが選ばれたと発表した。賞金は700万円。昨年はベートーベンのピアノソナタ演奏会シリーズを完結させ、「表情豊かで血の通った音楽を奏でる」点などが評価された。
カテゴリー:

ジャズピアニストのE・マルサリス氏が死去 新型コロナ感染 85歳 息子4人をジャズ奏者に - 04月02日(木)15:43 

 米メディアによると、ジャズピアニストのエリス・マルサリス氏(85)が1日、新型コロナウイルス感染に伴う合併症のため、南部ルイジアナ州ニューオーリンズの病院で死去した。
カテゴリー:

【子猫】 車に轢かれ、両足を骨折した子猫。保護したピアニストが、わずかな回復の可能性にかけてサポートし続けた結果… - 03月26日(木)13:55 

ある日、著名なピアニストにして動物保護活動も行っているというサルパー・ドゥーマンさんは… 後ろ足を引きずりながら、助けを求めて鳴いている子猫・ピティと出会いました。 彼女は、車に轢かれたんです。 後ろ足が両方ともひどく骨折してしまって、さらに右の前足も折れていました。 一縷の望み まずは5日間、懸命に看病を行い… 十分な体力と健康を取り戻した所で、折れた骨をピンで固定する手術にのぞみます。 結果は無事成功。 術後のお見舞いに訪れたサルパーさんを見るなり、ピティは必死に手足を動かしながら、甘えようと近寄ってきたそうです。 ただ、手術こそ乗り切れたものの、彼女の骨折はかなり重く… 獣医からは、「もしかしたら2度と歩けないままかもしれない」との診断が。 それでもサルパーさんは、彼女の足が完治する可能性を諦めませんでした。 外科医の先生も、それから私も… どれだけ時間がかかっても、彼女は歩けるようになるはずだと信じていたんです。 その期待に応えるように、ピティの足は数日後に感覚を取り戻し… なんと手術の翌週には、自力で立てるほどに回復します。 彼女の進歩は素晴らしいものでした。 外科医の先生は、彼女はどこかの家に引き取られるべきだと判断しました。 その方が自由に動き回ることが出来るし、病院に居続ける...more
カテゴリー:

ソリストとして順調に歩んでいた29歳の田部京子を.. - 03月24日(火)17:40 

ソリストとして順調に歩んでいた29歳の田部京子を、突然の試練が襲う。シューマン「交響的練習曲」のCD録音に向かう途中、迎車の衝突事故で頸部(けいぶ)を負傷したのだ―― 「私の記念碑 ピアニスト田部京子」第3回です。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ピアニスト」の画像

もっと見る

「ピアニスト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる