「ビッグデータ」とは?

関連ニュース

お前ら数学どこでつまずいた? - 05月19日(日)19:24  news

数学「感覚や感情養うのが大事」フィールズ賞の森氏講演 高校生に科学への関心を高めてもらおうと、数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞を1990年に受賞した森重 文・京都大高等研究院長(68)が19日、新潟市で講演した。約400人の参加者を前に、数学について「論理だけで は解けない場面がある。先へ進むには日ごろからさまざまなものを見聞きして、人間としての感覚や感情を養うこ とが大事だ」と語り掛けた。 森氏は、人工知能(AI)やビッグデータなど多くの研究分野の背景に数学があると説明。「数学を知らないで生きて...
»続きを読む
カテゴリー:

「関係人口」増で地方創生 まち・ひと・しごと創生基本方針2019骨子案判明 - 05月18日(土)11:13 

 政府が東京一極集中の是正に向け、令和2~6年度の5カ年で実施する「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本方針の骨子案が17日、分かった。定住や観光と違う形で特定の地域と関わる「関係人口」の創出や、ビッグデータなど最先端技術を生活基盤に導入する「ソサエティー5・0」の実現によって、人口減少が進む地方の担い手確保を目指す。
カテゴリー:

「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下 2019/05/17 - 05月17日(金)18:06  mnewsplus

2019年05月17日 09時00分 公開 「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下 令和の子どもたち。 [ねとらぼ]  小学生男子に圧倒的な支持を得続けている小学館の「コロコロコミック」。そのコロコロが、これまで門外不出だった年に1度実施される大型アンケートの結果“コロコロ版ビッグデータ”をWebで公開中です。令和の子たちの関心事とは……? 発売中の「月刊コロコロコミック」最新6月号  アンケートの質問項目は「好きなスポーツ選手&芸能人」「好きな...
»続きを読む
カテゴリー:

DeNA SOMPO Mobilityのカーシェアリングサービス「Anyca」、「0円マイカー」オーナーを募集 - 05月17日(金)18:00 

“物を複数人でシェアする”シェアリングエコノミーが、このところ日本社会にも浸透してきている。その代表格ともいえるのがカーシェアリング。法人ではなく個人での利用も拡大しているようだ。 ・DeNA×SOMPOの合弁会社が「0円マイカー」オーナー募集 そんなカーシェアリング業界に、「0円マイカー」というサービスが登場した。株式会社ディー・エヌ・エーとSOMPOホールディングス株式会社の合弁会社である、株式会社DeNA SOMPO Mobility(以下DeNA SOMPO Mobility)が運営する、“個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」”では、「0円マイカー」のオーナーの募集を開始している。 「Anyca」には、国内外の乗用車をはじめ、スポーツカーや旧車、痛車と呼ばれる個性的な車まで7000台(700車種)以上が登録されている。登録会員数は20万人以上、2015年の9月のサービス開始から延べ10万日以上のカーシェアがおこなわている(2019年1月時点)。 ・オーナー側は駐車場を提供、車の管理業務を請け負う 「0円マイカー」とは、DeNA SOMPO Mobilityが所有する、レンタカー登録及びカーシェア受け渡し用機器の取り付けをした車を、オーナーが管理・レンタカーとしてのカーシェアのサポート(※1)をすることを条件に、一定回数は無料で利用できる仕組みのサービス。 「0円...more
カテゴリー:

「新職業に就きたい」は78% IoTエンジニアなど - 05月17日(金)15:29 

人的資源・社会保障部など3部門がこのほど共同で、人工知能(AI)エンジニア、モノのインターネット(IoT)エンジニア、ビッグデータエンジニアなど13の新職業の情報を発表した。2015年版国家職業分類大典の公布以来の新職業の発表になる。 ...
カテゴリー:

【社会】高齢者の交通事故 安易に免許を返納させるのではなく、安全技術の開発や講習の充実を 北近畿の有識者ら提言 - 05月18日(土)19:01  newsplus

北近畿の有識者らでつくるシンクタンク「北近畿地域連携会議」(事務局・福知山公立大)は、2年間の調査研究結果を報告書にまとめた。高齢ドライバーの運転免許証の継続や、観光客の行動パターンを活用した観光振興のあり方などを提言している。  報告書では、高齢者の運転は中山間地域において交通手段の少なさが課題であり、安易な運転免許返納制度の推奨よりも、安全技術の開発や、高齢ドライバー向けの講習を充実させることなどを求めている。  このほか、北近畿の高校生を対象に郷土意識を調査したアンケート結果や、北近畿の...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】日本の社長にお手あげ AI研究の第一人者 - 05月17日(金)18:56  bizplus

バブルははじける──。AI研究の第一人者、松尾豊・東京大学大学院教授はこう警鐘を鳴らす。多くの企業はマーケティングを目的に、単にITの活用をAIと言い換えているだけだと指摘する。経営者が技術を理解し、ビジネスとつなげなくてはAIでイノベーションは起こせないと説く。 日本企業の間でAI(人工知能)の理解が一向に進んでいない。中身はいわゆるIT(情報技術)化のような話が半分以上ではないか。今までもやっていたことをAIという言葉に換えて、マーケティングに利用しているだけ。意味がまったくないわけではないが、それでは世...
»続きを読む
カテゴリー:

リアル現場猫ってこんな感じだよな - 05月17日(金)18:04  poverty

墜落制止用具を確認 画像活用して労災減少へ 2019.05.17 【労働新聞】 最新のAI(人工知能)技術やビッグデータなどに関する商品・サービスを集めた展示会(主催・リードエグジビションジャパン㈱)が5月8~10日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた。 画像解析やディープラーニング(深層学習)などを取り扱う約550社が出展している。 https://www.rodo.co.jp/news/70743/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

JARC 岡山県岡山市に「新自動車リサイクルデータセンター」を開局 - 05月17日(金)16:00 

2019年5月17日 公益財団法人自動車リサイクル促進センター 自動車リサイクル促進センター 岡山県岡山市に 新 自動車リサイクルデータセンターを開局 公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区芝大門1-1-30日本自動車会館、代表理事:中村崇)は、2年前から準備を進めてきた「新 自動車リサイクルデータセンター」を、2019年5月7日、岡山県岡山市に開局いたしました。 日本の自動車リサイクル制度を支える情報システムは全国約8,140万台の自動車ユーザーや自動車販売店、整備店を始めとした約6万の事業所が利用するビッグデータを管理しており、そのデータセンターは、これまで神奈川県横浜市に設置していました。 JARCは、最新の対災害性・環境性能・セキュリティ対策等を備えたデータセンターへの切替計画の下、2年の歳月をかけて拠点の選定を始めとした検討・準備を行い、新しいデータセンターを岡山県岡山市に設置するに至りました。 この新たなデータセンターを日本の自動車リサイクル制度を支える情報システムの拠点として、循環型社会の実現に寄与すべく邁進してまいります。 <開局式典の様子> (ご列席者)岡山県商工会議所連合会会頭 松田 久 様            &nbs...more
カテゴリー:

墜落制止用具を確認 画像活用して労災減少へ AI関連展示会 - 05月17日(金)10:11 

 最新のAI(人工知能)技術やビッグデータなどに関する商品・サービスを集めた展示会(主催・リードエグジビションジャパン㈱)が5月8~10日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた。画像解析やディープラーニング(深層学習)などを取り扱う約550社が出展している。  AIを安全管理に応用したサービスに熱い視線が集まった=写真。高所作業前の墜落制止用器具点検に画像解析システムを活用したもので、必要……[続きを読む]
カテゴリー:

もっと見る

「ビッグデータ」の画像

もっと見る

「ビッグデータ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる